肉の日

2018年02月09日 20:14

豚のしょうが焼き

毎月29日は、「肉の日」なのだそうであります。

ことしの2月は29日がありませんが、その代わり、
2月9日が年に一度の「肉の日」なのだそうです。

これが閏年だったら、
2月は9日と29日の2回で、年13回の「肉の日」です。


ということで、
焼き肉でもステーキでもなく「しょうが焼き」を作りました。

しょうが焼きと言えば豚肉ですが、ロース肉を使います。

タレに漬け込むので、いつもは厚めのものを使うのですが、
きょうは、普段より少し薄めの肉を使いました。

漬け込みダレは、濃い口しょうゆ、赤ワイン、日本酒を適量、
そこに生姜とリンゴを適当にスリおろします。

リンゴが無ければ、たまねぎをスリおろしても結構です。
リンゴもたまねぎも無ければ、無いままでも結構です。
このタレに豚肉を30分から1時間ほど漬け込みます。

ところで、
わたしのしょうが焼きは、火加減と焼き方にこだわります。

肉の両面に火がとおってから、漬けダレを少々垂らし、
それで少し焦げ目が付いたところでフィニッシュですが、
「肉の日」は、「肉の火」にも気をつけましょう! 

その豚肉のしょうが焼きは、
山盛りのキャベツの千切りとマヨネーズを添えれば出来上がり。
                          



スポンサーサイト


最新記事