自己ベスト

2014年02月21日 21:22

自己ベスト

わたしは、コーチですから、
いつでも、周りの事象をコーチングのアプローチで捉えるクセがあります。
差し詰め、コーチング体質といったところでしょうか?

そんなわたしにとって、
オリンピック選手を観ることは、コーチングのケーススタディーとして貴重です。


ところで、
きょうの未明から一日、日本中が浅田真央一色のようでした。

浅田真央選手は、
大きな期待に後押しされ臨んだ今回のオリンピックでしたが、
団体戦のショートプログラムで、トリプルアクセルを失敗し3位。
女子シングルのショートプログラムでも失敗がつづいて16位。
日本中が、大きなため息をつきました。

それでも、
昨夜行われたフリー演技では、3回転フリップ~3回転ループ、
3回転ルッツ、ダブルアクセル~3回転トーループと次々に決め、
前人未到の「エイト・トリプル」を達成しました。

採点は、フリーの浅田ベストを更新する142.71、
トータル198.22で、順位を6位まで盛り返しました。

さて、
もし、わたしが浅田真央選手のコーチだったら、
勿論、コーチングのコーチのことですが、
次のセッションで、どのような質問をすることでしょうねぇ・・?

でも、コーチングと言っても、
コーチをつけようと思ったら、その時点で、大丈夫ですけどね

ところで、きょうは、
浅田真央選手と同じ世代の女性からコーチングの依頼がありました。
彼女は、自分の将来について迷走していると云っています。
でも、コーチをつけようと決めたのですから大丈夫でしょう。

彼女たちには、まだ迷走するだけの時間があるのですからね。


それにしても、
大事な時に必ず“転ぶ”、元首相ですね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1903-8b161346
    この記事へのトラックバック


    最新記事