FC2ブログ

平成

2019年04月30日 17:30

新緑

今日で、平成という時代が終わる。


平成という30年間を考えるとき、
身近では、わたしたち夫婦の父と母が亡くなり、
多くの親類の人たち、恩師・友人・知人を見送った。

また、
「未曾有」という形容がなされるほどの
大災害がつづいた時代でもあった。

あってはならない、原発事故も起きた。

未だに、
原発事故の影響や災害復興の進捗状況から、
困難な避難生活をつづけている人も多い。

社会では、
小さな子供や女性を含む見境のない殺生事件、
傷害事件、若年者による殺人事件も目立った。

“戦争のない日本”というキーワードを外せば、
世界中に戦争はあったし、テロリズムの恐怖時代でもあった。

そして、
他国によって拉致された日本人たちも還されてはいない。

昭和から平成の30年間が経っても、沖縄の負担はつづいている。


今回、今上陛下の退位によって行われる改元だが、
陛下は、昭和の時代の総括と慰霊と国民に寄り添うことを、
全身全霊をもって使命とされてきた30年間ではなかったか。

昭和天皇の時代の総括という日本人が怠っていたことを、
慰霊という形で“反省と謝罪”のお気持ちを率先して表され、
戦火を交えた国々の人々や戦禍に遭った人々、戦没者遺族を、
出来る限りお慰めしてこられた。

そのお立場はあろうが、
一人の人間、一組のご夫婦の生き方として尊敬を禁じ得ない。

情緒的だと言われる向きもあるだろうが、
本来、天皇・皇室という存在は日本人の心の拠りどころであり、
法律・政治・機関・憲法・論理などで縛ることはできない存在だ。

人権という観点から天皇制についての意見はあるが、
わたしは、「天皇はいなくてもいい」とは思っていない。

本来、一人ひとりの日本人たちがやるべきだったこと、
やれなかったことを、代わりに体現し行動してくださる、
そういった“象徴”としての天皇の存在が日本人にとって、
如何に大きな意味があることなのかを考えさせられた。


この先は、今上天皇皇后両陛下のご安寧を願い、
来る令和の時代は、次期天皇皇后両陛下のご負担が軽い、
真の意味で平和な世界を、わたしたち自らが創るべきだろう。

平成という時代は、
子どもたちが育ち、伴侶を得て孫たちを授かった時代でもあった。

新緑の季節だ。新しい時代を迎えるに相応しい。

スポンサーサイト



うちのトトロ

2019年04月29日 18:21

うちのトトロ

これは、
となりのトトロ」じゃなくて、うちのトトロ。

ずっーと息子を見守ってくれていたのに、
ホコリでまっくろくろすけになっちまった。

洗ってあげるから、
こんどは孫とあそんでやっとくれ。

連休の予定

2019年04月28日 13:30

公園

きょうも、孫を連れて散歩に出かけた。


母子が、
此処で遊んだ帰り道で事故に遭ったという公園。

3歳前後の子どもたちも大勢遊んでいる。

最大10連休が始まっていて、
お休みの父母たちが、そのようすを見守っている。


あのお父さんは、しばらくの間、
此処には来れないだろうなぁ・・・などと思った。

この連休、
親子で、どんな予定をたてていたのかしら?・・・。

合掌



三谷かぶき

2019年04月27日 12:11

歌舞伎座「月光露針路日本」

きょうは、平成最後の土曜日であります。

もうなんでも“平成最後”なのでありますが、
その平成も残すところ3日間になりました。

そして、いよいよ令和の時代が始まります。

しかし
キーで「れいわ」と打ってもまだ「令和」と変換されません。

さて、
令和が始まる5月になると、三谷かぶきの稽古も始まります。

歌舞伎座公演「六月歌舞伎」夜の部
みなもと太郎 原作、三谷幸喜 作・演出

三谷かぶき
「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)」風雲児たち


小さいときから三谷幸喜ファンであった弘太郎も出演いたします。

I氏のたけのこ

2019年04月26日 21:55

たけのこのバター醤油炒め

きょうは、

先日 I 氏にいただいた筍で、

たけのこご飯と、
たけのことシメジの醤油バター炒め。

これを、

春のごちそうと言う。

たけのこご飯

やがて・・・

2019年04月25日 20:46

車に乗って、その車に設置してある端末に免許証をかざします。

免許証には個人情報のチップ入っております。

すると、
車が個人を「特定しました」という案内が流れます。

更に、
呼気をセンサーに吹きかけアルコールが検知されなければ、
これでエンジンの始動が可能になります。

運転状況は、搭載されたドライブレコーダーを始め、
車両の各機構に張り巡らされたセンサーが、AI機能と連動して、
どこかの“センター”に運転情報を送信し始めます。

この情報によって、急加速や急ブレーキ、蛇行運転やスピード違反、
あおり運転や信号無視、逆走、停車違反・駐車違反など、
不適切な運転をリアルタイムに点数化することができます。

或る一定の点数を超えると、
自動的に、運転者はどの車も運転することが出来なくなります。

年齢を問わずです。
不適格な運転者だけがピックアップされて排除されるワケです。

点数を超えた運転不適格者は、
点数を超えた時点で更新試験を受けなければなりません。

但し、危険運転致死傷などの事故を起こした運転者が
免許をはく奪されることは、現在と変わりありませんが。

その代わり、
何年かごとに免許書の更新という制度は廃止されています。

したがって、
各地の運転免許更新センターの仕事は大幅に軽減されます。

情報はどこかの“センター”で管理されますから、
更新に関する事務作業はなくなり、更新者の試験や講習だけが
運転免許更新センターの業務になります。


やがて、そんな時代がやってきます。
やがて、そうなってほしいです。



ゆるい免許更新

2019年04月24日 20:28

先週金曜日に起きた東池袋の痛ましい暴走事故以来、
高齢者ドライバーの免許返納についての話題がつづいています。

現在、75歳以上の人の免許更新には、
「認知機能検査」と「高齢者講習の受講」が義務付けられています。

しかし、その検査や講習の精度や効果を疑う声も多くありますし、
「実技試験」を採り入れるべきだとの意見もあります。

さて、わたしが自動車免許を取得したのは18歳のときでしたから、
45年も前のことですが、自動車教習所に通って運転を習いました。

高校の寮に、教官が迎えに来て、野っ原にコースが描かれただけの
プレハブの教習所でしたが、迎えに来た教官の運転は見事でした。

原則通りの運転で、ハの字に握ったハンドルを一回転半させて曲がり、
反動ではなくまた一回転半回してハンドルを戻し、30キロでギヤチェンジ、
ブレーキを踏んでも加速しても、身体が前後に揺れることはありませんでした。
わたしは、いまだに手本にしています。

しかし、
自動車学校と自動車教習所では、試験を受けるときに差が出ました。
自動車教習所で習った者は「3回は落とされる」と言われていました。
わたしも例外ではなく、4回目に受かりました。

あとの違いは、自動車学校は高く、自動車教習所は安かったのです。


ところで、あの自動車免許を取得するための試験は厳しいものでした。
ちょっとノッキングさせたり、停車位置がズレただけでも落とされました。
しかし、免許制度というものは取得してから甘くありませんか?

違反したら罰金を納付したり免許停止になったりするのは当たり前としても、
講習だけで免許の更新が行われます。

高齢者の場合も前記のとおりです。

つまり、一度与えた免許に対しては寛容だと思うのです。
なぜ、試験時の厳しさで免許更新がなされないのでしょうか?

そもそも、18歳にならないと運転資格がないとか、
いくつになっても更新時に実技がないとか、おかしくありませんか?


「映画イラストレーター宮崎祐治の仕事」

2019年04月23日 15:41

宮崎祐治さんと

京橋に在った「フィルムセンター」は、
去年4月から名称を変えて、現在は「国立映画アーカイブ」といいます。

きょうは、その国立映画アーカイブの企画展示にかみさんと行ってきました。

キネマ旬報創刊100年記念 
「映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事」



宮崎祐治さんは、
むかしから文芸坐や映画のイラストを描いてくださっています。

宮崎祐治さんは、
ホントは『ファイト一発 リポビタンD』などのCMディレクターです。
また、『世界の車窓から』シリーズのTVディレクターでもあります。

しかし、文芸坐キネマ旬報で有名なイラストレーターでもあります。

その宮崎さんのイラストが国立映画アーカイブで企画展示されるというので、
我が家に有った物を御貸ししたというワケです。

文芸坐とむぅむぅ(三浦大四郎・義父)のコーナーもあって必見です。

8月25日まで!



交通事故

2019年04月22日 20:57

きょうの午後、
熊本市の国道でバイクと幼稚園の送迎バスにトラックが衝突する事故があり、
園児4人を含む8人が怪我をし、バイクとトラックの運転手が心肺停止の状態。

しかし、お二人は病院に搬送されましたが、亡くなられたようです。


先週、
4月19日金曜日に東池袋で起きた高齢男性が運転する乗用車の暴走事故では、
8人が重軽傷を負い、31歳の母親と3歳の女の子が亡くなっています。

昨日4月21日日曜日は、神戸市のJR三ノ宮駅前で市営バスが横断歩道に侵入し、
歩行者8人をはね、6人が重軽傷を負い20歳の女性と23歳の男性が亡くなりました。

これらの事故だけで、20人が重軽傷を負い6人の方が亡くなられたことになります。

いずれも、その原因がハッキリしない事故であります。


車を運転するときも、道を歩くときも、
或る一定の交通ルールや運転手や歩行者に対する信頼感が元にがあるものですが、
それも疑って運転し歩行しなければいけないようになったのだと感じます。

「踊るヤマンバ」

2019年04月21日 22:49

昭和芸能舎公演「踊るヤマンバ」

孫が嫁さんの実家に行ったので、
きょうはこれから昭和芸能舎公演「踊るヤマンバ」観劇。

昭和芸能舎は、 
2001年に脚本家の羽原大介さんと、
我が後輩・及川いぞうが旗揚げした演劇集団。

平成も残すところ9日だが、
昭和のバブル時代の幻影を追うように平成に流行った
”ジュリアナ”や“ガングロ・ヤマンバ”といった風俗を、
“昭和”と銘打った演劇集団が芝居にするのもオモシロイ。

他人事ではない。

2019年04月20日 17:53

今更ながら、
車は凶器になるということを自覚しなければならない。


若い母親と3歳の女の子の命を奪い、
多くの人々に大けがを負わせ、
被害者と被害者の家族を恐怖と絶望に追いやる。

そして、
加害者と加害者の家族たちの人生を狂わせて、
贖罪の苦しみに心を押しつぶす。

勿論、こんな出来事は誰が望んだわけでもない。
望んだワケでなくても、車は事故を起こすことがある。

ましてや、
あおり運転や飲酒運転、暴走運転や危険運転など以ての外だ。

運転能力が低下している自覚がなかったのか、
過信があったのか、こんな事が起きるまでは。

周囲の人たちも運転を止めさせられなかったのか、
習慣的に捉えていたのか、こんな事が起きるまでは。


わたしも、
亡くなった父に、運転免許返納を説得できなかった。

父が運転していて、深夜まで彷徨ったことがある。

「天竜川を右に見て走っていたんだ」という。
深夜のこととて、天竜川のこちら岸でも向こう岸でも、
登りでも下りでも、天竜川を右に見ることはできる。

保険の仕事をしている親戚から、
車の物損事故の傷が絶えないと言われたこともある。

それでも、説得ができなかった。
だから、他人事とは言えないし、言う資格もないと思う。

結局、
父は身体が動かなくなり、自分から運転をやめた。


事故は、わたしたちが暮らしている日常の空間で起きた。

池袋駅西武池袋本店の建物を背にして護国寺に向かう
グリーン大通りが途中から首都高速5号池袋線と並行する。
路を少し入れば、孫を連れて散歩する「南池袋公園」や、
雑司が谷霊園」が在る。

事故が起こった横断歩道の傍には「大勝軒本店」が在り、
息子が一時アルバイトしていたこともあって、先日嫁が訪れた。

被害者のことも、加害者のことも、他人事ではない。


さて、
せめて、この事故を教訓にして社会を変えなければ、
母子が浮かばれない。

母と子の命の代償は限りなく重い。


合掌




区民ひろば独占だ!

2019年04月19日 14:27

アンパンマン

暖かい一日でした・・・っちゅうか、暑かった!

我が家の部屋も温度が上昇しましたので、
雑司が谷鬼子母神にお詣りしたあとで、
近所に在る「区民ひろば」に行ってみました。

利用登録カードを作っていただいて、
広い“ひろば”を利用させていただきました。

広い“ひろば”には、マットも敷きつめた所もありまして、
おもちゃや絵本なども充実しています。

「口をつけたおもちゃは棚の上のカゴに入れてください」
そんな掲示もありまして、カゴいっぱい入れました。

1歳くらいの男の子と、
そのおかあさんらしき先客がいましたが、
すぐに帰っていってしまいましたので、
広い“ひろば”を独占して遊ばせていただきました。

それにしても、アンパンマンは最強であります。




最新記事