正直者

2013年09月19日 21:00

講談社の月

今宵の月は、正真正銘の中秋の名月なのだそうですよ。

月は太陽と交代するかのように、
日没とほぼ同時に白道を昇って東の空に現われたはずです。

中秋の名月

20時13分、
西に沈んで日本の真裏に回った太陽と地球と月の位置が180度になった瞬間、
太陽の光が、日本の上空に昇った月の姿すべてを照らし出しました。

満月です。

満月

ところで、
毎年、中秋の名月を拝める確率は約3割程度なのだそうです。

この時季、
秋雨前線や台風の影響で、曇ったり雨が降っていることが多いからでしょう。

そういった意味で、
今宵の十五夜は、雲一つない快晴の満月ですから、貴重です。


さて、
一昨日の十三夜に昇った月もきれいでした。

保育園にお迎えに行った帰り道、
まだ丸くない月を二人で見ながら、話していると、
「お月さま、白いねぇ・・」と孫娘が申しました。

「そうだねぇ、まだ白いねぇ」

そして、
「お月さまにウサギさんがいるの、見える?」
と訊いてみました。

すると、「お月さまに、ウサギさん?・・・」と、
孫娘は月を見上げて、しばらく考えておりましたが、
「ウサギさん、見えないよ」と申しました。

実は、正直に云って、
わたしも月にいるウサギを見たことは、ありません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1740-8cf6e161
    この記事へのトラックバック


    最新記事