きょうが “ その ” 前日かも

2015年01月16日 19:14

先輩・堀内正美

1995年1月17日午前5時46分に起きた阪神淡路大震災は、
「いつ?どこで?何が起こるかわからない?」という現実を僕たちに突き付けた
…そして、多くの尊い「いのち」が奪われた…
神戸に移り住んで11年目の僕は、友人たちに呼びかけ、
市民ボランティア・ネットワーク「がんばろう!!神戸」というグループを立ち上げ活動をはじめる
目的は、生き残った方々を支えるため
その活動の中で、家族を亡くされた方々と出会う
…絶望し、凍り、時が止まり、暗闇に動くことも出来ない方々…
僕はただ寄り添い涙するだけだった…
「生」を支える活動から、「死」を見つめる活動が始まる
暗闇にいる方々に、せめて小さな灯火でもと、「1.17希望の灯り」を建立する
そして、NPO法人阪神淡路大震災『1.17希望の灯り』を設立
震災だけでなく、事件、事故などで愛するご家族や友人を亡くされた方々と、
支え合い、補い合う活動を進めるために


これは、NPO法人阪神淡路大震災『1.17希望の灯り』 設立者である
俳優の堀内正美さんの言葉です。

堀内正美さんは演劇科の先輩です。
演劇人としても先輩ですが、生き方を見習うべき先人です。

先輩は、東京生まれですが、1984年から神戸に一家で移り住みました。
1995年1月17日に阪神淡路大震災が起きて、合言葉「がんばろう!!神戸」を提唱し、
市民ボランティア集団「がんばろう!!神戸」を結成しました。
それが、後にNPO法人阪神淡路大震災『1.17希望の灯り』の設立に繋がっています。

先輩は、東日本大震災では、「たすきプロジェクト」を立ち上げました。

その動機には、阪神淡路大震災のときの恩返しの意味も含んでいたようです。

NHKの大河ドラマを始め、何本ものレギュラードラマを抱えて
東奔西走しながら、社会活動する体力・智力・活力には脱帽です。

さて、先輩が言う
「いつ?どこで?何が起こるかわからない?」

その意味では、きょうが “ その ” 前日なのかもしれません。


※先輩、お写真お借りしました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2243-6525e91d
    この記事へのトラックバック


    最新記事