「サンセット大通り」

2017年05月10日 17:59

「サンセット大通り」

本日、文芸坐三浦館が上映した映画は、
1950年公開のビリー・ワイルダー監督作品「サンセット大通り」です。

タイトルの「サンセット・ブルーバード」を、わたしも車で通ったことがありますが、
ハリウッドやビバリーヒルズにつづく華やかな道路です。

しかし、
その“陽気さ”に反してこの映画は怖い映画であります。
よくよく考えてみると“サンセット”は“日没”ですからね。

さて物語は、
世間から忘れ去られた無声映画時代の大女優が、
現実を受け容れられずにカムバックを妄想して起きる悲劇といったところでしょうか。

折しもテレビ朝日で平日の昼12時半から放送しているドラマ
やすらぎの郷」も現実と虚構を上手く重ねたところが見所であります。

それにしても、ほぼ宛て書きと思われる役柄なのに、
俳優諸氏におかれましては、よくぞ出演を承諾されたものです。


今朝は、
或る俳優の訃報に接しましたので「サンセット大通り」が、より感慨深い映画になりました。


スポンサーサイト


最新記事