「居酒屋兆治」

2017年05月19日 17:05

「居酒屋兆治」

唐突な余談ですが、
テレビ朝日の平日昼に放送されている連続ドラマ「やすらぎの郷」に、
高倉健さんを連想させる秀さんという人物が登場します。

主人公の妻は既に亡くなっているのですが、元は女優でした。

主人公は、
その妻と秀さんとの間にむかし何かあったのではないかと疑っています。

すると、
或る日、秀さんが「奥さんの位牌を拝ませてほしい」と訪ねてきます。

位牌を前にして、
秀さんは、黙ったまま、主人公の妻の若かりし頃の水着姿の写真を、
約30分間も見つめつづけます。

その異様な姿を見た主人公の胸中は、穏やかではなかったのでした。


さて、
本日の文芸坐三浦館上映の作品は、高倉健主演「居酒屋兆治」であります。

山口瞳の小説を原作とした1983年公開の、
監督・降旗康男、撮影・木村大作コンビの作品であります。

しかし、
正直に言ってわたしはこの物語が好きではありません。

ささやかながら、居酒屋を営む幸せな夫婦の間に、
旦那の元彼女の影が忍び寄るという物語だからです。

概ね男性は、この物語に登場する元彼女(大原麗子)が
美しくも哀れに思えるのでしょうが、女性から見たら困った存在でしょ?

ですからどうもこの映画は男性の側から創られたような気がします。

但し、この物語と現実の大原麗子さんの死が重なって、
より美しく見えることは否定しませんけどね。


そういえば、
大原麗子さんが亡くなって、
高倉健さんが独りで大原麗子さんの墓参りをしたのだそうです。

墓前で約30分間も、黙って手を合わせていたといいます。


スポンサーサイト


最新記事