チビチリガマ

2017年05月04日 17:30

チビチリガマ 2017年4月1日
「うその教育で…」 沖縄戦「集団自決」遺族が語る危機感 読谷・チビチリガマで慰霊祭
<沖縄タイムス2017年4月2日記事>



いまから16年前の2001年の5月3日・4日・5日、
二人の息子を連れて家族で沖縄に旅行しました。

次男が、
その年の6月にアメリカの高校へ留学する予定でしたので、
息子たちと一緒に“沖縄”を見たかったのです。

那覇空港に着いてレンタカーを借り、その足で旧海軍司令部壕跡へ行きました。


沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ


沖縄海軍の大田実司令官が自決直前に大本営に宛て打った電文を見ました。


1945年(昭和20年)3月26日に始まった沖縄戦は、
4月1日午前5時半から読谷山村の渡具知海岸に猛烈な艦砲射撃が開始され、
約20分間で12センチ砲以上が4万4,825発、ロケット弾3万3千発、
迫撃砲弾が2万2,500発が撃ち込まれ、午前8時半にはアメリカ軍が上陸しました。

こうして、上陸地の読谷山村(現・読谷村)の約1万8千人の人々をはじめとする、
沖縄の悲劇が始まったのでした。

その読谷村で、
通称「象の檻」と呼ばれた在日米軍の電波施設を見ました。

そして、
知花晶一さんのお宅を訪ねてご家族みなさんに再会しました。

知花晶一さんは、
坂手洋二さんの戯曲「海の沸点」の主人公のモデルになった方です。

海の沸点」は、
20年前の1997年、栗山民也さんの演出で演劇制作体地人会によって製作・上演され、
わたしは制作を担当しました。


知花家をおいとました後、
知花さんに場所を教えてもらった「チビチリガマ」に行き、慰霊させて頂きました。

チビチリガマ」は、
1945年(昭和20)4月2日、肉親が相互に殺し合う「集団自決」が行なわれた場所です。 
この洞窟の中で避難住民83人が亡くなったといわれています。

わたしたちは、
ハブを気にしながらも入壕できましたが、現在では許可なく入ることはできないと聞きました。


スポンサーサイト


最新記事