母の八十八の誕生日

2017年04月04日 10:55

4月4日

昭和4年(1929年)に、わたしの父も母も生まれましたが、
きょう4月4日は、母の88歳の誕生日であります。

昭和4年という年は、
アメリカに端を発した世界恐慌の影響で、アメリカ向けの輸出が激減したことから、
生糸の値が大暴落し、翌年の米の大凶作と相まって農業恐慌が起こった年でした。

失業者が増え、飢餓や農家の子女の身売りに象徴されるような経済的背景のなか、
昭和6年には、関東軍の謀略による柳条湖事件をキッカケとした満州事変が勃発し、
昭和7年には、所謂血盟団事件五・一五事件が起きました。

昭和8年には、満州からの撤退勧告を受け、日本は国際連盟を脱退します。

昭和11年には、
皇道派の青年将校による二・二六事件が起き、軍部の暴走が顕著になりました。
昭和12年には、盧溝橋事件が起き、日中戦争支那事変)へと拡大しました。

そして、
昭和13年、全国民を一致団結させるための国家総動員法が成立しました。

昭和16年には、
思想弾圧の必要から春に治安維持法が制定され、年末には太平洋戦争が始まりました。

戦争は、数百万人と謂われる人々が死に、日本中が焦土となるまで続いたのでした。
それは「教育勅語」と「軍人勅諭」を心得とした日本人のメンタリティーの成せる業でした。

これが、わたしたちの父や母が生まれ育った時代でした。


きょうは、わたしの母の88歳の誕生日です。
母は、よい時代に生まれなかったかもしれませんが、よい季節に生まれたとは思います。

今年もまた桜を愛でながら、死んだ母の齢を数えております。



スポンサーサイト


最新記事