FC2ブログ

指示・命令

2018年03月14日 18:00

読売新聞の昨夜の報道です。

『決裁文書の添付書類、1枚を削除…15年6月』
学校法人「森友学園」との土地取引に関する決裁文書の書き換え問題で、財務省は13日、同省近畿財務局が2015年6月頃にも、書き換えのあった14文書のうちの一つに添付されていた書類1枚を削除していたことを明らかにした。


これが本当であるなら、
去年2月から所謂「書き換え」と謂われる「改ざん」が行われていたのではなく、
3年前から改ざん行為があったということになります。

これまでにも、
政治や行政の世界の不祥事や疑獄事件は数多くありました。

汚職、贈賄、収賄、贈収賄、利益誘導、口利き、着服、使い込み、
セクハラ、パワハラ、ダブル不倫、エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ・・・。

しかし、
今回起こった事件は、これまでとは内容的にも規模から云っても、
前代未聞の、まさに歴史的な未曾有(みぞうゆう)の大事件でしょう。

国家の公文書である「決裁文書」を書き換えて、
フィクションを捏造し、事実を改ざんしてしまったという、
民主国家としては、絶対にあってはならない犯罪です。

或る意味では、
政治腐敗や疑獄事件や偽装や構造計算書偽造などとは比べものにはならない
我が国の民主政治の危機かもしれないのです。

政府や政治家や一部の官僚の意志が“忖度”されたり、
政府や政治家や一部の官僚の意志で、政策が変更され、
その決裁文書が改ざんされているのに、国民がそれを知らされないとしたら、
これほど危うい国家というものはありません。

その国家が自衛隊を保有し、外交を司っているワケですからね。

しかし、
それほどの“大事”を、役人が勝手に行うでしょうか?

ここはやはり、
“忖度”があったというよりは、“指示・命令”があったとみるのが自然でしょう。


スポンサーサイト


最新記事