「31年目の夫婦げんか」

2013年09月04日 23:59

31年目の夫婦げんか

この映画は、ご夫婦でご覧にならないで、
お独りで、こっそりとご覧になることを、お薦めします。

「31年目の夫婦げんか」

アカデミー賞史上最多の17ノミネートと3回の受賞を誇る、
大女優メリル・ストリープ

クレイマー、クレイマー」の、
家事と育児を妻にすべて押しつけていた夫に愛想を尽かして、
自分が打ち込める仕事をしたいといって家を出てゆく妻を演じ、
初めてオスカー像を手にした姿が印象的だった女優です。
あのとき彼女は、まだ30代だったでしょう。

マディソン郡の橋」で演じた、
行きずりのカメラマンと恋に堕ちる農場の主婦の役は、46歳のときでした。

今回の「31年目の夫婦げんか」では、
倦怠期も更年期も迎えた夫婦が、夫婦として生まれ変わりたいと、
悪戦苦闘するという物語。
いま、彼女は64歳です。

こないだ英国の首相を演じたかと思えば、
もう、平凡な何処にでもいるような家庭の主婦を自然に演じられる、
まさに大女優ですよ。


一方のトミー・リー・ジョーンズ
缶コーヒー好きの宇宙人ではありません。

アメリカ人と云えば、
冗談好きでおしゃべりで明るいイメージとは限りません。
無愛想で、無表情で、武骨な男性も、典型的なアメリカ人です。

彼は、
そんなタフガイのアメリカ人男性を演じたら、ピカイチかもしれません。

先日観た「終戦のエンペラー」で演じた、マッカーサーも絶品でした。

その彼が、今回演じたのはタフガイではなく、
女房を相手にすると、委縮してしまう会計士の夫という役です・・・。


面白うて やがて悲しき 映画かな・・・。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1723-16b3dc01
    この記事へのトラックバック


    最新記事