羽衣ジャスミンとモッコウバラ

2018年04月12日 17:05

羽衣ジャスミン 006

9年まえのことです。

この季節、
我が家のベランダのフェンスに絡みついた蔓木が小さな花をつけました。

つぼみのときには、薄いピンク色をしておりましたが、
やがて、花を咲かせると健気な白い花を咲かせました。

元々、ご近所さんが植えていらしたものが、
ご近所さんと我が家を隔てているベランダのフェンスに絡みつき、
我が家の借景となったのでした。

その花の名は「羽衣ジャスミン」と謂います。
羽衣ジャスミン」は花を咲かせると独特の香りを放ちます。
以来、この季節に我が家一帯に甘く芳しい香りが漂うことになりました。

たまたま、ご近所から恵まれた花ですが、我が家の花になりました。

しかし、
可愛い花ではありますが、香りがつよいために花ことばは「誘惑」です。

モッコウバラ

ところが、
ことしは、黄色い花が「羽衣ジャスミン」を席捲するように咲きました。

羽衣ジャスミン」同様に、
ご近所から我が家のベランダに絡んで繁茂した常緑の蔓性の木です。

その花は「モッコウバラ」と謂います。

モッコウバラ」は、
病気・害虫に強く生育が早く花を多く咲かせる元気な木です。

また、
バラという名がついているものの、棘がなく理想的な性質を持っていることからか、
モッコウバラ」の花言葉は、「純潔」、「素朴な美」、「あなたにふさわしい人」です。

羽衣ジャスミン」と「モッコウバラ」、仲良く共存してくれたらいいのですが。

「モッコウバラ」
スポンサーサイト


最新記事