「天国と地獄」

2017年03月31日 17:59

「天国と地獄」

本日文芸坐三浦館上映の映画は、
1963年(昭和38年)公開の黒澤明監督作品「天国と地獄」です。

何回観ても緊張させられる映画であり、
同時に人間の有り様に心動かされる映画であります。

この映画については記したいことが多すぎるのですが、きょうは一点だけ。


この映画が公開されたのは、いまから54年前の1963年の3月1日だったそうですが、
その年のきょう3月31日に「吉展ちゃん誘拐殺人事件」が起きました。

吉展ちゃんは当時4歳でしたが、
わたしより少しだけ年下の子がさらわれて殺された事件だったので印象に残っています。

この事件は2年後、
誘拐犯が逮捕され、遺棄されていた被害者が見つかって解決をみました。

ところが、この誘拐犯の供述から、
天国と地獄」の予告編を観たことが誘拐を思いついたキッカケだったことが後に判りました。

貧しい農家の11人兄弟の10番目として生まれ、足に障がいがあり、
困難な人生を過ごしてきたであろう犯人が目指した天国は、実は地獄だったワケです。


ところで、もしこの犯人が、
天国と地獄」の本編を観ていたとしたら、果たして罪を犯しただろうかと想像しています。




スポンサーサイト

「野良犬」

2017年03月30日 18:11

「野良犬」

本日文芸坐三浦館上映の映画は、
黒澤明監督、主演三船敏郎の1949年(昭和24年)公開映画「野良犬」です。


さて、1947年(昭和22年)公開の「銀嶺の果て」は、
黒澤明が脚本を担当した谷口千吉監督作品ですが、
志村喬主演で三船敏郎にとってはデビュー作でした。

その翌年の1948年(昭和23年)公開の黒澤明監督作品「醉いどれ天使」で
三船敏郎志村喬とW主演します。

そして1949年(昭和24年)には黒澤明監督の大映作品「静かなる決闘」でも
三船敏郎が主演し志村喬と共演しています。

そして本作「野良犬」が、
黒澤明志村喬三船敏郎が組んだ映画としては4作目ですが、
この作品で“黒澤映画のゴールデンコンビ”が完成したのではないでしょうか?

いや、
三人だからゴールデントリオですね。仲代達矢さんも入れたらゴールデンカルテット。

その後、このゴールデントリオは多くの名作を創ってゆくことになりますが、
それにしても、この三人の出会いは、なんとも羨ましいものであります。

黒澤明監督にとっても、俳優・志村喬三船敏郎にとっても、
他にこれほど幸いな出会いはなかったでしょう。


もし、この出会いをプロデュースした神がいたのだとしたら、goodjob!


「エンタツ・アチャコの新婚お化け屋敷」

2017年03月29日 18:39

エンタツ アチャコ

貴方は、「エンタツ・アチャコ」をご存知でしょうか?

エンタツは、横山エンタツ、アチャコは、花菱アチャコ
昭和の漫才コンビでありますが、“しゃべくり漫才”の元祖です。


というワケで、本日文芸坐三浦館上映の映画は、
“喜劇の神様”とも呼ばれた斎藤寅次郎監督の1939年公開作品
エンタツ・アチャコの新婚お化け屋敷」です。

斎藤寅次郎監督は、エノケンロッパエンタツ・アチャコといった
お笑いの人気者たちの映画を次々と撮りましたが、時代は笑えない時代でした。

ところで、エンタツ・アチャコといえば“しゃべくり漫才”ですが、
いまでは“コント漫才”や“コント”が増えました。

それはそれですが、
ラジオという媒体が、落語にせよ講談にせよ漫才にせよ話芸を高めてくれました。

むかし、「お父さんはお人好し」という、
花菱アチャコ浪花千栄子のラジオドラマが放送されていましたが、
わたしの耳が憶えているのですから、怖ろしいものです。


「ターザンの復讐」

2017年03月28日 18:02

「ターザンの復讐」

みなさんは、「ターザン」をご存知でしょうか?

わたしの子供時代、
ターザンごっこ”は、子供の定番の遊びでした。

「アーアー、アアアアー!」と奇声を発して、
木の枝から吊るした紐にぶら下がって他に跳び移って遊びました。

それから、ターザンを真似てブーメランを作って投げましたが、
ほとんどのブーメランは戻ってきませんでした。

しかし、時代が移り、
いまの世の中、どれだけの人がターザンを知っているか判りません。

実は、
文芸坐三浦館、本日上映作品は「ターザンの復讐」です。

この映画は、
数あるターザン映画のなかでも傑作と謂われています。

ターザンの復讐」は、1934年(昭和9年)に公開されました。

この映画に主演したジョニー・ワイズミュラーは、
1924年のパリオリンピックで3つ、1928年のアムステルダムでは2つ、
金メダルを獲得した自由形の水泳選手でしたが、
ターザンとしても名声を博した人物であります。


実はこの「ターザンの復讐」は、むぅむぅ(義父)が結婚し、
人世坐の支配人となって初めて番組編成した記念の映画です。
それは、1952年(昭和27年)の正月興行のことでありました。

そしてそれは、
それまで知識・教養路線を売りにしていた人世坐が、
大衆娯楽作品で大入りを獲った画期的な出来事だったのです。

なぜ「ターザンの復讐」を選んだのかむぅむぅに訊いてみましたら、
「おもしろかったから」・・・理由は単純明快なのでありますよ。




「市民ケーン」

2017年03月27日 17:59

「市民ケーン」

本日ご紹介する文芸坐三浦館の映画は、
25歳のオーソン・ウェルズが製作・監督・脚本・主演した
1941年公開のアメリカ映画「市民ケーン」であります。

大胆な構成や斬新な表現方法は、
現在に至るまで世界映画史上最高の作品と高く評価されている作品です。

しかし、
この映画を初めて観たときには存じ上げなかったことなのでありますが、
その後、わたしが注目しましたのは、オーソン・ウェルズが「市民ケーン」で
なにを描いたのかということでした。

後で判ったことは、
この映画は、「市民ケーン」の主人公のモデルの新聞王で政治家であった
ウィリアム・ランドルフ・ハーストの生涯をおちょくっているということであります。

いまでこそ、最大の賛辞を与えられている「市民ケーン」でありますが、
公開当時は、ウィリアム・ランドルフ・ハーストによる妨害工作によって、
各メディアや批評家、アカデミー会員などによる酷評を買いました。

しかし、時代は移り映画史上最大の傑作として高く評価され、
現在でも映画誌や批評家らによる過去の作品を対象とする
映画ランキングでも常に1位または上位にランキングされるそうです。


それにしても、
オーソン・ウェルズは、なぜこの映画を作ろうと思ったのでしょう?
或る意味、自分の映画人生を懸けて創った作品であります。

オーソン・ウェルズが描きたかったもの、そのキーワードは“薔薇のつぼみ”・・・。

いまで云うなら、
若干25歳の青年が、不動産王と謂われる大統領の生涯をネタにして、
おちょくった映画を撮ったというようなハナシなのです。
そのことにこそ、この映画の価値があるんじゃないでしょうか。

すっげーなぁ!オーちゃん。

平成教育委員会

2017年03月26日 18:58

平成教育委員会

本日、文芸坐三浦館はお休みしました。

今夜7時から、
フジテレビ「平成教育委員会」春の3時間スペシャルの放送がありますので、
むぅむぅ(義父)の体力を温存するためであります。

晩酌しながら観るには丁度いい時間ではありますが、
なんせ3時間の長丁場ですから、眠くならないかしら?

それでは、
歌舞伎チーム(市川猿之助中村壱太郎市川弘太郎)が相勤めますれば、
何卒ご声援賜りまするよう偏にお願い申し上げ奉りまする。

「平成教育委員会」

「望郷」

2017年03月25日 21:45

「望郷」

本日上映した文芸坐三浦館の映画は、
1937年公開のフランス映画「望郷」であります。

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、
ジャン・ギャバンが主演し、その名声を不動のものにしたと謂われる作品です。

さて、この映画の原題は「Pépé le Moko」で、
ジャン・ギャバンが演じる主人公の名前です。

そのペペ・ル・モコは犯罪者ですが、
パリからフランス領アルジェリアの中心都市アルジェに逃げてきました。
そしてこの物語のキーワードになるのが“望郷”の念というワケです。


ところで、ジャン・ギャバンといえばゴロワーズという煙草を思い出します。
フランスでは、どちちらかと云えば労働者が好んで吸う煙草だそうですが、
ジャン・ギャバンゴロワーズを短くなるまで吸って大量の煙を吐くのを見ると
美味そうに感じて、むかし買って真似してみましたが、キツイ煙草でした。

そういえば、
むかしの映画の主人公は、ほとんどみんな煙草を吸いました。

フランス映画で云えば、ジャン・ギャバンも、
アラン・ドロンジャン=ポール・ベルモンドも美味そうに煙草を吸いました。

そのフランスでも、
法律で映画の喫煙描写に規制をしようという動きがあるのだそうです。


わたしも、いまでは嫌煙家になりました。
「煙草を吸うのは構わないから、その煙は吐かないでね」とお願いしています。



ダイエット

2017年03月24日 16:27

ダイエット

さて、私事ではありますが、
去年の11月下旬に思い立ってダイエットを始めました。

そのときの体重は68.7~9kgだったと記憶しています。
そこでマイナス8kgを目指してダイエットを始めました。

キッカケは、
或るパーティーに出席して、みなさんに「太ったね」と言われたことや、
むぅむぅ(義父)の入院でした。介護する我が身が重かったのであります。

あれから約4ヶ月、
マイナス8kgの目標を達成しましたことを、ご報告させていただきます。

写真は60.9kgを表示していますが、
カメラの重さがありますから、カメラを持たずに測りましたら60.7kg。
いずれにしましても、マイナス約8kgの目標達成でございます。

では、どのようにダイエットしたのかですが、
基本的には、糖質と炭水化物の摂取を制限したことでした。

まず、日本酒を止めました。
ワインやビールは醸造酒であっても糖質摂取には当たらないそうですが、
蒸留酒、ほとんどは焼酎に切り替えました。
このことが大きかったのだろうと思っています。

次に、
ご飯は一日ご飯茶碗一杯、パンはライ麦パンのトーストで2枚程度、
麺類は、ほとんど食べませんでした。

調理に使っている糖分は“甘んじて”摂りましたが、
甘い物は食べませんでした。

その代わり、
肉や魚、そして野菜や果物に制限は加えませんでした。

あとは、軽い運動を心がけたのですが、
なにより、むぅむぅ(義父)の部屋への行き来や介護自体が軽い運動です。


ところで、
あんなに日本酒が好きで、日本酒の良さを言いふらしていたのに、
今年になって口にした日本酒は、お屠蘇だけです。

簡単に酒を替えた自分自身が、なにか惚れた相手を替えたみたいで
後ろめたいのでありますが・・・。


「嵐が丘」

2017年03月23日 18:00

「嵐が丘」

本日の文芸坐三浦館の上映作品は、
昨日につづいてローレンス・オリヴィエ主演のアメリカ映画「嵐が丘」です。

ご存知のとおり
原作はエミリー・ブロンテの小説でウィリアム・ワイラー監督作品1939年公開です。

この映画は、要するにこれは“復讐の物語”であります。

しかし、
考えてみれば小説や映画にとって“復讐”というのは定番のテーマでありましょう。
ハムレット」も「忠臣蔵」も、「大魔神」だって“復讐”がテーマだといえるでしょう。
事程左様に、復讐を扱った映画は枚挙にいとまがないのであります。


ところで、
同志だと思っていた人たちに梯子を外されたとして、
国会での証人喚問を通じて“復讐”するが如く発言する証人の姿が報道されています。

しかし、普通の人たちは現実の世界でなかなか“復讐”ということは出来ませんから、
それを小説や映画の世界が果たしてくれるところにカタルシスがあるのかもしれません。

でも、
嵐が丘」の主人公に限らず大概“復讐”を果たした者たちの末路は憐れです。
復讐心は持たないに越したことはありません。


「ハムレット」

2017年03月22日 17:59

「ハムレット」

本日の文芸坐三浦館の上映作品は、
ローレンス・オリヴィエが製作・監督・主演を務め1948年に公開されたイギリス映画
ハムレット」であります。

ローレンス・オリヴィエが、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲を映画化したものです。

ハムレットといえば、学生時代に演りたがった学生が何人かおりました。
実際に仲間を集めて自主上演した者もいました。

また、
石巻出身の友人なんかは、ハムレットが演りたいがために演劇科に入学しました。
受験のとき、彼が控室で白タイツでハムレットのセリフを練習していたのを憶えています。

そういえば、実技はタイツやレオタード着用という指示がありました。
ところが、わたしはタイツを何処で買うのかも判らなかったので、同じようなものだと思って、
代用に黒いストッキングを穿いて実技を演りましたらストッキングの股が下がってきてしまい、
引き上げながら演じておりましたがストッキングが伝線して穴が開いてしまいまして、
審査員から失笑を買いましたが、なんとか受かりました。

まぁ、名優サー・ローレンス・オリヴィエとはなんの関係もないお話であります。


ところで、
受験のときに白タイツでハムレットを演っていた友人ですが、6年前の3.11が起こってから
なんどか連絡したのですが、行方が判りません。



「寝床」

2017年03月21日 23:59

志ん朝師匠

むかし、
みかん園で農作業をしていたときのことです。

耕運機で土を耕す作業をしていたのですが、耕運機のディーゼルエンジンの音が大きいので、
歌を歌っても聞こえないだろうと、大声で歌いながら耕運機を使っておりましたが、豈図らんや、
耕運機の音は遠くまで届きませんが、歌声は遠くまで届いていたことが母の指摘で分かり、
耳が真っ赤になったのが自分でも判るほど赤面したことがあります。

悦に入って歌っていただけに、その恥ずかしさは尚更でした。


さて、
昨夜、むぅむぅ(義父)の血中酸素濃度が落ち熱も上がったために、
午前中に医師の往診、看護師の訪問、介護士の訪問が続いたので、
本日も文芸坐三浦館の上映は中止にいたしました。

しかし、午後から出掛けたわたしに代わって、
かみさんのチョイスで文芸坐三浦寄席は志ん朝師匠の「寝床」でした。

寝床」は、
地主でもある大家が長屋の連中や店の者たちを集めて
下手の横好きの義太夫節を無理やりに聴かせようとする噺であります。

むかし、上司や先輩にカラオケで
自己陶酔気味の下手な歌を延々と聞かされたのを思い出せますヨ。




「ハナ子さん」

2017年03月20日 18:05

「ハナ子さん」

「God is in the detail」

神は細部に宿る」と言ったのは、
20世紀のドイツの建築家・ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエだそうです。

わたしなりの解釈では、
日常的な一瞬一瞬のコツコツと行う細かな行為や作業が、
偉大な世界(神)と繋がっているのだというようなことを言っているのでしょう。


ところで、
与党の国対委員長が、「総理に対する侮辱だから国会に呼んで質す」と言って、
学校法人の理事長の証人喚問を行う考えを明らかにしたのだそうです。

つまり、「総理を侮辱したら証人喚問するぞ」とおっしゃっているワケであります。


さて、
本日の文芸坐三浦館の上映作品は、
1943年(昭和18年)東宝が製作したミュージカル映画「ハナ子さん」。
監督はマキノ正博(マキノ雅弘)、主演のハナ子さん役は轟夕起子
ハナ子さんお夫である五郎さんは灰田勝彦
そして五郎さんの妹・チヨ子さんが高峰秀子であります。

この映画が作られた時代、総理大臣は東條英樹でしたが、
“総理を侮辱したら確実に逮捕”されたでしょう。

一見
“明るく楽しく張り切って戦争しましょう!銃後を守りましょう!”
というプロパガンダ映画に見えます。

しかし、
この映画を創った人たちの想いを想像しながら観ると、
また違った印象をもつかもしれません。

いずれにしましても
デコちゃん(高峰秀子)好きのむぅむぅ(義父)にとっては“懐かしい”映画です。


それにしても、
正義だ大儀だ、国民のため国民の生活最優先などと言っている政治家が、
共謀罪の成立を目論み「総理を侮辱したら証人喚問だ」と口走るのですから、
“本音は細部に宿る”んでありますよ。






最新記事