FC2ブログ

閉店から5年

2019年08月31日 12:29

光生軒のシャッター

桐朋音楽大学の創立者の一人で、
「子供のための音楽教室」やオーケストラ教育などで桐朋学園音楽大学の礎を築かれ、
小澤征爾さん秋山和慶さんをはじめ、多くの世界的音楽家を育てた齋藤秀雄先生も、
その小澤征爾さんも、秋山和慶さんも、世界で活躍する音楽家たちも、

光生軒

桐朋の所謂演劇科を創立された桐朋の元校長・元理事長生江義男先生も、
同じく、演出家で俳優座の創立者でもあった千田是也先生も、
同じく、劇作家として現代戯曲に大きな足跡を遺された田中千禾夫先生も、

光生軒のラーメン

桐朋学園短期大学名誉教授で横綱審議委員会委員長でもあったドイツ文学者高橋義孝先生も
桐朋の職員のみなさんも、学生たちも、わたしたち卒業した者たちも、みんな大好きだった、光生軒。

光生軒のチャーハン

海外で生活している音楽家たちが、
「海外生活で一番食べたかったのは、光生軒のラーメンとチャーハンだった」と言います。

光生軒閉店

その光生軒が閉店して、きょうで5年経ちました。
2年前には光生軒のおばさんも亡くなってしまいました。

5年前、閉店の日の朝早く、
おばさんは一枚の張り紙を店のシャッターに貼り出しました。

「朝早く誰も見ていないときにそっと貼って、終わりにするんだ」
そう言っていました。

その張り紙を作ったのは、わたしです。

いつ貼り出すか(閉店するか)はハッキリしていませんでしたが、
閉店の数か月前におばさんに頼まれて、作って渡しておいた張り紙でした。

光生軒のこと、光生軒のおばさんのこと、
命日に想い出し、閉店した日に想い出し、ラーメンやチャーハンを食べるたびに、
事あるごとに想い出しております。

光生軒のおばさん

スポンサーサイト





最新記事