FC2ブログ

リアリティーショーとブルーインパレス

2020年05月31日 10:57

ヤクザ映画を観た人が、なんとなく影響されて映画館を出てくるという話は有名だ。

同様のことは戦争映画でもアクション映画でも起こる。

それはテレビでも舞台でも起こるのだが、
フィクションを本気(マジ)に受け取る人、本当(ガチ)だと思う人はいる。

これを同化作用と言う。

アリストテレスは、
演劇で観客は感情を揺さぶられカタルシス(精神的浄化)を得ると言った。

だが、カタルシスを起こす前提には感情移入があるはずだから、
カタルシスという現象は「感情移入」→「同化作用」のことだろう。

ベルトルト・ブレヒトは同化に否定的で、
観客に冷静で批判的な視点も与えるべきであると主張した。

そのため、
演技に引き込まれて感情移入することを敢えて妨げる演出を採り容れ、
同化作用ではなく異化効果を作り出すべきであるとした。

これらのことは、
映画・演劇人としては常識的なことだし、ナチスのプロパガンダの教訓もある。

だから、
ドラマであれ、リアルであれ、リアリティー・ショーであれ、
感情移入というコンセプトと異化効果というジレンマのなかで、
製作する側が、そのことを自覚している必要はあるだろう。


その延長で話すのだが、ブルーインパルスの飛行に感動(同化)した人たちが多くいた一方、
あれが何故医療従事者への応援になるのだという批判(異化)をする人たちもいた。
あのブルーインパルスの飛行を、お金の無駄遣いだ、政治的プロパガンダだというのだ。

感動した人、批判的な人、その両者が存在することは正常なことだと思う。
是か非かにスッキリ分かれるワケでもなくグラデーションがあるのではないだろうか?

確かに“感動”した人は、
お金のことや、あれを行わせた人たちの存在を知りながら目をつぶったのかもしれない。

そういった背景や意図や演出を感じながらも、率直に応援飛行に関わった人たちの心情や、
それを見て元気づけられるであろう医療従事者やそのご家族たちの心情を想像して、
是とした人が多かったのではないだろうか?

演劇でもブルーインパルスのような事象でも、同化か異化、是か非かだけではなく、
グラデーションがあることが大事だと、わたしは思う。


ブルーインパルスは自衛隊である。自衛隊は軍隊である。
軍隊とは人を殺傷することを手段として目的を果たそうとする国家的集団である。
であるからして、医療従事者を応援するのは・・・って、野暮は言うなよ。



スポンサーサイト



マジでガチで

2020年05月30日 11:00

芝居を観て、
主人公の恋愛が成就しなかったからといって怒る観客はいない“はず”だ。

マジックを見て、
「この人は本物の魔法使いだ」と信じて見ている観客はいない“はず”だ。

プロレスを観て、
これは傷害事件だと思って警察に電話する人もいない“はず”なのだ。

しかし、本気(マジ)に受け取る人、本当(ガチ)だと思う人はいるのだ。


むかし、
或る実際に起こった通り魔事件をテレビドラマ化したときのことだが、
逮捕された犯人が体育館のような場所で犯行を再現させられる場面があった。

被害者役は女性警察官役の女優が行う設定だし、そもそも犯人だって俳優だ。

しかし、
通り魔の犯行場面で、被害者役を演じていた警察官役の女優が本気で泣き出し、
テレビ局には「本人(犯人)を出演させたのか?」という問い合わせがあったという。

そんなエピソードが話題となって、それ以後犯人役を演った俳優に注目が集まった。


事程左様に、
受け取り手にも、演じ手にもマジでガチだと一瞬でも思い込む人はいるのだ。

しかし、
マジでガチだと思ったとしても個人をネットで匿名で誹謗中傷していいワケがない。
また、国家権力や政治体制などを批判することとは、一線を画すべきだろう。

それは当たり前の事だから此処ではこれ以上言わないが、
それよりも、観客の側であれ演じている側であれマジでガチだと思う人が、
少なからずいるということをプロデュースする立場にある者は想定すべきだ。

台本や演出が有ろうが無かろうが“リアリティー”を売りにする場合は尚更だろう。


訓戒

2020年05月29日 20:28

元・検事長の処分に関して、
「訓告処分」をダレが言いだしたのか、ダレが了承したのか、ダレに責任があるのか、
いつまで経っても隔靴搔痒でイライラする。


さて、
矜持(きょうじ)」或いは「矜恃(きょうじ)」という言葉がある。

「矜」という字は「矛(ほこ)の柄(つか・え)」が語源なのだそうだ。
古代中国の武将たちにとって、矛の柄は誇りの象徴だったのだろう。


「矜持」は、矛の柄を「持つ」「維持する」「保つ」ということだから、
「矜持」は、自分に自信と誇りとプライドを“持っている”こと。
「誇りを持っている」「プライドを内に保っている・秘めている」というような意味になる。


一見同じように見えるかもしれないが、「矜恃」と書くこともある。

見比べると、「矜恃」は「恃」という字だが手偏と心偏(りっしんべん)に寺と書く。
「恃」には「依頼する」「頼む」という意味がある。

だから、
自分に自信と誇りプライドがあって堂々と振る舞っているというようなニュアンスだ。


いずれにしても、
矜持」も「矜恃」も、自信も誇りもプライドも持ち合わせていない政治家や役人が多い。

全員に訓戒を求める。



 

ステイホーム

2020年05月28日 16:05

昼飲み2020年5月28日

緊急事態宣言が解除されました。

きょうは晴れて気持ちのよい一日。

そこで、
「久しぶりに外に飲みに行かない?」

そう、かみさんが言うので、
“外”にご用意させていただきました。



碁敵は憎さも憎し懐かしし

2020年05月27日 11:32

碁盤

「碁敵(ごがたき)は憎さも憎し懐かしし」という川柳がある。
その川柳が引用される「笠碁」という落語がある。

いろいろな噺家が演るが、わたしは五代目柳家小さん師匠の「笠碁」が好きだ。
小さん師匠の堅物さが、更に可笑しみを醸し出すからだ。

「笠碁」はヘボだが碁好きの商家のご隠居二人の碁勝負の噺。

碁敵のご隠居同士が碁を打ちはじめるが、
しばらくして一方が「待った」と言い出し相手は待てないと返す。
「待って」「待てない」とお互いに強情を張るうちに絶交してしまう。

喧嘩分かれした二人だったが、相手と碁が打ちたくて仕方がない。

長雨がつづくある日、とうとう辛抱出来なくなったご隠居が雨が降るなか、
菅笠をかぶって碁敵の店の傍まで出かける。

相手も碁を打ちたくてしょうがなかったのだが、
碁敵が笠をかぶって店の前を行ったり来たりしているのは判っていても、
意地もあり照れくさくて中へ呼び入れることができなかったのだが・・・


地味な噺だがヘボな碁好きの碁勝負の機微を絶妙に描きながら、
喧嘩しても離れられない人生の友人との人情も鮮やかに描いている。


三密を避けるためのステイホームやソーシャルディスタンスの世界観と、
いまや人間は対局(対極)にある。


「新しい生活様式」と営み

2020年05月26日 19:15

営み

厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ、
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を日常生活に採り容れるよう公表している。

新しい生活様式

提言を踏まえたのか、
飲食店では客と客の間に衝立が置かれたり、
フェイスマスク飲み会をする人たちが現れたり、
劇場は客席に2メートル間隔で入場させたり、
自主的にさまざまな対策が講じられている。

しかし、
確認しておきたいのだが、
「新しい生活様式」はコロナ禍の緊急避難的なものだろう?

時間はかかるかもしれないが、いずれワクチンや治療薬が開発される。
「新しい生活様式」はそれまでの対策であるはずなのだ。

確かに、
手洗いやマスクなど恒久的に習慣化されてもよいこともあるだろう。

だが、「三密」といったことが戒められるのは緊急時だけであるべきだと思う。
そもそも、人は人と密接に交わるものだからだ。

握手もハグもスキンシップも会話も大切なコミュニケーション・ツールなのだ。
セクハラやパワハラでない限り、それらは忌み嫌われることではない。
寧ろ、人間の営みにとっては必要不可欠なことではないのか。

だから、
正しくは「新しい生活様式」ではなく「しばらくの間の生活様式」だろうと思う。


じゃないと、世界中でこどもが生まれてこなくなっちまうよ。

日常

2020年05月25日 11:56

ブログを毎日記していると、過去の日常を想い出すことが容易にできる。

去年の5月25日、
東京は30℃を超える真夏日だった。
夕方地震があった。
某国の大統領が来日していた。

嫁と孫がロサンゼルスに帰ってしまった直後だったが、
孫娘の運動会を観て、お昼に天ぷら定食をいただいて、
夕方からビールを飲んだ。


一昨年の5月25日、
麻婆ナスと、きんぴらごぼうと、ひじきと大豆の煮物を作り、
めかぶ納豆、ブロッコリーとトマトのサラダ、谷中しょうが、漬物、
そんなスパークリングワインに似合わない料理で夕食。


3年前の5月25日、
突然母上を亡くされた若い知人からご連絡をいただきお通夜。
母上は、早くに両親を亡くされご家族がいなかったのだそうだ。
「家族がいるだけで幸せ」とおっしゃっていたという。
通夜の帰り、かみさんと落ち合って赤羽で飲んだ。


4年前の5月25日、
義父の買い物につきあって、
義父の昼食に大根と小松菜と油揚げの煮物を作ったが、
残された。
義父の入浴を介助して、手の爪を切って、夕食を作った。


5年前の5月25日、
二人で近くの公園に行った。
缶けりをやろうというハナシになったが缶がないので、
自動販売機で「なっちゃん」を買って二人で飲んだ。

「さいしょはグー、ジャンケンポン!」
わたしが勝っても、なぜか鬼をやらされる。

缶けりが終わると、なわとびの記録に挑戦。
筋肉痛で階段が下りられなくなるまで跳ぶ4歳の孫娘。


そして、
ことしの5月25日は・・・。

日常のなかの結婚記念日。




インプット

2020年05月24日 16:00

大豆

外出自粛の時間も3か月に及ぶ。

誰もが、人生で一生に一度遭うかどうかという禍いのなか、
わたしは、その経験を人生のリソースにしたいと思っている。

その意味で、
自粛生活を蓄積(インプット)のチャンスと捉えたいのだが、
巷の愚かな騒動に気が散ってしまっている。

だから、連日空しい発信(アウトプット)ばかりしている。
発信するにはエネルギーを使うし、発信した後は疲れる。

いつまで経っても蓄積ができない。



隣の芝生

2020年05月23日 12:29

公園の芝

旧・高田小学校跡地に、
3月28日にオープンした雑司が谷公園ですが、
オープニング・セレモニーも中止されました。

公園建設に尽力された方たちや、
工事に携わった皆さんを労う機会もないままです。

そして、ステイホームが呼びかけられる日々がつづきますが、
散歩の途中で立ち寄る人や、通路で遊ぶこどももいるものの、
公園全体を思いっきり楽しめる日はまだ先のことでしょう。

オープニング当初は植えられたばかりだった芝生も、
養生中ではありますが、新緑の葉が伸びて緑が増えました。

この芝生の上でこどもたちが遊ぶ日はいつのことでしょうか?



見て見ぬふり

2020年05月22日 13:43

現政権が始まってから、

法務大臣が選挙区民にうちわを配っても、

経済産業大臣が政治資金規正法事件に関係しても、

農林水産大臣が補助金受給企業からの献金を受けても、

文部科学大臣が所管する企業から献金を受けても、

経済再生担当大臣の秘書が現金を受け取っていても、

経済再生担当大臣が選挙区で線香を配っても、

経済産業大臣が選挙区民に香典を渡し、高級品を贈っても、

財務省や防衛省で文書や日誌の改ざんが起きても、

総理の友人であるジャーナリストが準強姦事件を起こしても

総理が桜を見る会に乗じて支援者に税金を使って接待をした公職選挙法違反を犯しても、

公訴しないし、したとしても不起訴処分にしてしまう検察。

見て見ぬふりをする我が国の検察庁。

動かざること山の如しである。

元・法務大臣とそのカミサンの公職選挙法違反事件も、とっととやれよ!



李下に冠を正さず

2020年05月21日 11:02

こどもだった頃、学校帰りに近所の畑の柿や金柑を盗んで食ったことがある。

こどもだった頃、隣で養鶏をやっていた家に玉子を買いに行ったら、
台所に置いてあったかりんとうの袋が開いていたので、一つ摘まんで食べてしまったことがある。

これもれっきとした窃盗である。こども心に残った記憶なので忘れていない。
それよりも重い罪を犯しているかもしれないのだが、悪いと思っていないのか、覚えていない。


たまたま、わたしはマージャンができないのだが、パチンコや競馬はやったことがある。
違法か脱法かの違いはあれど、いずれも内容は博打である。

賭けマージャンが違法であることは昔から知られているが、
マージャンを賭けないでやっている人をわたしは知らない。

わたしだって清廉潔白な生き方をしているワケではないから、
駐車違反したこともあるし罰金を払ったこともあるが、検察官が賭けマージャンは駄目だろう。

お中元やお歳暮をいただくと風呂敷に包んで返しに行って丁寧に詫びていたという
検察官の妻の話がある。

買物に行くときに自転車を使うと不本意ながら駐輪できないときがあるから、
買物はいつも徒歩だったという検察官の妻の話もある。

多くの検察官は家族共々“李下に冠を正さず”という生き方をしているのだ。

検察官ではないが、戦後闇米を食べることを拒否して栄養失調で亡くなった判事がいた。
聖職者が神や仏の教えに殉じるが如く、法律家は法に殉じるつもりで生きているのだ。

「賭けマージャンくらいみんなやっているのだから辞職は重すぎる」という意見があるかもしれないが、
辞職では軽い。懲戒免職で送検が相応しいのである。




直接「あつんこパン」

2020年05月20日 13:54

あつんこパンに行ってきた

先日お取り寄せをした内神田の「あつんこパン」に、
きょうは、車で直接パンを買いに行ってきました。

国産小麦の天然酵母に拘ったオリジナルパンですが、
どれも美味くてボリューミーでクセになります。

あつんこパン
〒101-0047:東京都千代田区内神田1-10-5
電話:03-3291-1213

※お取り寄せもできます。

あつんこパンを食べてみた





最新記事