巣鴨のとげぬき地蔵

2015年01月20日 23:59

洗い観音

テレビの街頭インタビューの定番と云えば、
サラリーマンの場合は新橋、ご婦人の場合は銀座、若者や外国人は秋葉原でしょうか?
そして、ご年配者の場合は、そう!巣鴨地蔵通り商店街です。

ところで、全国のみなさま!
その巣鴨の「地蔵通り」の名の由来にもなっているお地蔵様ですが、
巣鴨に在る高岩寺のご本尊であらせられます。

病の治癒にご利益があるとされおりまして、年中参拝者が絶えません。

ところで、ご本尊のお地蔵様は、本来の御名を延命地蔵菩薩様と申しますが、
通称では、とげぬき地蔵と呼ばれております。
その、とげぬき地蔵は、高岩寺では秘仏につき“非公開”とされております。

と、ここで、
「えっ!じゃあ参拝者が列をなして洗ったり拭いたりしているのは?」
そんな疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないですか?

そう!映像を見た皆さんがよく勘違いされているのですが、
あれはご本尊のとげぬき地蔵ではありません。

本堂左側の境内に鎮座していらっしゃるのは、
洗い観音と呼ばれる観音様です。
こちらの観音様も、自分が治癒したい部分と相応の観音様の御身体を洗うと、
御利益が得られると謂われています。

そこで、ご年配の皆さんが列をなして、せっせと御身体を拭いていらっしゃいます。

ところがきょうは、女子高校生たちが大勢並んでおりました。
若い人たちが、一体どこを洗うのでしょうねぇ?


さて、
きょう、巣鴨に参りましたのは、かかりつけ医に検査をお願いするためでした。

一昨年の夏に、大腸と胃の内視鏡検査をしていただきまして、
大腸に複数のポリープが見つかりました。

かかりつけ医の紹介で専門病院でポリープの摘出をしていただきましたが、
中等度の異型腺腫で、グループ3という検査結果でした。

グループ5なら、悪性腫瘍、つまり癌ということだそうです。

「グループ」という言い方より、
「ステージ」とか「グレード」と言ったほうが判りやすいかもしれません。
つまり、進行している状態を表しているからです。
放っておくとグループ5(癌)に進行する確率が高いということでした。

そこで早期に内視鏡手術を勧められ、摘出したというワケです。

あれから丸一年以上、大腸も胃の検査も行っていません。
なかなか検査を受ける状態ではなかったので、つい日延べしていましたが、
そろそろ、検査をしていないこと自体がストレスになりつつありまして、
きょう、検査の申し込みに行ってきたというワケであります。

大腸の検査は、一昨年摘出していただいた専門病院にお願いするので、
胃の内視鏡検査の申し込みと、血液検査のための採血を受けてきました。

ということで、洗い観音の全身を洗って参りましたが・・

巣鴨
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2246-b8e3981a
    この記事へのトラックバック


    最新記事