「天井桟敷の人々」

2017年03月15日 18:43

「天井桟敷の人々」

本日の文芸坐三浦館上映作品は、
マルセル・カルネ監督作品、1945年公開のフランス映画「天井桟敷の人々」であります。

製作期間3年3ヵ月、製作費に16億円を費やしたという超大作で、
その時代からも判るようにフランス映画史上に残る名作と言われています。

ところで、
わたしが演劇科の学生になった1977年(昭和52年)5月、
天井桟敷の人々」の主人公を演じたジャン=ルイ・バローを、
観世能楽堂で行われた銕仙会主催のシンポジウムで観たことがありました。

観世寿夫氏、観世静夫氏、野村万作氏と共に舞台に立たれ実演されたのでした。

ジャン ルイ バロー

正直言って、
当時、バロー氏がなにを話しているのか理解が追いつかなかった覚えがあります。

しかし、シンポジウムが始まる前に、
ジャン=ルイ・バロー観世能楽堂の能舞台に口づけしているのを見た」と、
そのシンポジウムを主催した一人である恩師が話してくれたことがありました。

その話をしたときに、恩師が涙ぐんでいたことだけは憶えています。


そういえば、
わたしは昔、NHKホールの舞台で働いていたことがあるのですが、
或る時、舞台上でなにかの仕込み作業をしているわたし達のところに、
外国人の一団が、舞台の下見にやって来たことがありました。

話している言語は、どうもフランス語のようでしたが、
そのなかの一人が舞台の前面に立って客席を眺めながら、なにか指示していました。

彼が大声で話すフランス語がうるさかったのですが、
わたしは気にも留めず、作業をつづけておりました。

しばらくして、
皆になにか指示していた大声の中年のオッサンがわたしに近寄ってきて、
わたしに話しかけながら握手を求めるので、わたしも握手に応えました。

わたしだけにでなく、わたしの周りにいた他のスタッフにも握手して、
そのオッサンは、一団と共に賑やかに去ってゆきました。

後で判ったことでしたが、
その中年のオッサンは、イヴ・モンタンだったんです。

彼もまた、NHKホールの舞台にキスしていましたよ。
だから、フランス人はみんな舞台にキスするんじゃね?



スポンサーサイト


最新記事