みかんの季節

2014年11月01日 23:59

0032028640x42729_20141101172535337.jpg

みかんの季節を迎えました。

極早生みかんや早生みかんの季節ですが、
貯蔵用みかんも、色と味が濃くなってきたようです。

img_1040.jpg

さて、
きょう、フェイスブックを見ていましたら、
友人の一人が、浜松を車で走っていて、
無人販売していたみかんを1袋買ったのだそうで、
その写真が載っていました。

その記事には、
「1袋200円で17個入ってました。美味しいです。」
と記されていました。

見れば、ナルホド美味そうなみかんです。

その所為か、その写真には、
「いいね!」が幾つかクリックされていたのですが、
わたしとしては、複雑な・・・イヤ!哀しくなりました。

1袋に17個入っていたのなら、たぶんS玉(1個約60g)でしょう。
それなら、1袋で約1kg。1kg200円のみかんは、辛いです。

もし仮に、それがM玉(1個約100g)だったとしたら、1.7kgで200円・・・。


みなさんも、よくお考えください。
一年間働いて育んで収穫したみかんですよ。

もしそれが、
形も皮もきれいで、実が締まって、
酸度・糖度が高く、美味いみかんだったとしたら、
どれほどの手間がかかっていることでしょう。

天候にも恵まれたでしょうが、人が丹精こめなければ、
そういうみかんには、なりません。

1ヘクタールあたり20トンの収量があったとして、
1kg:200円のみかんが20トン売れたら、400万円です。
仮に2ヘクタールで800万円の収入でも、そこから経費が引かれます。
それが、夫婦経営だったとしたら、一人当たりの年収はいくらでしょう?

専業農家が減り、離農が増えるのも解るというものです。
日本農業の現況を垣間見た思いでしたが、いわんや福島をや。

0322028640x42629.jpg

【わたしの実家、「日下農園」のみかんの個別販売承ります。】

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2164-470aeba5
    この記事へのトラックバック


    最新記事