FC2ブログ

文芸坐の喫茶店

2019年09月30日 16:42

文芸坐の喫茶店①

こんな写真が見つかりました。

池袋東口に在った、映画館・文芸坐の建物の1階、
地下劇場・文芸坐ル・ピリエの入口と、映画館・文芸地下劇場入口の間に、
1981年(昭和56年)12月5日にオープンした「文芸坐の喫茶店」という名の喫茶店です。

文芸坐の喫茶店」というロゴは、緒形拳さんが揮毫してくださったものです。

珈琲や紅茶など喫茶ものはモチロンですが、カレーやオムライスが人気の店でした。

映画や芝居や寄席を待つ時間にお使いになられるお客様、
待ち合わせに使われるお客様、近所の風俗店のお嬢さんたちの食事処でもありました。

文芸坐の喫茶店で自主上映会も催して、その後有名映画監督になられた方もいました。

1997年(平成9年)3月、文芸坐が閉館すると同時に閉店した、
みなさんが伝説にしてくださったお店です。

文芸坐の喫茶店②
スポンサーサイト



いわしの梅煮

2019年09月29日 18:25

いわしの梅煮

今朝もいわし雲が出ました。

いわし雲は秋の季語ですから、鰯は秋が旬だと思われるでしょうが、
目が潤んで見えるウルメ鰯や口が下を向いているカタクチ鰯は春が旬、
真鰯は秋が旬だといわれています。


さて、「いわしの梅煮」という料理がありますが、
鰯を煮るときに梅干もいっしょに煮るので「いわしの梅煮」と申します。

これ、
なんで鰯を煮るときに梅干もいっしょに煮るのでしょう?

美味いから?

それもそうでありましょうが、
鰯の臭い消しと小骨を軟らかくするからなのだそうです。

でも、
骨を軟らかくしたいなら、最初に酢水で煮るとより軟らかくなります。

ですから、梅干をいっしょに煮るのは主に青魚の臭い消しのためでしょう。
臭い消しには酒や生姜も使いますが、梅干を入れると脱臭効果が上がります。

しかし、新鮮な鰯を買ってきて、内臓を取ってから血液をよく洗って煮れば、
ほとんど青魚の臭いはしませんが、むかしは多少古くなった魚も流通したのでしょう。

鰯七度洗えば鯛の味


安全対策

2019年09月28日 17:01

対策その2

近々、孫が帰国する予定です。

今月上旬、一歳の誕生日を過ぎた頃から立ち上がり、
いまでは階段を上り下りしたり、トコトコ歩いております。

というワケで、
暴れん坊将軍の帰国でなにが起こるか判りませんので、
きょうは、ジィジの安全対策!

対策その1

秋桜

2019年09月27日 17:59

コスモス

秋の桜と書いてコスモス。
秋桜の花が咲く季節です。

わたしは、
四国・徳島県の山間の町で産まれましたが、
その町の花は「コスモス」、町の木は「みかん」でした。

この季節、
その町の河原の土手にはコスモスの花が群生しています。

故郷を想ってのことでしょう。
浜松の実家の周りにも父が植えた秋桜が群生していました。


ところで、
休耕田に観賞用にコスモスを植え観光地化するということが、一時流行りました。

減反政策で米を作らない農家が、
雑草や病害虫を抑えるためと、補助金を目当てにコスモスを植えたのです。

しかし、
その減反政策も、TPPに加盟したことと米の自由競争に打ち勝つためと、
強い米作り農家を増やすために去年度から廃止されました。

その結果、
農林水産省が去年まとめたところでは、45道府県の内、米を増産したのは、
北海道、青森、千葉など14道県で、最も積極的だったのが千葉県で8%増産。

その千葉県の米が、ことしは台風15号の被害に遭ってしまいました。

政府は強い米作りを奨励していますが、一方で補助金も支給しています。
例えば水田に麦や大豆を作る農家には10アールあたり3万5,000円、
せんべいなど菓子類に加工する米は10アールあたり2万円という具合です。

中でも多額なのが、
家畜などの飼料用の米で、最大で10万5,000円の補助金が支給されます。

こんな状態で、ホントに強い米作り農家が育つのでしょうか?
何年かしたら、また全国にコスモス畑が広がっているなんてことはないかしら?


全龍寺

2019年09月26日 17:05

お彼岸

お彼岸の最終日になって、やっとお墓参りに行ってきました。

新大久保駅の近く、大久保通り沿いに、
我が家の菩提寺である全龍寺が在り、その墓所に墓は在ります。

全龍寺は、
寛永4年(1627年)江戸幕府将軍徳川家光の時代、
鐵雙和尚により、臨済宗の寺として創建されました。

ご本尊は釈迦如来

現在は、
正式に「海亀山全龍寺」と称される曹洞宗のお寺です。

なのに、うちのお墓には「南無阿弥陀仏」と彫ってあります。

祖父が浄土真宗の寺で修行した人だったからですが、
全龍寺には受け容れていただいています。


さて、
全龍寺は、元々は「全龍庵」と称されたお寺でした。

その昔、源頼朝公が奥州征伐に向かう道の途中、
街道の傍らに在った全龍庵に立ち寄りました。

そこで、湯を所望し、
また奥州平定の祈祷を依頼して出発した寺でもあります。

その後、奥州征伐の凱旋の折には再び立ち寄って、
松の木を植え、土地を寄進したという記録が残っていたそうです。

奥州征伐の勝利祈願をした寺とあっては、
奥州藤原氏源義経主従にとっては敵寺。

息子が、
歌舞伎で「勧進帳」を演るときのお墓参りは、どうしたらよいでしょう?

全龍寺の彼岸花


スイレン

2019年09月25日 17:34

秋の睡蓮

秋の睡蓮(スイレン)です。
睡蓮も、種類によっては冬を越すのだそうです。

睡蓮は朝に花を咲かせ、
夕方には眠るように花を閉じることからついた名だそうです。


睡蓮の学名は、「Nymphaea(ニンファイエア)」

ギリシア神話に登場する、
森や川や湖に宿る精霊(女神)「nymph(ニンフ)」に由来します。

ヨーロッパには睡蓮の花を摘み採ろうと水辺に近づくと、
魔物に水中に引きずり込まれてしまうという伝説があります。

観ているだけでなく、近づいて手を触れてしまいたくなるという、
そんな魅力がある花だということでしょう。

しかし、摘み採ったら最期です。

やはり野に置け蓮華草



追悼式

2019年09月24日 18:21

追悼式

きょうは、
かみさんの、6年前に亡くなった従姉の追悼式でした。
仏教でいえば、七回忌です。

従姉は、高齢の母を独り遺して逝きました。


ところで、
キリスト教には、仏教と違い「供養」と言う考えがありません。
 
ですから、
仏教のような法事・法要はありませんが、追悼儀式はあります。

キリスト教では、
天に召されるという観念がありますので、
「ご愁傷様です」といったお悔やみの言葉はかけず、
「安らかにお眠りください」が一般的とされています。

キリスト教における追悼の意味合いは、
故人を想い、故人の死を受け容れ、神の御許に召されたことを歓び、
故人とのけじめをつけるために行います。

さて、
伯母は、けじめがつけられたでしょうか?

オリガさんの追悼式

きょうはチアダンス

2019年09月23日 23:59

チアダンス

きょうは、チアダンス。

舞台写真は載せられませんが、
三人の写真を撮りましたので・・・。

チアの帰り

同窓生

2019年09月22日 17:22

ヒマラヤ杉

母校の正門を入ると、ヒマラヤ杉の大木が枝を伸ばしている。

きょうは、母校演劇科の学園祭。
例年、同窓会も部屋を出しているのでかみさんと陣中見舞い。

同窓会の部屋では、
むかしの卒業公演のパンフレットやアルバム等が展示されて、
かみさんが同窓会会長時代に古い映像をDVDに焼き直した、
むかしの上演映像などが観られる。

しかし、
懐かしさがないワケじゃないが、若い頃の顔・顔・顔を見ていたら、
闘病や社会復帰に励んでいる先輩たちや友人たちのことを思って、
なんとか元気でいてほしい、なんとか回復してほしいと願った。

アルバム

飯沢匡さんとの想い出

2019年09月21日 15:50

もう一人のヒト

青年劇場公演「もう一人のヒト」を上演中です。

わたしは観ていませんが、きょう劇評を読みました。

そこで、
このお芝居の作者・飯沢匡さんのことを想い出したので、
このブログに記しておこうと思います。


わたしも学生時代に田中千禾夫先生の演出で、
飯沢匡・作「二人で嘘を」を演ったことがあります。

その数年後、
縁あって飯沢さんを車でお宅までお送りしたことがありました。

「この車はなんという車ですか?」と、後部座席の飯沢さんが、
わたしに尋ねられたので「フランスのルノーです」と応えましたが、
そこで止めておけばよいものを、
「フランスの人は車は道具でしかないと思っているらしいですよ」
などと口幅ったいことを申しました。

あとで飯沢匡ともあろうお方に生意気なことを言っちまったなと、
今となっては穴があったら入りたい心境です。

ちなみに、
飯沢匡さんのお墓は、我が家の近くの雑司が谷霊園に在ります。


ひまわり

2019年09月20日 23:59

きょうは、友人の件で、弁護士事務所に担当弁護士を訪ねました。


ところで、弁護士が胸につけている弁護士記章というバッチがあります。

このバッジは、
外側に向日葵(ひまわり)、中央に秤(はかり)がデザインされています。


向日葵は「自由と正義」を表しているのだそうですが、
なんで向日葵が「自由」と「正義」を表しているのか、判りません。

向日葵の花言葉は
「貴方だけを見つめる」「情熱」「憧れ」「崇拝」とかが一般的なんだそうですが、
「偽りの富」なんていうのもあります。


秤は公正と平等を追い求めることを表しているのだそうです。

向日葵(ひまわり)の花弁の中央に描かれている秤は、
古代エジプト神話の女神マァトの羽根の神話がモチーフになっているようです。

マァトの羽根は真実の羽根とも謂れ、
秤の片方にマァトの羽根を乗せ、もう片方に死者の心臓を乗せて量ります。

マァトの羽根と心臓のつり合いがとれたら楽園へ行けますが、
生きているときに悪事を働くと心臓が重くなり、永遠に復活できないのだそうです。

悪事を働くと何故心臓が重くなるのか、・・・これも判りません。


いずれにしても、
弁護士は、向日葵の「自由と正義」、秤の「公正と平等」を意味するバッチを胸に着け、
「自由と正義」・「公正と平等」を追求するお仕事をされています。



天高く

2019年09月19日 09:58

いわし雲

今朝、イワシ雲が出ました。

所謂イワシ雲は、正式には巻積雲というのだそうです。

この巻積雲は、上空5,000m~13,000mの高層に出る雲です。

「天高く馬肥ゆる秋」

これは、
中国の「雲淨妖星落秋高塞馬肥」という故事に由来します。

漢の時代、中国の北方の騎馬民族が勢力を誇っていました。
秋の収穫の時季になると騎馬隊が漢の農村を襲撃して、
食料を略奪していました。

春から夏にかけて腹を満たし肥えた馬に乗った騎馬隊が、
秋の雲が出るころになると襲ってくるぞ!

つまり「天高く馬肥ゆる秋」は、そういう警告なのです。

でも、秋は収穫の季節。
海の幸、山の幸が美味い時季です。

秋の空が高くて爽やかなころになると、
馬も肥えるくらい美味しいものがたくさん採れて食欲が増すよね。

現代では、こんな平和な意味に変わりました。

さて、きょうは鰯を食べましょうかね。





最新記事