FC2ブログ

月に叢雲、花に風

2018年03月01日 23:59

きょうは3月、きのうは2月。

たった一晩のことでありましたが、
急に“春”がやってきたような東京であります。

梅の花でも飛ばされてしまったのではないかと、
心配になるような強い風でありました。

しかし、
月に叢雲(むらくも)、花に風」と申します。

とかく、
人生には予期せぬことが起こるものですが、
天気も人生もそんなものだと予想しておけば、
そう怖いものではないのかもしれませぬ。


さて、
恩師を偲ぶ会の準備が佳境を迎えました。

きょうで都合7回の打ち合わせと、2回の下見を行いました。
各人各所への御案内も済ませました。

あとは、
当日、ご参加の皆様が滞りなく恩師を偲びお別れができれば、
わたしはお役御免です。


 勧君金屈巵
 満酌不須辞
 花発多風雨
 人生足別離 

これは、
井伏鱒二さんの訳詩集「厄除け詩集」に収録されている
唐の于 武陵(う ぶりょう)という人の詩ですが、
井伏鱒二さんの訳詩「勧酒」が有名ですよね。

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

人生には、いずれ別れのときもくるだろうが、
お互いに、此の世で出逢えたことを歓んで、
共に飲んでいるこの酒を大いに愉しもうぜ。
というような意味でしょうか。

偲ぶ会当日は、
多くの仲間と共に、恩師と美味い酒を飲みたいと思います。

厄除け詩集



スポンサーサイト


最新記事