道案内

2013年08月27日 19:22

硫黄島

拝啓 

Tクン、ご無沙汰しています。

あれから2年が経ちました。
ことしは、君の三回忌ですね。

早いものです。

一週間後の命日には、
君のお墓に行くつもりです。

誘ったら、何人か君の友だちが同行してくれるそうですよ。
女性ばっかりですワ・・。

しかし、
歌の文句じゃないけれど、
君が、あの墓の下で眠っているとは思っていません。

少し猫背になりながら首をすくめて、
Gパンのポケットに両手をつっこんで、
いまだに、この浮世をブラついているような気がしています。

もし、そうでなかったとしたら、
君は、まだ“あの島”に居るのでしょう。

むかし、熾烈を極めた戦があって、
敵も味方も激戦の末に何万人もの兵士が死んだ、
“あの島”のすり鉢山の上から、
360度見渡せる太平洋の水平線を、静かに見ているような気がします。

2年経つ間には、亡くなった友もいます。
あらたな病を得た友もいます。大きな手術をした友もいます。
まだ、みんな必死の思いで生きております。

生きていればこそ、いろいろな思いをいたします。

いつになるか判りませんが、わたしもいずれ“ヒマ”になりましたら、
君といっしょに、
“あの島”の、すり鉢山に登って、水平線を見たいと思っています。

そのときは、道案内をよろしく頼みます。

スポンサーサイト


コメント

  1. 三浦秀和 | URL | cwiuqksw

    Re:道案内

    雅代さん

    “あの街”・・・?
    あの街って、墓の在る“あの街”?
    そうかなぁ・・、実感はないねぇ。

    でも、“あの街”で待ってるかもしれないね。

    また、いっしょに逢いに行こうな!

    三浦


  2. 雅代 | URL | D.mgkoR.

    Re:道案内

    彼はきっと あの街で待ってるよ。
    (普段はあちこち出歩いていそうだけどさ・・)

    私はご存知の事情で 行けないけれど
    同行の美女たちと また
    駅からお寺までの あの風情を楽しみながら
    彼に逢ってきて下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coachhide.blog73.fc2.com/tb.php/1715-9634e0c7
この記事へのトラックバック


最新記事