「ロッキー」

2017年05月17日 17:55

「ロッキー」

貴方、片腕立て伏せってできますか?

わたしは、
若いときにはできましたが、もうできません。

両腕でも、何回できるでしょう?


さぁ、ついに文芸坐三浦館に「ロッキー」の登場であります。

ロッキー」が公開された1976年は、わたしが二十歳になった年です。
母校の演劇科入学を目指してガン吹きの資材工場で働いて学費を稼いでいました。

そんな生活のなかで、休日に観たのが「ロッキー」でした。
わたし単純ですから、この映画には心底励まされました。

生卵こそ飲みませんでしたが毎日ジョギングして、
セメントや砂の袋を担いでスクワットしたり筋肉トレーニングをしていました。
それは受験の合否とはなんの関係もないことが後で分かったのですが・・・。
それでもロッキーには励まされました。

そして、
無名だったシルヴェスター・スタローンが脚本を書いて主演し成功するという、
アメリカン・ドリームにも、大いに励まされたのでした。

いまでも、あの音楽がかかると、片腕立て伏せがしたくなります。


スポンサーサイト


最新記事