不可抗力

2015年04月09日 22:15

学校の校庭から転がり出たサッカーボールをよけようとして転倒し、約1年半後に死亡した80代の男性の遺族が、ボールを蹴った小学生(当時11歳)の両親に損害賠償を求めた裁判で、最高裁は4月9日、遺族側の請求を棄却する判決を下した。1審と2審では、子どもの「監督義務」を怠っていたとして、両親に1000万円以上の賠償を命じる判決が出ていたが、最高裁はそれを覆す判断を示した。 <弁護士ドットコム

子育てをしていると、リスクはつきものです。
同じように、道をバイクで走るリスクもつきものです。

わたしたちの子育てでも、同じです。
ですから、他人事ではありません。

どちらも、不可抗力だとも思えるのですが、
不可抗力では済まされない思いも解ります。

どちらの、どなたにとっても、ご不幸なことですね。

もらった不幸も不幸ですが、
あたえた不幸も不幸ですからね。

わたしたちだって、これからも、
いつ不幸をもらうか分かりません。
いつ不幸をあたえるか分かりません。

不可抗力って、怖いですね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2327-12cdd840
    この記事へのトラックバック


    最新記事