長唄

2015年05月24日 23:59

東音のつどい

息子の後援会に入って、いつも応援してくださるNさんが、
長唄の会で演奏されるというので、拝聴してきました。

国立劇場大劇場で行われた盛大な催しでした。

長唄とは、
歌舞伎舞踊の伴奏音楽として発生した
「唄いもの」に分類される唄いの音楽です。

歌舞伎では、同じ音楽でも、
義太夫(ぎだゆう)」、「常磐津(ときわず)」、「清元(きよもと)」といった
唄ではなく「語りもの」と呼ばれる語りの音楽もあります。

長唄の代表的な歌舞伎舞踊の演目といえば、
勧進帳 」、「連獅子」、「鏡獅子」、「神田祭」、「鷺娘」、
助六」、「橋弁慶」、「娘道成寺」、「老松」などがあります。

歌舞伎の舞台の場合、
舞台上の毛氈が掛けられた雛壇と呼ばれる台の上で、
下手から「唄方」が、上手から「三味線方」が並びます。

長唄の三味線は、
「細棹(ほそざお)」と呼ばれ、高い音色を奏でます。

長唄のメロディーは、
比較的、繊細な心情を表しているものが多くあります。

さて、
長唄の演奏者は、
「唄方(うたかた)」と「三味線方(しゃみせんかた)」に分けられますが、
Nさんは三味線方です。
師匠と並んで弾いておられましたが、鳴物の太鼓は人間国宝でした。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2373-0100b7b2
    この記事へのトラックバック


    最新記事