ラブダーツ

2015年03月16日 23:59

「カタツムリの交尾は命取り?」

そんなセンセーショナルなタイトル記事が気になりました。

カタツムリにとっては、
交尾することで、相手の寿命を短くすることがあると、
東北大学の生物学の研究で明らかになったのだそうです。

それが、
「Proceedings of the Royal Society B.」誌と、
「ナショナル ジオグラフィック・日本版」で発表されました。

その研究によると、
カタツムリは、交尾の際に相手に向かって鋭い矢のようなものを突き刺し、
相手の生殖能力を低下させ、寿命を縮める習性があるのだそうです。

その、交尾中に相手を矢で突き刺す行為を、
「ラブダーツ(Love dart)」と呼ぶのだそうですが、
相手が他の個体と浮気するのを防ぐのが目的なのか、
研究結果は、まだ出ていないようです。

それに、
突き刺す側の攻撃力も強力になりつつ、
突き刺される側の防御力も強力になっていると謂います。

但し、交尾するカタツムリを男女と捉えるべきではありません。
この場合、交尾するカタツムリは雌雄同体なのだそうです。

ですから、
これを人間の夫婦の間で起きることと比べて捉えるのは、
あまりに擬人化しすぎだと思われます。

それは恰も、
何処かの国と、どこかの国の軍事力競争のようなのであります。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2303-c6fd6f33
    この記事へのトラックバック


    最新記事