子どものけんかに

2013年09月11日 20:25

鯉

きのう、広島対ヤクルト戦を観に、神宮球場に行った息子Kの家族。
孫娘にとっては、“恋”ならぬ“鯉”デビューだったのだそうです。

わたしは、野球全般をよく知りませんし、何処のファンでもありませんが、
かみさんと息子Kは、大の、大のカープファンであります。

そんなワケで、
息子Kは、いまから娘を洗脳してしまおうという思惑があるようです。
それが、うまくいくかどうかは分かりませんケドね。

ところで、きのうの試合は、広島の打線がつづいたこともあって、
3塁側スタンドは、次々に歓声が湧いて賑やかだったのだそうですが、
孫娘は背が低いので、試合は観難かったようで、
盛んにステックバルーンを叩いて応援遊びをしていたようであります。

さて、今朝のことです。
息子Kが、保育園に孫娘を連れてゆこうという時間になって、
孫娘が、きのう使ったステックバルーンを、
保育園に持って行きたいと言い出したのだそうです。

多分、家族で野球を観に行ったことを話したいのか、
ステックバルーンをお友だちに見せたかったのだろうと思われます。

モチロン、息子Kが許可しなかったのですが、
保育園児には、よくあることだろうと思います。

「だれだれと、どこそこにあそびに行ったよ」とか、
「なになにを食べたの」とか、
「これこれを買ってもらった」とか、
先生やお友だちに話したいのです。

得意になるとか、自慢するというよりも、単に教えたいのでしょう。

ところが、
それを聞いた子供たちがどう思うのか、気になるところではあります。

また、それが保護者に伝わった場合に、どのように受けとられるのか、
なかなか心配なことでもあります。

先日も、
孫娘が或るお友だちに向かって「○○ちゃんキライ」と云ったらしいのです。
それを、わたしは○○ちゃんから聴いたのでした。

孫娘に「キライって、ホントに云ったの?」と訊くと、
ばつがわるそうにして、返事をしませんから、多分云ったのでしょう。

○○ちゃんがどう思うかも気になりましたが、
○○ちゃんのご家族がどう思うかが気になりました。

そこで、もし孫娘と○○ちゃんが逆の立場だったら・・、
つまり、孫娘が○○ちゃんに「キライ」だと云われたら、
ジィジが、どんな気持ちになると思うか訊ねたのでした。

すると、どうもそれは解ったようで、「もう云わない」と申しました。

しかし、保育士さんのご説明で解ったのですが、
二人ともパズルが得意で、
お互いに、どうもライバル心を燃やしているらしいということでした。

二人の関係は、あくまでも二人の間の問題として、
周りの大人への気遣いのほうが気になった一件でありました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1730-29fd3e4c
    この記事へのトラックバック


    最新記事