ご挨拶

2013年11月10日 23:59

のぼり

明治座公演がつづいております。
「明治座十一月花形歌舞伎」でございます。

きょうは、
お客様が京都から来てくださいましたので、
幕間にお邪魔して、ご挨拶。

京都でも、大阪でも観てくださる方たちで、
今回は、東京まで観に来てくださいました。

都営新宿線・浜町駅

わたしたちも、みきちゃんも、
時間がある限り、こうしてお客様にご挨拶に伺います。

高いチケットを購入したり、
遠いところから観に来てくださるのですから、
お礼を申し上げるのです。

よく、“梨園の妻”などと申しますが、
こうして、お客様にお礼を申し上げるのも、その務め。
みきちゃんのように、自分の仕事をもっていても、
それは同じです。

妻だけでなく、親であっても同様です。
つまり、“梨園のおふくろ”と“梨園のオヤジ”というワケです。


さて、きょうは、
“梨園の娘を”連れて、明治座へ行ってきました。
しかし、三歳の孫娘は、劇場に入ることができません。

五歳以下の子どもの入場が制限されているからです。
子どもが騒いだり、泣いたりすると、大人の鑑賞を妨げるからでしょう。

せっかく高いチケットを購入してお芝居を観にいらしたのに、
周りに小さい子がいたので、気が散って楽しめなかった、
などということがないように制限しているものと、思われます。

息子Kの場合は、
2歳のときに、新橋演舞場で歌舞伎を観たことがキッカケで、
こうして歌舞伎の舞台に立っているワケですから、痛し痒しです。

明治座正面玄関
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1794-276ccaf1
    この記事へのトラックバック


    最新記事