時効成立から39年

2014年12月10日 23:59


20世紀最大の謎 三億円事件 (別冊宝島 1574 ノンフィクション)20世紀最大の謎 三億円事件 (別冊宝島 1574 ノンフィクション)
(2008/11/07)
不明

商品詳細を見る


世に謂う「三億円事件」とは、
1968年12月10日に東京都府中市で発生した強盗事件です。

「東京芝浦電気」、現在の「東芝」の従業員のボーナスを積んだ現金輸送車が、
白バイ警察官に扮した何者かに強奪されたという事件です。

ちなみに「三億円事件」と謂われますが、
実際に現金輸送車に積まれていて盗まれた金額は、2億9430万7500円です。

確か、この金額は歌の歌詞にもなったハズです。

ところで、
当初、遺留品が多いこともあって、犯人は容易に検挙されると思われていた事件でしたが、
膨大な捜査員(延べ17万人)を要しても、莫大な捜査費用(約10億円)を使っても、
犯人の手がかりすら掴むことができないまま、7年後の1975年12月10日時効を迎えました。

さて、
事件が発生した1968年12月10日、わたしは12歳の誕生日を迎えました。
その時効が成立した1975年の12月10日は、東京にいました。
その年の夏に家を出て、12月10日は羽田空港のレストランで働いていました。
初めて、働きながら独りで迎えた誕生日でした。

世間が、「三億円事件の時効成立」を騒いでいたことを憶えています。
周りのダレもが、わたしが19歳になったことを知りませんでした。


きょう、わたしは58歳の誕生日を迎えました。
19歳から58歳まで、39年間。
事件の時効7年間を5回以上繰り返した年月が経っています。

いま、わたしの傍には、かみさんがいます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2204-0d823ad2
    この記事へのトラックバック


    最新記事