メディア・リテラシー

2014年04月03日 23:59

新潟県三条市内30の小・中学校の学校給食で、
試験的に牛乳を給食メニューから外す試みが行われることが報道され、
話題になっているようです。

「食育」に力を入れている同市が、
2008年から主食をすべてご飯にする“完全米飯給食”を導入しており、
給食での汁物は味噌汁を提供しているため、このような和食中心の献立には、
牛乳が合わないという保護者などからの意見に応えたものだそうです。

わたしが、その報道に反応したのには、ワケがあります。

お気づきの方も多いと思われますが、
近年、特にネットが普及してから顕著になった気がするのが、
「○○が危ない!」といった警告情報が増したことです。

「○○」の中身は「原発」が代表的ですが、それは止むを得ません。

それ以外にも、
「○○治療が危ない」、「○○住宅が危ない」、「○○食品が危ない」等、
数限りなく「危ないもの」が列挙されております。

そんななかで、わたしが近年注目していたのが「牛乳」でして、
「牛乳は毒だ」という見解があるようです。

したがって、三条市における給食の牛乳の話題は、
そういった“牛乳論争”に火をつけるのではないかと、思われます。

もし牛乳が、仮に「毒」だったとしても、そうでなかったとしても、
「牛乳は毒だ」といった見解は、乳牛を育てている畜産農家を始め、
関連する人たちにとっては、たまったものではないでしょう。

この手の情報は、あらゆる業種や品目に及ぶのでありまして、
それらには、それなりの根拠も流布されているのであります。

それを読むと、それなりに合点がいく内容も含まれますので、
混乱に輪をかける状態が生じます。

なるほど、
多くの「安全神話」と謂われていたものが瓦解した現代、
あらゆる文明や価値観や道具や商品に対して、疑いをもつのは仕方がありません。

美白」を謳った化粧品を買って使用したら、皮膚に白斑が出た?
イギリスの科学雑誌のネイチャーに発表された新型万能細胞「STAP細胞」?
日本の南極海での調査捕鯨について、国際司法裁判所が中止を命じた判決は?
沖縄海兵隊は必要か否か?尖閣諸島竹島をどう考えたらよいのか?
集団的自衛権があるからといって、行使できるのか?
武器輸出三原則」だろうが「防衛装備移転三原則」だろうが、そもそも、
戦争の道具としての兵器を造ることや持つことは憲法に違反していないのか?
地球温暖化で海面上昇はホントか?炭水化物砂糖の摂取が危ない?
抗がん剤放射線治療・手術、所謂ガンの三大治療でガンは治らない?

わたしたちは、日々こういった“問い”を前に、葛藤して生活しています。

これらの情報や政策や忠告には、
何らかの偏りや嘘や誇張や間違いが含まれているかもしれません。
したがって、それらを読み解き、識別し、選択する能力が必要とされます。

そして、その自分の見解を人に押しつけないことも必要でしょう。

わたしたちは、
こういった情報や問いの洪水の中を、泳ぎ切らなければなりません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1945-a0b571b0
    この記事へのトラックバック


    最新記事