善竹狂言会

2014年07月21日 21:42

善竹狂言会

善竹狂言会を拝見してきました。

善竹狂言会は、
例年、7月21日の海の日に催されています。
会場は、渋谷区松濤の観世能楽堂であります。

ことしの善竹狂言会は、
善竹彌五郎師が、1963年(昭和38年)に、
金春流七十九世宗家から「善竹」の姓を贈られて、
50年が経ったことを記念した公演でございました。

わたしの師である、
大蔵流二十五世宗家・大蔵彌太郎師、善竹十郎師をはじめとして、
金春流八十世宗家・金春安明師、善竹忠一郎師、善竹忠重師、
善竹長徳師、大蔵吉次郎師など、善竹彌五郎師のご子孫たちが
舞台を勤められました。


ところで、
ことしの善竹狂言会は、善竹改姓五十周年記念公演でしたが、
ことしの夏は、我が善竹十郎師が七十歳のお誕生日を迎えられ、
古希をお祝いする記念の年でもあります。

8月3日には、古希のお祝いの会も催されます。

◎日 時 2014年8月3日(日)
      12:00受付開始 12:30~15:00  
◎会 費 10,000円
◎場 所 新宿京王プラザホテル 南館4F 扇の間

<発起人> 
池田公之、須貝義弘、三浦庸子、野原伸仁、
(五十音順 敬称略)

「善竹十郎先生 古希・お祝いの会」実行委員会
榎本榮三郎、斉藤民生、西口久美子、善竹十郎社中竹友会

【お申し込み・問い合わせ先】
TEL/FAX 03-6408-5327(担当・天森)


そしてきょうは、
多分、わたしにとって、
来年3月の公演を最後に閉館が決まっている、
観世能楽堂を最後に観た日になったでしょう。

幸いにも、正面か列(前から6列目)10番というド真ん中のお席で、
拝見いたしました。

新しい観世能楽堂が開場するのは、再来年の11月で、
銀座の松坂屋銀座店跡地を再開発したビルのなかに移転してのことだそうです。

観世能楽堂


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/2058-55f60aad
    この記事へのトラックバック


    最新記事