ゴジラ

2014年07月30日 23:59


<予告編>

ゴジラといえば松井秀喜さん。
松井秀喜さんといえば、石川県の星稜高校
星稜高校といえば、高校野球石川大会で、
9回裏に8点差から大逆転して甲子園進出を決めたことが、
海外でも話題になっているのだそうです。

さて、本日は、
海外でも話題になっている「ゴジラ」のお噂でございます。


第1作の「ゴジラ」は、
1954年に作られたのですから、ことしで60年。
歳を云ったら、還暦です。

「ゴジラ」が、
1946年から行われたビキニ環礁での核実験という
歴史的事件を背景にして生まれたことは、有名です。

当然、
戦争を生き残った日本人たちが作った映画であり、
「ゴジラ」を通じて、戦争と平和と人間社会を描く、
その気概に満ちた映画でありました。

第1作の「ゴジラ」には、
1954年当時には高等女学校だった我が母校の生徒たち2,000人が、
大講堂に集まって、劇中歌「平和への祈り」を斉唱しているシーンが
描かれています。

当時の女生徒たちも、いまでは76歳以上になられているはずです。

大講堂は、
わたしも学生時代、公演やイベントによく使っていましたので、
想い出の多い場所ですが、取り壊されて、いまはありません。


そのゴジラ(GODZILLA)が、ハリウッドで作られて、
日本で公開されています。

ハリウッドゴジラは、どのようなテーマを魅せてくれるのでしょうか?

日本人としては、大いに気になるところであります。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2067-9f60e4a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事