大晦日の墓参り

2017年12月31日 18:00

墓参

去年は、
大掃除のできない29日に墓参りして、
その帰りに、友人Rと待ち合わせて、
大久保で韓国料理を食べました。

去年の大晦日は、
午前中に、氏神様の氷川神社、近所の大鳥神社、
雑司が谷の鬼子母神堂、法不動堂、武芳稲荷堂、
穴八幡宮にお礼参りに回って、11時に病院。

むぅむぅ(義父)が、
自宅で年越しするために一時退院させようと、
迎えに行ったのでした。

かみさんが、
自宅に戻ったむぅむぅに年越しそばを出しました。

夜には稽古を終えて帰宅した息子と一緒に、
紅白歌合戦を観ていたむぅむぅでした。


きょうは、
お墓に着いたころから白いものが落ちはじめ、
墓参りの最中、今シーズンの初雪が降っていました。


スポンサーサイト

三浦家の湯豆腐

2017年12月30日 21:07

三浦家の湯豆腐

昨夜の夕食は、「おじや」でしたが、
きょうは、かみさんが湯豆腐を作ってくれました。

この湯豆腐は、三浦家特製の湯豆腐です。

昆布出汁に、
豆腐(絹)とタラコと少々の長ネギを入れただけ。
それを、薬味ネギと出汁醤油でいただきます。

きょうは、焼酎を一杯だけ。

湯豆腐

おじや

2017年12月29日 20:38

おじや

実は、
昨日から、夫婦揃って体調を崩しています。

わたしは、
きのう、お宮やお寺にお礼参りに行って、
帰って来てから調子がワルくなりました。

べつに罰が当たったワケではありません。

かみさんは、
夜になって、突然不調を感じたといいます。

症状の違いはあるものの、
寒かったことと、胃腸の調子がワルいという点は同じです。

そんなワケで、
昨日は、二人とも食事も摂らず、早々に床に入りました。


さて、今朝になって、
なんとか床から起き上がりましたが、まだ本調子ではありません。

脱水状態に陥らないように水分は摂りましたが、
二人とも、一日中食事を摂らずに過ごしました。

そこで、
今夜、夕食には遅い時間になって、
やっと「おじや」を作って食べることにしました。

出汁に椎茸と葱と小松菜をたっぷり入れ、
卵を溶いて青ネギを大量に撒いて出来上がり。

二日もつづけて酒を断つと、
ものすごく得した気分になるのですが、二日が限界です。 




お礼参り2017

2017年12月28日 19:13

穴八幡宮

きょうは朝から、
雑司が谷の鬼子母神堂。

近所の大鳥神社。

氏神さまの氷川神社。

早稲田の穴八幡宮。

祈祷して授けていただいたお札は納め、
お礼参りをして、新たなお札を授かって参りました。


「永曽信夫先生を偲ぶ会」

2017年12月27日 16:15

【永曽信夫先生を偲ぶ会】のご案内をさせていただきます。

ことし9月2日、演劇科の元教授・永曽信夫先生がご病気により急逝されました。

5月に催された演劇科同窓会のパーティーには富山から駆けつけて下さり、
とてもお元気なご様子でしたので、突然の訃報にただ驚くばかりでした。

ご葬儀は、お住まいだった富山でご親族葬として執り行われましたが、
未だに多くの人達は先生とのお別れが済んでおりません。

そこで、桐朋学園芸術短期大学、桐朋学園の退職者、
演劇科卒業生の中から有志が集まり「偲ぶ会」を計画いたしました。

有志代表は、
永曽信夫先生と同様に草創期から演劇科の礎を築いて下さった石澤秀二先生です。

つきましては、有志による5回の打ち合わせと2回の下見を経て、
以下のとおり「永曽信夫先生を偲ぶ会」を催す運びとなりましたので、
年度変わりの時期でご多用中とは存じますが、多くの皆様と共に永曽先生を偲びつつ、
お別れをしたいと思いご案内する次第です。

この偲ぶ会は、桐朋学園関係者が有志として企画しましたが、
演劇界をはじめ、ありとあらゆる分野の方々に呼びかけをしています。
永曽先生の影響を受けられた多くの皆さまにお集まりいただきたいと思ったからです。

つきましては、お誘い合わせの上ご参集いただければ幸甚に存じます。

日時:2018年3月24日(土)14時30分~16時(受付開始13時30分)
会場:桐朋学園演劇科「小劇場」
会費:3,000円(当日受付にて申し受けます)
お問い合わせ先:事務局・三浦秀和(演劇科12期)goodjobcoach@yahoo.co.jp 

※ご香典・ご供花などは固く辞退させて頂きます。
※当日は平服でご参加下さるようお願いします。

「永曽信夫先生を偲ぶ会」



待った

2017年12月26日 23:59

【愚痴】

銀行で、或る手続きと振り込みを一件、
区役所で、或る申請に必要な証明書を一通、
郵便局で、62円の切手を10シート購入。

どこもかしこも混んでいた。

留守をしている間に宅配便が来て再配達依頼。
訪問があるハズの人からの連絡がない。
夜は、ずっと懸案になっている案件の電話。

待たされ、待たされつづけて一日が終わった。

待たされるのは、苦手だ。


かみさんは、
まだ帰ってこない。



「深川不動尊」お礼参り

2017年12月25日 16:43

深川不動堂

深川に行ってきました。

深川は、母方の三代前のご先祖が、
明治維新以前に住んでいた町です。


最寄り駅は、
東京メトロ東西線門前仲町」です。
江戸っ子は、略して「門仲(もんなか)」

門前仲町」という駅名にある「門前」とは、
深川不動尊」と「富岡八幡宮」のこと。


去年の2月に、
深川不動尊」で護摩祈祷して頂いたので、
そのお礼参りに行ったのでした。

お祀りしていた御札をお納めして、
御祈祷を受け不動明王のご加護をお願いし、
新しい御札を頂きました。

ところで、
深川不動尊」の隣は「富岡八幡宮」です。

その境内に「深川めし」の老舗が在りますが、
休憩時間中だったので、その近くの蕎麦屋へ。

クリスマスに「かけそば」をいただくのも、おつなもんです。

かけそば




“女子”高校生時代

2017年12月24日 15:38

女子高生

父の遺品を整理したときに、
わたしのアルバムを見つけて、持ち帰った。

大掃除のついでに、
何十年ぶりかでそれを開いてみると、こんな写真が出てきた。

43年前、わたしたちの“女子”高校生時代の写真・・・。

一人は、日本一高く売れるマスクメロンを作っている。
一人は、日本一の温州みかん産地の組合長をやっている。
一人は、故郷の愛媛に帰って議員になったと聞いている。
一人は、製造業の会社を立ち上げた。

わたしは一番右端に写っている。
あのころは美しかったケド、生意気な顔してるワ。


トマト酢

2017年12月23日 16:45

トマト酢

血圧サージかと思っていたら、
一日中、高血圧が下がりません。

上が160前後、
下が100前後といったところです。

そんなとき、
高血圧な人に適しているという、
「トマト酢10日分のトライアルセット」
という広告を見ました。

早速、取り寄せました。

医師が処方してくれる降圧剤ではなく、
できれば、こういったトクホを摂って、
体質改善できればと思ったからです。

まっ、
毎日トマト酢飲むよりも、毎日酒を飲まない方が、
もしかしたら、効果があるのかもしれませんがね。



家族

2017年12月22日 23:21

あなた、リンスで全身洗っちゃう人っ?

ユニークなコマーシャルを見た後に、
命が産まれる…、
命を産むテレビドラマ…。

同じ人間として、圧倒的な母親の凄さを痛感する。

そして、
生まれた人間にとっては、
この世で出会った人たちが、この世の“家族”…。

それにしても、このドラマの主役は、
産まれたばかりで出演している“赤ちゃん”。

どうやって、撮っていたんだろう?

今年のテレビドラマ、
「やすらぎの郷」も「陸王」もよかったケド、
「コウノドリ」、
Good job!!

血圧サージ

2017年12月21日 16:54

朝起きて、トイレを済ませて、洗顔をし、
洗濯物を洗濯機に入れて回しましてから、
ゴミを出します。

金魚にエサを与えコーヒーを淹れる間に、
ご先祖さまに水を供え、線香を焚きます。

コーヒーをカップに注ぎ、一口含んだら、
家庭用の簡易血圧計を使って測定します。

今朝は、上が154、下が110でした。
昨日の同じ時間には、上が161、下が115。

一昨日は、上が166で下が120位でしたか。

明らかに高血圧です。
しかし、日中の血圧は正常値に戻ります。

こうした朝方だけ血圧が高くなる状態を、
「血圧サージ」というのだそうです。

「サージ」は「高波」という意味ですが、
一時的に血圧の「高波」が襲うワケです。

延いては、血管にダメージを与えますし、
脳や心臓の血管障害の元になるワケです。

ただでさえ血圧が上がっている朝方には、
トイレの便座に腰かけた時に冷たかったり、
洗顔時に冷たい水を使ったり、ゴミ出し時、
薄着のままで急に外に出たりしますと、
血圧が急上昇して、危ないワケであります。

ましてや、朝風呂は致命的かもしれません。



新橋演舞場「初春歌舞伎公演」

2017年12月20日 14:07

2018年新橋演舞場「初春歌舞伎公演」

ことしもあと十日。

歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」公演も、あと一週間で千穐楽を迎えますが、
既に、来年一月公演のお稽古が始まっています。

ことし、大切な人を亡くした役者たちも、
新しい年に向けて、お稽古に励んでおります。


市川弘太郎は、
一月、新橋演舞場「初春歌舞伎公演」に出演させていただきます。

Aプロは、
「天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)」の山名時五郎

Bプロは、
通し狂言「日本むかし話(にほんむかしばなし)」は亀吉・黄鬼・大伴御行

以上、相勤めます。


最新記事