演劇ユニット3LDK「カサブタかきむしれっ!」

2014年10月22日 23:59

3LDK

中野のザ・ポケットに、
演劇ユニット3LDK公演「カサブタかきむしれっ!」を観に行ってきました。

福島を舞台にした芝居です。


さて、ウソなのか誇張なのか、
なにが本当なのか判らないから不安だとおっしゃる人たちがいます。
政府や県や東京電力への不信感や疑惑があるから、
福島に住むのは大丈夫なのか、農作物や海産物は大丈夫なのか、
瓦礫を他府県へ運んで処理するのは大丈夫なのか、
現状は不明瞭で不安なままで、
これは、知りたいことを公表しない政府に責任があるとおっしゃる人たちです。

一方で、
福島に住んでいます。農作物も海産物も大丈夫です。
瓦礫を運んで処理しても大丈夫ですとおっしゃる方たちもいらっしゃいます。
福島は元気だし、普通だし、それは無理をしているからではなく、
そういう面もあるのだ。
本当なのだとおっしゃる方たちもいらっしゃるのです。

忘れないで進もうとする人。
忘れることで進みたいと思っている人。


「不信や疑問が現実にあるのだから、情緒や感情でものを云ってくれるな。」
「現地も見ずに、風評被害になるようなことを云ってくれるな。」
議論や対立がつづいています。

この対立こそ、不幸なことだと、わたしは思います。

現地で暮らしている人々、避難地で暮らしている人々、
いまこの時にも、福島第一原発で作業をしている人々、
その作業員たちを支援している人々、
東京で、或はそれ以外の土地で暮らしている人々それぞれが、
繰り返し悩んで考えたご意見ですから、尊重したいと思います。

ボランティア活動をする人、募金をする人、現地の産物を消費する人、
デモをする人、勉強会やシンポジウムを開催する人、
芝居や映画を創る人、SNSを使って意見や分析を発信する人・・・。

人それぞれですねぇ・・。立場やご意見はそれぞれですが、
それぞれの葛藤には共感できるところが多々あるものです。

ただ、
もし、被災地や福島のことも考えず、悩むこともなく、意見もなく、
別のことばかり考えている方がいたとしたら、
わたしは、あまりお話しをしたくありません。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2155-826bb283
    この記事へのトラックバック


    最新記事