FC2ブログ

番頭長九郎

2018年10月31日 18:59

去年10月の新橋演舞場公演スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」で不慮の事故に遭い、
左腕を骨折した四代目市川猿之助丈がカーテンコールにサプライズ登場してから、
昨日で一年が経ちました。

猿之助さんのサプライズは、やがてミラクルになるのだろうと思っておりましたが、
その快復の早さは奇跡的でした。

さて、その市川猿之助さんが主演を勤める、
来月12月の歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」夜の部「法界坊(隅田川続俤)」で、
猿之助さんは勿論ですが、中村歌六さんと息子が共演させていただくことになりました。

うちのカミさんは、中村歌六さんを昔から「おにいちゃん」と慕っている間柄で、
歌六さんの、亡くなられたお母様やお祖母様の小川ひなさんにも可愛がって頂きました。

そんな関係でしたから、
2歳だった息子を連れて、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の初演を観に行ったことが、
息子の歌舞伎好きのキッカケとなり、歌舞伎役者になる起点になりました。

むすこ曰く、「それでも苦節10年かかった」というものの12歳で歌舞伎役者にして頂き、
現在に至るワケですが、「法界坊」では番頭長九郎というお役を勤めさせていただきます。

番頭長九郎は、
法界坊(猿之助)と組んで恋敵の手代・要助(中村隼人)を陥れようとする悪党なのですが、
吉田家の旧臣・道具屋甚三(歌六)に痛めつけられてしまうというお役です。

なんでも、
幹部俳優や中堅どころが担うお役なのだそうで、若い長九郎は珍しいのだそうです。

そんな難役を息子がどう演じますやら、歌六さんとの共演と併せて楽しみであります。

明後日11月2日初日

2018年「吉例顔見世大歌舞伎」

スポンサーサイト

最も危険な設問

2018年10月30日 15:12

尾畠春夫

被災地で、「困ったもんだ」という声があると聞いたことがあります。

「困ったもんだ」と云っているらしいのは、現地のボランティアセンターを運営しているスタッフの一部。

ボランティアセンターは、
当該の社会福祉協議会に全国の社会福祉協議会等から集まった人たちで
構成され運営されていることが多く、謂わば寄せ集めの組織なのです。

寄せ集めであるからこそ、運営方針や活動内容を話し合って決めながら活動しています。

その内容が、各地から集まってくるボランティアに伝達されます。
ボランティアたちは、その方針と指示に従って活動するのです。

したがって、
その枠から飛び出して活動をされると「困ったもんだ」となるのです。

「困ったもんだ」と謂われているのは、
被災地でスーパーボランティアと呼ばれている尾畠春夫さんです。

ボランティアセンターに依頼された作業以外に個人的にも仕事を請け、
決められた時間以外にも一人で作業をつづけ、山口で2歳児を見つけてからは、
テレビ局を連れて活動したりすることもあって「勝手だ」「和を乱す」というのです。

尾畠さんは、
何事も自己責任・自己完結が口癖で、ご自分の使命感だけで活動されています。

安田純平さん

さて、
シリアで3年4ヶ月間、拘束され虐待されていた安田純平さんに対して、
「失敗したんだろ」「帰ってくるな」「腹を切れ」といった心無い中傷がつづいています。

外務省が邦人に向けて退避勧告を出していたにもかかわらず、
勝手に入国して拘束されたのだからという短絡的な分析を基にしているようです。

被災地にもシリアにも行かず、
自宅の部屋で他人のことをネットで中傷しているだけの輩はどうでもいいのですが、
被災地やシリアに行くかもしれない輩、行ってもよいという覚悟をもった輩にとって、
尾畠春夫さんや安田純平さんは極めて危ない存在だと、わたしは思います。

多分お二人に共通するのは、
生き方を貫いたり使命感を達成するためには“死んでも構わないという覚悟”を持っていることです。

それは、
先の戦争で玉砕したり突撃したりした戦地の兵士たちのメンタリティーと、
わたしのなかでは重なるからです。

生きて虜囚の辱めを受けず」という
「生きること」や「囚われること」、「失敗すること」、「負けること」を“恥”とし、
死を選ぼうとするメンタリティーです。

そのメンタリティーこそが、玉砕や特攻を認めてしまう日本人の危うさです。

わたしは、
特攻できず、腹を切れず、敗けて故郷の橋を渡って帰宅することを躊躇った、
終戦時16歳だった父に育てられました。

ですから、
わたしの人生は、そのメンタリティーとの闘いであり、葛藤だったと言えます。

他人と闘っているのではありません。
自身の内面にも有る、そのメンタリティーとの闘いであり、葛藤なのです。

以前、日本の集団的自衛権について、当時の与党・幹事長が、
「アメリカの若者が血を流しているのに日本の若者が血を流さなくていいのか?」
と発言したことがありますが、わたしは日本人にとって最も危険で厄介な設問だと思っています。

菊花

2018年10月29日 17:24

菊

春の味覚といえば、
「たけのこ」、「菜の花」、「タラの芽」、「うど」、「ふきのとう」などがあります。

夏は、
「スイカ」、「トマト」、「トウモロコシ」、「枝豆」、「きゅうり」あたりでしょうか?

菊花

秋はと云えば、“天高く馬肥ゆる秋”というくらいですから、
「新米」、「さつまいも」、「栗」、「銀杏」、「南瓜」、「松茸」、
「秋刀魚」、「牡蠣」、「みかん」、「りんご」、「柿」、「梨」、
「ボジョレーヌーボー」・・・。美味い物がたくさんあります。

そこで、
きょうは「菊の花」をご紹介。

誰もが召し上がっている物ではないかもしれませんが、
秋という季節を感じさせてくれる香りと食感であります。

我が家では、カボスをかけていただきます。

菊花のお浸し


昼食

2018年10月28日 18:41

恋人、こども、孫、犬、猫、旅行、結婚式、そして美食の写真などは、
ときに嫌われることがあります。

SNSは、いろいろな人たちがいろいろな想いで見ているからであります。

そんな、
いろいろな人たちにとっては、癇に障るかもしれない写真を載せました。

昼食

きょうは久しぶりにカミさんが、
「外で昼食を摂りたい」と言い出したので遅いお昼を食べに出掛けました。

孫たちのことを話して、息子たち夫婦のことを話して、友達の話をして・・・、
外で食事をすると、会話が弾みます。

酒量も弾みます。
したがって代金も弾みました。

カミさんは、
これで今宵、軽いつまみだけで心置き無く広島を応援できるというものです。

1勝目



桶屋が儲ける

2018年10月27日 18:05

ゴア

10月も終わろうというきょう、北海道では局地的に強い雨が降って、
大雨洪水警報が出た札幌市の一部の地域に避難準備情報が出されました。

一方、中心気圧905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速60メートル、
最大瞬間風速85メートルという猛烈な台風26号が午前9時現在、
毎時25kmでフィリピンに向かっています。


さて、
風が吹くと土埃が立つ、それが目に入って盲人が増える、
盲人は食い扶持に三味線を買う、すると三味線の皮に使う猫の皮が必要になる、
そこで猫が殺されるていなくなるので、ネズミが増える、ネズミが桶をかじってしまう、
だから桶の需要が増えて桶屋が儲かる。

風が吹いたら桶屋が儲かる」ということわざです。

きょうは、
ドキュメンタリー映画「不都合な真実2 -放置された地球-」を観ました。

これは、ドキュメンタリー映画「不都合な真実」(2006年)の続編で、
気候変動問題に取り組むアル・ゴア元米国副大統領の活動を追って、
2016年のパリ協定調印までの道のりに焦点が当てられています。

映画は2016年4月のパリ協定調印で終わりますが、
トランプ大統領は「地球温暖化は丁稚上げだ」だと批判して、
2017年6月に協定からの離脱を表明しました。

もはや、
わたしたち一人ひとりが桶屋で、桶屋が風を吹かしているような状況です。
“桶屋が儲かる”のではなく、“桶屋が儲ける”のです。
しかし、そんな桶屋が住む地球は長くありません。

「でえく」2018

2018年10月26日 18:13

浅草寺

きょうは浅草。

お詣りして、
わたしの好物のトンカツ定食をいただき、
カミさんの好物の煎餅を土産に買いました。

浅草寺五重塔

そして、
木馬亭語り芝居の会の「でえく」を観ました。

例年どおり三人の先輩が出演しております。

昼席は「寿限無」、「船徳」、「文七元結」の三席。

年々お元気になる先輩たちでありました。

木馬亭

いわんや拉致被害をや

2018年10月25日 17:27

安田さん

2005年春の或る日、
階下で玄関のチャイムの音が聞こえました。

カミさんが応じる声が聞えたと思ったら、
突然カミさんのギャー!!という声がして、
すわ強盗かと構えて階下に降りてみると、
次男が我が家の玄関に立っていました。

息子は、ロサンゼルスの学校に留学中でしたが、
バックパッカーで中南米に向かったと聞いたのが、
その約1ヶ月前のことでした。

何処まで、いつ迄の旅行かも明らかにせず、
気ままにバックパックするという趣旨でした。

しかし、
メキシコに向かって出発したらしいという日から、
カミさんの眠れない日々がつづいていました。

その前年には、バックパッカーの日本人青年が、
イラクでテロリストに惨殺されるという事件が起きました。

イラクに派遣された自衛隊の撤退を条件にしたテロリストが、
バックパッカーの日本人青年を人質にしたと事件でした。

寝ても覚めても、息子の安否を心配する日々でした。
それが、突然玄関に息子が現れたのですから、
カミさんが叫び声を挙げたのも無理からぬことでした。

息子は、メキシコを経てグァテマラまで行ったところで、
現金を盗られてメキシコまで戻り、アルバイトしたお金で、
なんとかロサンゼルスに戻った足で帰国したというのでした。

いま振り返っていると、たかだか約1ヶ月間の出来事でした。
それも自分勝手に行った“バックパッカー”の旅でのことです。


それが、“ジャーナリスト”の安田純平さんは3年4か月間。
それも、テロリストに拉致拘束されて先が見えない3年4か月。

奥さまやご両親が、どれほどお辛い思いをされたか・・・、
それは、わたしたちの想像を絶する程だったことでしょう。

いわんや北朝鮮による拉致被害者をや!!

横田めぐみさんが、
学校帰りに拉致”されて、来月15日で41年が経ちます。

自己責任論

2018年10月24日 23:59

「勝手に行ったのだから自己責任だろう」

「日本政府は救出する必要はない」

「行ってくれって頼んだ覚えはない」


2015年6月に内戦下のシリアで行方不明になり、
反体制派の武装勢力に拘束されたとみられていた、
フリージャーナリストの安田純平さんとみられる男性が、
解放されたようだという報道がありました。

この報道の通りだとすれば、本当によかったと思います。

この3年半という長い時間、心労がつづいていたであろう
奥さまやご両親をはじめ、多くの支援者やご友人たちと、
多くの国民と共に、喜びたいと思います。

しかし、
世の中に上記のような意見が散見されるのも事実です。

ジャーナリストというお仕事の意味をご存知ないのか、
日本政府の役割というものを理解されていないのか、
ただ悪意を向ける対象として発露しただけなのか判りませんが、
安田さんには、それに臆することなく堂々と帰国して頂きたい。

たとえ行方不明になった人がバックパッカーであったとしても、
その人を救助するのは日本政府の役割なのでありますが、
自己責任論でいうと、被災地で活動するボランティアも自己責任です。

しかし、
被災地へ往復する途中で事故に遭っても、救助しなくていいでしょうか?
活動中に作業で怪我を負ったとしたら手当しなくてもいいのでしょうか?

モチロン、何かあったときのために各自ボランティア保険をかけています。
だから、すべては自己責任なのだから「手も口も出すな」と言いますか?

ですが、
ボランティア自身は自己責任を自覚しています。その覚悟で活動しています。

呉の被災地で出逢った尾畠春夫さんも“自己責任”、“自己完結”と言っていました。
安田純平氏も、同じでしょう。

しかし、
もし、尾畠さんが二歳児を助けに行って山で遭難したら助ける必要はありませんか?

だから安田さんは、正々堂々と「助けてくれと頼んだ覚えはない」と言えばいいのです。



みかん2018

2018年10月23日 18:00

みかん園

温州みかんの収穫が始まっています。

温州みかんには、
この時季に採れる極早生(ごくわせ)みかん、
年内が旬な早生(わせ)みかん、
年内に採って正月前後から食べると最も美味い中生(なかて)みかん、
年内に採って長期貯蔵が可能で3月になっても美味い晩生(おくて)みかん。

弟が、
採れたての極早生みかんを送ってくれました。

欲しい方は云ってください。売ってます。


【極早生・早生】
大小混合品5kg箱:2,800円、10kg箱:4,300円

【中生品種片山】
2S・3Sサイズ5kg箱:2,500円、10kg箱:3,800円
Sサイズ5kg箱:2,800円、10kg箱:4,300円
Mサイズ5kg箱:3,200円、10kg箱:5,000円
Lサイズ5kg箱:3,200円、10kg箱:5,000円
2L・3Lサイズ5kg箱:2,200円、10kg箱:3,500円

価格は税込みですが、送料が別途かかります。

お申込みは、
◆ご依頼主様のお名前・ご住所・お電話・FAX・メールアドレス・ご注文品・お支払い方法
◆お届け先様のお名前・ご住所・お電話・ご希望配達時期
以上の情報を以下のメールアドレス宛てにご送信ください。

日下農園:kusakanouen.tyumon@gmail.com

極早生みかん

2018「吉例顔見世大歌舞伎」

2018年10月22日 23:59

2018年「吉例顔見世大歌舞伎」

今月の大阪松竹座興行
昼公演のはじめから豚の立ち回り、
夜公演の最後にはずぶ濡れになって、
奮闘している息子ではありますが、
来月は歌舞伎座夜の部にお目見えいたします。

隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」所謂「法界坊」です。
序 幕 向島大七入口の場より、大喜利 隅田川渡しの場まで

法界坊は、市川猿之助
おくみは、尾上右近
手代要助は、中村隼人
野分姫は、中村種之助
奴の五百平は、坂東巳之助
道具屋甚三は、中村歌六丈、

他に、
中村雀右衛門
市川團蔵
市川門之助
市川寿猿
中村吉之丞

そして、
息子は、番頭の長九郎というお役をいただきました。


日本シリーズはテレビで

2018年10月21日 21:21

2018日本シリーズ出場広島カープ

リーグ三連覇して、セ・リーグCSファイナルステージにも勝って、
日本シリーズへの出場が決まった広島カープだったのですが、
カミさんの関心事は、専らパ・リーグCSファイナルステージでした。

実は、
フラダンスの本番を控えているカミさんのスケジュールからすると、
日本シリーズを観戦できるのは、所沢球場だけだったのです。

広島も福岡も、遠い!

それで、
チケットの先行予約の申し込みまで済ませていたカミさんにとって、
西武ライオンズの活躍に期待するしかなかったのでありますが、
ざんねんでした。


日本シリーズの本番は、第1戦10月27日(土)、第7戦は11月4日(日)です。

因みに、カミさんのフラダンスの本番は、11月3日(土)浅草公会堂です。

ソフトバンク


還暦同期会

2018年10月20日 23:59

12期還暦ケーキ

1977年(昭和52年)4月に入学してから41年を経て、きょうは同期の還暦同期会。

同期は、今年度中に全員が還暦を迎えます。

老けたんだか、若々しいんだか・・・、でも全員還暦。

「健康で!」、「身体を大事にして!」という声が飛び交う同期会でした

12期還暦同期会2018never年10月20日


最新記事