暇つぶし

2015年01月29日 23:59

院内集会

昨年の8月に、
福島原発行動隊の今後の方向性を検討する目的で、
「将来構想ワーキング・グループ(WG)」の設置が提案され、
理事会で決定しました。

そのWGは、昨年12月までに9回の会議を開き、
昨年12月に報告書を理事会に提出しました。

しかし、理事会で意見が大きく分かれてしまい、
WG提案は、受け入れられませんでした。

そして理事会は、
院内集会をはじめとする様々な場を設けて、今後1年をかけて、
福島原発行動隊の今後の方向性を検討することを決定しました。

きょうは、その第1回目の院内集会(参議院議員会館)でした。


議論の論点は、大きく分けて2つ有ります。

その第1点は、
福島第一原発の廃炉作業を若者に代わって担うという目的が、
現時点では非現実的であることから、行動隊の目的を変更し、
廃炉作業員の支援をはじめ、福島の復興に貢献することを目的とするか、
目的は、いままで通りでよいか。

もう一つの論点は、
上記の議論によっては、
公益社団法人を一般社団法人に変えてもよいのではないか。

2時間の会議でしたが、
31名の参加者を得て、一人ずつ意見を述べていただいたので、
各人の意見の羅列になって、議論する段階まではいきませんでした。

わたしの個人的な感想ですが、
意見を述べることには積極的だが具体的な行動を伴う人は少なく、
議論は好むけれど提案がなく、
議論の結果や意見を集約してゆくシステムもないのだと思いました。

これでは、
「議論好きの年寄りの暇つぶし」だと思われてしまうかもしれません。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2255-2e57e916
    この記事へのトラックバック


    最新記事