名人伝

2013年11月30日 23:59

たまにはブラッシュアップをしなければと思い、
久しぶりに、コーチングのワークショップに参加しました。

思えば、1999年か2000年頃だったと思いますが、
日経ウーマンという雑誌に、その頃は聞き慣れない
コーチ業”の女性を紹介した記事が載っていまして、
それを読んだかみさんから、
「コレ、あなたに合ってるかも」と云って雑誌を渡されたのでした。

それが、
コーチ”と“コーチング”という言葉を認識した最初のキッカケでした。

その当時は、まだ演劇制作者として現場に立っておりましたので、
コーチやコーチングと自分とのマッチングは想像していなかったのですが、
制作団体を辞めることを決めたときに、その後のビジョンとして考えたのは、
それまでの仕事を辞めることは、何かを失うことではなく積み重ねなのだ、
自分自身のスキルアップのキッカケにすればいいのだ、ということでした。
そして、その手段として最初に食指が動いたのが、コーチングだったのです。

ですから、俳優と演劇制作者としての経験と積み重ねがなかったら、
たぶんコーチ業を選択しようとは思わなかったでしょうし、
わたしには、出来なかったと思います。

そして、コーチングの勉強を始めてから・・つまりはコーチになってから、
早くも13年目に入りました。

自分でも、マダマダ・ダメダメのマダメコーチだと思うのですが、
お陰さまで、信用を寄せてくださる奇特な方たちもいらっしゃいます。

それでも、自分で自身の顔が見えないので鏡を見るように、
わたしのセルフイメージを検証するために、
そして、策士策に溺れぬように、
ときどきのブラッシュアップはドキドキですが、勇気を出しました。

それでも参加した甲斐がありました。
10時から17時まで、みっちりコーチングのプールで泳いだ感じです。

気持ちのよい緊張がつづき、あたまが疲れてボーッとしていましたが、
ワークショップが終わってから駆けつけた後輩のライヴで、
彼女の歌を聴いておりましたら、なんとも云えない心の弛緩を味わいました。

コーチングでも歌でも、スキルが大切、策も大事ではありますが、
中島敦の名人伝に例えられるように、
スキルや策を弄しているうちはまだまだなのでありましょう。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1816-0d2837a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事