四国豪雨

2014年08月04日 23:31

8月1日の降り始めから、きょうの午後6時頃までの総雨量が、
高知県の3箇所で1,000ミリを記録し、高知県香美市では1,100ミリを超え、
徳島県上勝町でも、680ミリを観測したのだそうです。

1,000ミリといったら、1メートルですよ!

そして、今後も、
明日5日の午後6時までの24時間雨量が、
四国の多いところで250ミリと見込まれているのだとか。

高知市の全域を始め、
四国で計約44万5,000人に避難指示や勧告が出されているのだそうです。


さて、
徳島県小松島の従妹に、見舞いの連絡をしました。

案の定、
床下ではありますが、浸水被害に遭っていました。

大雨が降ったら、道路か田んぼか判らなくなる土地です。

叔父や叔母が、
丹精籠めた庭の畑の野菜や草花が被害に遭っただろうと、思います。

家が流された、潰された、怪我をした亡くなったというワケではありませんが、
さぞ、怖かっただろうと思います。大変だっただろうと思います。

そして、
まだ、それは続きそうです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2072-7bd17fc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事