調布市仙川町

2015年02月28日 21:15

橋を渡る

調布市仙川町
わたしが、この町を初めて歩いたのは1976年の春でした。
駅の改札口の前に桜の大木があって、花が咲いていました。

当時19歳。母校の演劇科を目指すも、入学資金が不足していましたので、
もう一年間働いて資金を貯めるつもりで、建築資材の工場で働いていました。

あれから、ことしの春で39年が経ちます。


きょうは、
その仙川町に在る劇場で、「橋を渡る」という音楽劇の千穐楽を観ました。
先輩が演出して、プロデューサーと制作者と舞台監督は後輩が務めていました。

「橋を渡る」という作品は、
“この町”の「七本の橋」と「駅前の桜の樹」と「音楽大学」をモチーフにした、
“この町”に対するオマージュをこめたお芝居です。

お芝居を観ながら、
この39年間のことを想い出さずにはいられませんでした。
このお芝居を創った友人たちを始め、様々な人の顔が想い出されました。


仙川の町も当時と比べれば、変わりました。
わたしの馴染みのお店も少なくなりました。

お芝居を観た帰り、
母校の門前で、60年ほど営業していた中華料理屋に寄りました。
寄ったといっても、お店は去年の8月をもって廃業しています。
でも、このお店のおばさんに逢うために寄ったのでありました。

いつものように、
珈琲をご馳走になりながら、お互いの近況など話して、
帰り際に、おばさんから店の器をいただきました。

チャーハン皿

使わなくなった器を、記念にほしいと言ってあったからですが、
ラーメンのどんぶりとチャーハンの皿と、ぎょうざの皿をいただきました。
長年使ったその器は、龍と鳳凰の絵柄が擦り切れています。

世の人たちにとって価値のない器かもしれませんが、
この器に盛られたラーメンやチャーハンで腹を満たした
多くの音楽家や演劇人たちが、世界中に散って活躍しています。

この器は、いまでは巨匠と呼ばれるその人たちに、
帰国したらこの店のラーメンとチャーハンが、また食べたいと言わしめた、
世界中の料理店にも勝る伝説の店で使用されていた、逸品です。

光生軒の器

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2286-44fda360
    この記事へのトラックバック


    最新記事