「幸福の黄色いハンカチ」

2017年04月10日 17:56

「幸福の黄色いハンカチ」

本日上映の文芸坐三浦館の映画は、「幸福の黄色いハンカチ」です。

1977年(昭和52年)に公開された山田洋次監督作品ですが、
高倉健が富士山をバックにした松竹映画に出演したことでも、
武田鉄矢の映画デビュー作品だったことでも、記念碑的な映画です。

ところで「幸福の黄色いハンカチ」で、
出所したばかりの主人公が食堂でビールとラーメンとかつ丼を注文するシーンがあります。

主人公は、そのビールを飲み干し、美味そうにラーメンをすすります。
この映画を観た帰路、何人の観客がビールとラーメンを注文したことでしょう。

高倉健は、この撮影の数日前から絶食してこのシーンに臨んだのだそうです。

高倉健は、
彼が尊敬する俳優の一人であるジャン・ギャバンの影響を受けていたといいます。

確かに、
ジャン・ギャバンという俳優は、酒を飲んでもなにか食べても美味そうでした。

わたしも昔は、
ジャン・ギャバンの映画を観た後で思いっきり煙を吐くように煙草を吸ったものです。

そして、短くなった煙草をピンと中指で弾いて捨てたりしたものですが、
今ではそれを「不法投棄」といいます。或いはそれは「放火」です。

幸せの黄色いハンカチ


スポンサーサイト


最新記事