世界遺産

2015年06月11日 23:59

むかし、
原爆ドーム」を世界遺産リストに登録させようという署名活動があり、
わたしも署名をしたことがあります。

1992年に、日本政府が世界遺産条約を受諾したことを契機にして、
原爆ドーム」を世界遺産に登録させようとする活動が拡がっていました。

そんな全国的な署名活動もあって、
1996年に「原爆ドーム」は世界遺産リストに登録されたのでした。

その「原爆ドーム」の登録をめぐっては、
アメリカ合衆国や中国の強硬な反対もあったと聞きました。

世界遺産とは、
国連の教育科学文化機関であるユネスコで採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づいて、
世界遺産リストに登録された、遺跡、景観、自然など、
人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことなのだそうです。

世界遺産は、文化遺産、自然遺産、それらを合わせた複合遺産に分類され、
原爆ドーム」は、文化遺産として登録されています。

遺跡や自然だけではなく、
負の歴史や文化も世界共通の遺産であるという考え方から、
ポーランドのアウシュヴィッツや、
奴隷貿易の拠点であったゴレ島
ネルソン・マンデラ元大統領が幽閉されたロベン島
核実験場であったビキニ環礁も世界遺産登録されています。


さて、我が国が、
明治日本の産業革命遺産」を、世界遺産として推薦していることに、
お隣の国々の政府が登録阻止しようと、各国を「反対するように」説得している
という報道があります。

明治日本の産業革命遺産」というのは、
むかし、自国の人々が「強制連行」され、強制労働を強いられた場所が含まれているから、
というのが、お隣の国々が登録を阻止しようとしている理由だそうです。

そもそも、
強制連行」や「強制労働」の定義には議論があるところですが、
概ね、お隣の国々の人々の感情は理解できます。

ですが、
そんな歴史も含めて、世界遺産なんじゃないですかねぇ?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2391-80f32480
    この記事へのトラックバック


    最新記事