ニセモノ

2013年10月30日 23:59

またバラエティー番組の問題が発覚したようです。
ホンモノの対決かやらせ対決か、演出と対戦が矛盾したようです。


料理の偽装か、誤表示か!
大阪のホテルに始まって、全国のホテルの料理が話題になっています。
故意か過失かが争点ですが、お客が騙されたことに変りはありません。
我が家で、ゆうべ食べた「和牛」の産地は、オーストラリアでした。


情報番組の生放送中にセクハラをしたのではないかと話題になった
某有名司会者が、家族が窃盗未遂事件を起こして世間を騒がせたとして、
報道番組の司会を辞めました。
その会見の席上、話題になったセクハラ問題について質されると、
「あのお嬢さんは、ホントによくとちるお嬢さんなんです。
 でボクは、とちるたんびに背中をたたいたり肩をたたいたり、
 コラッコラッってやって、だんだんとちらなくなりました。」
そう応えているのを見ました。

ボードの紙をめくりながら、長々と司会者自身の感想を述べるコーナー、
現地からレポートしている人の報告を遮って別の質問をする進行、
酒が抜けていないように見えた表情、
以前から気になっていたことはいろいろありました。
辞めなければ収まらない本当の理由は、
実はこの辺かもしれないとわたしは思います。


日展の、篆刻の選考に問題があったという報道もありました。


政府と与党が検討している「福島復興加速化案」では、
帰還困難区域」について、
事実上「帰還できない」という見通しを示したようです。

なぜ、もっと早く見通しをもてなかったのか、決断できなかったのか、
移住についても、住宅確保についても、生活再建についても、
手厚い賠償と保証が求められますが、無くした故郷とコミュニティーは、
たぶん取り戻せません。


このところの報道に共通していることを言葉にしたら、
「ニセモノ」という言葉が思い浮かびました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1782-475eab73
    この記事へのトラックバック


    最新記事