5年前のきょう

2014年07月22日 21:42

皆既日食2009年硫黄島

5年前の2009年7月22日のことを、憶えていらっしゃいますか?


きょう、東京は梅雨明けしたのだそうですが、
5年前の7月22日は、わたしの記録によると、既に梅雨明けをしていました。
しかし、その日の東京都内の空は、生憎の雲に覆われていたのでした。

その日は、日本の陸地では46年ぶりと謂われた皆既日食の日でした。

地球から月までの距離の400倍あると謂われる地球と太陽の距離。
月の直径の400倍あると謂われる太陽の大きさ。
その地球と月と太陽が一直線に並ぶとき、太陽は月にすべて隠れ、
地球から太陽が見えなくなるという、皆既日食です。

都内では、
雲の切れ間から、少しだけぼんやりと観られたという人もいたのですが、
ほとんどの人にとっては、残念なことでした。

しかし、
あの日の翌日、前日には硫黄島にいたという友人が電話をくれました。
皆既日食を、バッチリ観たよ!」 ということでした。
7月22日の午前中に皆既日食を観て、写真を撮って、
その日の午後、自衛隊の飛行機で還ってきたのだと云っていました。

「なんだね・・、きのう皆既日食観て、いま東京にいるレアな存在ね、オレ!」
と、自慢していました。

自衛隊の嘱託として硫黄島に赴任して働いていた友人でした。

上の写真は、
友人が、5年前の2009年7月22日に硫黄島で撮った、月と太陽です。

その友人も、3年前に“星”になってしまいました。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2059-18cd53d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事