FC2ブログ

グランドに敵はいない

2019年08月19日 14:45

箱根

環境省は、連日「暑さ指数」を発表している。
8月18日14時の大阪の暑さ指数は31.1で危険だと警告していた。

「熱中症の危険性が高まっています。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。
運動は原則中止し、乳幼児や高齢の方は水分を補給しましょう。」

そんな中、わたしは涼しい場所で甲子園のテレビ中継球場を観ていた。

準々決勝第3試合、星稜(石川)対仙台育英(宮城)の7回裏。
仙台育英の攻撃中に星稜の先発・荻原の右手がつりかけた。

すると、
ベンチにいた仙台育英の小濃選手が、荻原投手の異変に気づいた。
スポーツドリンクの入ったコップを持ってベンチから飛び出して、
マウンドの星稜の萩原投手に駆け寄って言った。

「怪我したらダメだ、これ飲めよ」

観ていて、一瞬なにが起こったかの判らなかった。

マウンドに立つ相手チームの投手にスポーツドリンクを持ってゆくなんて、
そんなことが出来るんだ!?でも、そんなことする選手など見たことない。

それにしても、
夏の甲子園球場は、連日気温が35℃以上になるのだそうだ。
そして、スタンドでもグランドでも体感温度は40~45℃にも達するという。

そもそも、
これだけ熱中症の危険が警告されているのに、なんで野球の試合なのだ?
何ゆえオリンピックなんだ?

でも、
連日暑苦しい話題ばかりが報道されているなか、昨日の甲子園球場には、
涼しい風が吹いた気がした。

星稜にも清涼の風。


スポンサーサイト

煽動

2019年08月18日 16:34

箱根

あおり運転をしたうえに暴行障害事件を起こして、
全国指名手配になった男が逮捕されたようだ。

興味本位ではあるが、
なにがあったから、そんな重大な事件を起こしたのか?

川崎市登戸の通り魔殺傷事件。
京都アニメーションを狙った放火殺人事件。

理由や動機が、その結果とあまりにもアンバランスで、
理不尽な事件がつづいている。

件の男は、車をあおって一体なにを得ようとしたのか?


それにしても、
他人をあおる。他国や他国民をあおる。
考えや意見が違う相手をあおる。

煽っているのは、あおり運転男だけじゃない。

我々だって、煽られている。

落ち着こうよ。




光生軒のおばさんの三回忌

2019年08月17日 16:54

梅洞寺

“光生軒のおばさん”と、ご親交のあった皆様に謹んでお報せいたします。

本日、
2年前の8月21日に満86歳で亡くなられた仙川の中華料理店
「光生軒」のおばさんの三回忌法要が、八王子に在る菩提寺、
臨済宗梅洞寺にて執り行われ、同所墓地にご親族一同と共に、
お参りさせていただきましたのでご報告いたします。

梅洞寺墓所

告発

2019年08月16日 13:49

人形

きょう放送の、テレビ朝日のドラマ「やすらぎの刻~道」は、
荒唐無稽な展開ながら、溜飲が下がった。

やすらぎの郷に暮らす往年の名優たちが、
テレビ局からのオファーを受けバラエティー番組に出演する。

ところが、次々に無礼な扱いを受けて、ついに爆発してしまう。

実際にはあり得ない、設定としては無理のある展開だったが、
いまのテレビ業界を見ると、少なからず礼儀知らずな輩はいる。

だが、
そんな輩を俎上に乗せたいのではなく、いまのテレビの作り方を、
痛烈に批判したいのだろうと思った。


似たようなクイズ番組が連なり、低予算の旅番組がはびこり、
同じような事件ドラマが創られ、同じ話題を延々と引っ張るワイドショー。
“笑えない”お笑いタレントたちが、バラエティー番組を席捲している。

予算のあるなしに関わらず、テレビの可能性と必要性を創造する、
そんな努力が垣間見えないのだ。


かつて、
「拝啓おふくろ様」「北の国から」の放送がどれだけ待ち遠しかったことか。

次の放送があるまでの一週間、前回の放送を何度でも思い出していた。
登場人物に肩入れし、主人公に同化しながら共に生きているように観た。

ドラマによって考えさせられ、励まされ、想い出になった。

きょうの「やすらぎの刻~道」は、
このドラマの脚本家から、いまのテレビ業界に対する視聴者への告発だ。


そんななか、与勇輝さんの人形がドラマに登場する。
画面に映った人形を観ただけで、涙した。


腎虚

2019年08月15日 23:59

牛車腎気丸

ことしは、
「終戦記念日」だから戦争の話題を書くというのが厭だった。

そこで、
唐突ながら終戦記念日に不謹慎だがおしっこについて記す。


最近、
眠っていておしっこが勢いあまって止まらないという夢を見た。

幸いなことに、
目覚めたらおしっこの海に寝ていたということはなかったが、
尿意はもよおしていたのでトイレに立った。

ところが、
尿意があったのに、それほど多くのおしっこが出ない。

勢いは、断水直後に管に溜まっていた水が出るように頼りない。
加えて、排尿後の切れががワルい。

夕飯時に、何杯も酎ハイを飲んでいるから水分は摂っているが、
アルコールを分解するのに使われて、細胞は脱水状態なのか?


排尿困難だけでなく、手足の先の冷え、多少のむくみ、腰痛、肩こり、
そして寝ているときの口内の渇き、身体のかゆみなどの自覚がある。

そこで、「牛車腎気丸」という生薬由来の漢方薬を飲んでみることにした。
所謂、「腎虚」に効くのだという。


夢でみた勢いあまるほどのおしっこがしてみたい・・・。


ボチボチ いきヨ

2019年08月14日 11:30

絵はがき

むかし、或るテレビドラマの方言指導をやったことがあります。

浜松の言葉(遠州弁)を年配の男性俳優に指導したのですが、
若い頃から、江戸弁も大阪弁も流暢に使われる俳優でしたが、
浜松の言葉にはご苦労されました。

“指導”などと言うのはおこがましいのですが、
言葉をいじる作業というのは、俳優の役作りに触れてしまうのです。

そのセリフを指導することは、
イントネーションを直すだけでなく、セリフのニュアンスを伝えること、
延いては、その人物の性格や気質などを創ることに関わるのです。

したがって方言指導が、
その俳優の役作りとバッティングしてしまう場合があるわけです。


さて、
徳島の叔母が描いた絵ハガキをもらいました。
徳島弁が一言書いてあったりします。

「ほなけんど」
意味はお判りですか?

「だけどね」「だからね」みたいな意味でしょう。

「ほなけんゆうたでぇ」と言えば、「だから言ったでしょ」、
前に「ほれみーだ」が付けば「だから言ったじゃねーか」という感じ。

「ほれみーだ」は、「それみたことか」という意味です。

極め付けは「あるでないで」

どういう意味だと思われますか?
「あるの?ないの?」ではありません。

「あるじゃないの」です。

但し、コレ意味を伝えただけではニュアンスは伝わりません。
一言の中に、独特の徳島県人の性格・気質がにじみ出ているのです。


ボチボチ いきヨ


盆の入り

2019年08月13日 22:40

盆の入り

実家が在る浜松での、父の三回忌法要から戻りました。

帰宅したのが遅く、
帰路の途中で寄り道をしてかみさんと飲んでしまいました。

帰宅して、すぐに荷物をほどいたのですが、
酔いと疲れで、ベットに倒れ込んで、起きたのがさきほどです。

気づけば、
きょうは8月13日ですから、盆の入りです。

かみさんの祖父母と両親を、
迎えに行ったり、迎え火を焚くことはできませんでしたが、
わたしたちの留守中に帰ってきているはずです。

遅ればせながら、
線香を焚いて、友人が贈ってくれたシャインマスカットを供えました。

おかえりなさい。



父の三回忌

2019年08月12日 23:59

岩水寺

朝7時10分に品川駅を出発した新幹線で浜松に来ました。
きょうは、父の三回忌法要でした。

去年の一周忌法要も、8月12日でした。

去年は、乘ったタクシーの女性運転手と話していて、
その人が中学の同級生だと判ったときには随分驚きました。


さて、
わたしの弟には二人の息子と、娘が一人います。

甥っ子二人は、
弟といっしょにみかん🍊農家を継いでいます。

姪っ子は、歯科病院で歯科衛生士をやっています。

一日を通じて、
甥っ子二人・姪っ子の話を聴き、夢を聴きました。

それは、伯父にとってサプライズでしたが、
それが一番の父への供養だったような気がします。



「ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者」

2019年08月11日 17:01

「ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者」

きょうは、調布文化会館で上映された、
記録映画「ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者」を観てきた。


帰りの電車の中で想いを巡らせていた。

記録文学、小説、詩、短歌、絵画、彫刻、舞台劇、朗読劇、映画、記録映画、
様々な様式によって描かれてきた戦争や被ばく体験・・・。


わたしは何百回も上演してきたけれど核兵器を一発も減らせなかった。
そう言った演劇人がいる。

作品創りを続けているだけで、
平和のためにナニかいいことをやっていると勘違いしてしまうかもしれない。
そう言って自身を戒めた演劇人もいる。


特攻隊や戦闘が描かれると、観客の中に同化作用が起きることがある。
だから、特攻隊が描かれていると物語を美化しているという批判が起きる。

ドラマとして描かれた映像や舞台には想像力の限界があるが、
記録映像や朗読には想像力を高める効果があると言われることがある。

そんななかで、創り手は試行錯誤を繰り返しながら、
なぜその作品を創るのかを自問自答し葛藤しながら、創りつづけている。

誰が、誰の作品を批判しようが肯定しようが、作品の良し悪しを測る秤はない。
だから、その作品を創ろうとしする動機の方向性のみに、わたしは興味をもつ。

それでも、戦の準備をしようとする者、戦争をしようとする者たちを止められない。

忸怩たる想いで、
反戦・平和の作品を創り創ろうとする人たちを、一体ダレが批判できるだろう。


電車の中で、そんなことを想いながら、
現在は、作品を観ることしかできない自分の不甲斐なさを感じている。



御霊前

2019年08月10日 12:44

御霊前

我が三浦家のご先祖さまである祖父は浄土真宗の寺で育ち、
自らも浄土真宗の信徒でしたが、墓は曹洞宗の寺に在ります。

その浄土真宗では、
香典袋の表書きに「御霊前」とは書かない慣わしなのだそうです。

浄土真宗は仏教の縁起の教えに従い、
「霊魂の不滅」や「輪廻転生」といった考えを採っていないからです。

したがって、
浄土真宗信徒のご葬儀に持参する不祝儀袋、香典袋の表書きは、
「御仏前」ないし「御香典」とお書きになるのが適当なのだそうですよ。

とは言っても、
一般的には宗派の違いによらず、お通夜・告別式には「御霊前」、
七七日忌法要(四十九日)から故人が「仏」になったという意味で、
それ以降の法要では「御仏前」だと思われております。

したがって、
わたしも「御霊前」と「御仏前」の表書きを使い分けておりますが、
近頃「御霊前」の不祝儀袋の減りが早いこと・・・。

昨日は、日本一地価が高いと評判の銀座「鳩居堂」のギャラリーで、
友人が書道展に書を出展していると知ったので観に行ったついでに、
鳩居堂で不祝儀袋を購入しましたが、「御仏前」は余っている?ので、
「御霊前」の袋ばかりを買ってきました。


- 傷痕去らぬ君と共に - 

2019年08月09日 11:02

ナガサキ

長崎市民劇場の事務局長だった中村新七さんは、
奥さまとお二人で食堂を経営していらっしゃいました。

演劇制作者として、公演で長崎を訪れたときには、
食堂にお邪魔して、賄いご飯をご馳走になりました。

ご馳走になりながら、お二人の被ばく体験を伺いました。

広島でも長崎でも、被ばく体験を伺ったことがありますが、
人のこころは移ろいやすいものです。

8月にしか思い出さなくなっている自らの心を恥じながら、
今年も、中村新七さんの詩を思い出しています。


中村新七様

ご無沙汰しております。

きょうは8月9日。
今年もまた中村さんの詩を掲載させていただきます。

亡くなられたことを知らず、
結果的に無断で載せてしまうことをお許しください。


- 傷痕去らぬ君と共に - 中村新七

きけわだつみを見に行こう
そんなに俺が言った時
君は俺の顔を見ただけで
横にかぶりを振った
それから俺が真空地帯をさそった時も
やはり同じように
かぶりを横に振り
戦争映画は見たくないと言った
戦争が終わって八年もなろうとしているのに
戦争の傷痕は
今でも君から去っていない
水槽とながしと
玄関のたたきだけを残して飛び散った家に
中心より六百七十米の城山だと言えば
奇跡だと人々の言うように
君はかすり傷もうけずに生き残った
地獄の中でのたうつ無数の肉魂
その中で君だけが
かすり傷もうけずに生き残ったのだ
戦争映画
それが戦争をのろう映画であろうと
君はかぶりを横にふる
まして数年をへた今でも
原爆の傷痕が人命をうばっていると
誰かの口の端にのぼることがあれば
そのことが君の耳を傷つけでもするように
君は耳をふさぎ
目をかたくとざす
君は人間の最大の悲劇を
目の前に再現することを
憤怒の情をもってさえぎろうとする
だが君はそのことが
君だけでさえぎれないことを知っている今
目をとじ耳をふさぎながらも
原爆の悲惨さを会う人ごとに訴える

一本の立木も残さず
吹き飛んだ裏山に
ポッカリ残った防空壕の前で
写真までうつしたアメリカの医者は
驚きの声をあげた
他の多くの人々が言ったと同じように
奇蹟だと
だが君は無傷で生きているのではない
君は会う人ごとに話す
かすり傷もおわなかった私が
数日をへずして
頭の毛が一本も残らぬようにぬけたと
歯ぐきから血がほとばしり
身体は斑点と
眼からは涙さえでないようになった等と
いやそれ以上に
今でも肉づきの悪い身体が
直ぐに疲労を感じることを

そんな君を丁寧なあいさつをもって
ABCCの自動車は迎えに来た
だが喜んで行った君を待っていたのは
目だけしか見てやらぬアメリカの医者だった
そして悪かったら日本の医者によくしてもらえと
原爆の傷痕は目だけにあらわれるものなのか
迎えの時と売って変ったこの行為に
君は不思議なおももちで問うた
『何故身体全部を見ないのです
貧苦の中でむしばまれてゆく私達は
ただ死をまつのみですか』
アメリカの医者と日本の通訳は
くどくどと答える
アメリカから予算がこない
アメリカから送ってくる予算が少ないと
目だけしか見てやらぬことの前に        
君はアメリカの真の姿を知った
何のための調査か
君の怒りは炎となって
アメリカの医者と日本の通訳にたたきつけられた
『きれいな自動車の送り迎えが
私達にあたえられた最上のお情けなのですか
そんなちっぽけな情けを
私達は今必要としない
アメリカは
アメリカの軍備の費用をさいても
人類の最大の悲劇をおぎなうべきなのだ』
君の怒りの瞳に
アメリカの医者も日本の通訳も
何一つ言えずうつむいたと言う

アメリカは私達に
原爆を落としただけの国でしかなかった
そのことはまた
君の原爆の訴えの中に加えられ
君は目をとじ
耳をふさぎながら
原爆の悲惨さを会う人ごとに訴える
俺はもう君に
それが反戦ものであれ
戦争映画を見に行こうなどとはさそうまい
それより君の
目をとじ耳をふさぎながら進む平和への途を
君と共にさらに押進めることを誓う

1953年「芽だち」より

韓国と日本の「未来」と「希望」

2019年08月08日 13:00

週刊女性

かみさんが「週刊女性8月20・27日合併号」を買ってきました。

わたしが、黒田福美さんの“この活動”を知ったのは、
2017年7月に黒田福美さんが上梓された
「夢のあとさき-帰郷祈願碑とわたし-」を読んだからでした。

※去年8月、加筆修正削除等が行われた改訂新版「それでも、私はあきらめない」を上梓。

「夢のあとさき -帰郷祈願碑とわたし-」それでも、私はあきらめない

1991年7月、黒田福美さんの「夢」に、
“日本人”として特攻で散った朝鮮人の青年が現れました。

彼は、「日本名ではなく、朝鮮人として死にたかった」と訴えました。

その「夢」を手がかりにして、
黒田福美さんは、「夢」に現れた青年を探す旅に出掛けたのです。

それが、
朝鮮人戦没者を弔う石碑「帰郷祈願碑」を韓国で建立する活動に繋がり、
日韓の様々な困難と批難を乗り越えながら28年にもわたって奔走します。


昨今、
国と国も、人と人も、相手を受け容れて話し合うことが大切だとは申します。
しかし、それはそう簡単なことではありません。

ましてや28年間それをつづけたのは並大抵の覚悟や精神力ではありません。

だから今こそ、黒田福美さんの体験と行動に訓えられること大なのであります。

黒田福美さんが見ているのは、
眠って見た「夢」ではなく、韓国と日本の「未来」と「希望」のことでしょう。


わたしは、彼女のことを“友人”としてではなく、“日本人”として尊敬します。




最新記事