「タンポポ」

2017年03月16日 23:59

「タンポポ」

わたしの故郷浜松に「劇団たんぽぽ」という児童演劇の劇団があります。
わたしも小学生だったころ、毎年の学校公演で観劇していました。
わたしの演劇体験は、「劇団たんぽぽ」が最初でした。

その「劇団たんぽぽ」が、ことし創立70周年を迎えたのだそうです。


さて、
きょうの文芸坐三浦館は、たんぽぽはたんぽぽでも映画の「タンポポ」であります。

1985年公開の伊丹十三脚本・監督作品。
食と生と愛のオムニバス映画であり、映画へのオマージュでもあります。

主人公のタンポポを演じた宮本信子
タンポポを日本一のラーメン屋に育てるプロデゥーサーに山﨑努
渡辺謙加藤嘉安岡力也桜金造大滝秀治が周りを固め、
役所広司黒田福美岡田茉莉子嵯峨善兵田中明夫高橋長英橋爪功
藤田敏八原泉津川雅彦中村伸郎林成年井川比佐志三田和代
上田耕一篠井世津子、そして、この映画の撮影日の翌日に急逝された
大友柳太朗といった豪華キャストの布陣であります。

そして、
日本映画史に残る卵の黄身の口移しを演じたヤクザの情婦、
マナー講座でパスタを食べる女性たち、蕎麦屋の店員など、
我が先輩・同期・後輩たちも出演しています。

ところで、
タンポポ」の各エピソードは、どれもおもしろいのでありますが、
わたしがスキなのは、「蕎麦屋」と「中国料理店」であります。

「蕎麦屋」は、
大滝秀治さんが演じる「先生」と呼ばれている老人が、
蕎麦屋で、愛人から止められている天婦羅そばと鴨南蛮とぜんざいを注文して
蕎麦を平らげたあとでぜんざいのモチを喉に詰まらせるというエピソード。

「中国料理店」は、
中村伸郎さん演じる東北大学名誉教授を騙るスリが、
胡散臭い投資話に乗ったふりをして、高級北京ダックにありつき、
ついでに懐から札入れをすろうとして刑事にお縄になるというお話。

なぜ、この二つの場面がスキなのかと申しますと、
他の場面も、それぞれに食べ物や食べ方が美味そうなのですが、
特に、このお二人の食いっぷりがなんとも美味そうなのでありますよ。

ですから、これを観ると蕎麦と北京ダックが食いたくなります。

そこで、
きょうは、友人二人がわたしを食事に誘ってくれたので、蕎麦にしました。


ところで、上映開始してから後悔したのですが、
経口摂取が困難なむぅむぅ(義父)にとっては酷な映画でした。



スポンサーサイト


最新記事