四谷怪談

2015年07月31日 23:59

四つ家児童遊園

雑司が谷と同じ都立霊園が在る台東区の谷中が、
“幽霊”で街興しをするという記事を読みました。

それでは、
雑司が谷に幽霊話がないのかということなんですが、あります。

わたしも班長を務めたことがある地域の自治会が主催して、
毎朝ラジオ体操を行っています。

会場は、「雑司が谷二丁目四つ家児童遊園」という公園ですが、
この「四つ家」という名は、この辺りの古い地名から採られました。

嘉永6年作製の「雑司ヶ谷音羽絵図」を見ると、
雑司が谷の我が家の在る辺りを「四家町」と称していたようです。

この「四家町」が、鶴屋南北の「東海道四谷怪談」の舞台なのであります。

四谷怪談」は、
多くの怪談のなかでも飛び切り有名なお話ですが、
元禄時代に、実際に起こった事件を基に創作されたのだそうです。
有名なのは鶴屋南北の「東海道四谷怪談」や三遊亭圓朝の落語です。

実在したお岩さんが、現在の新宿区四谷に住んでいたことから、
四谷怪談」の四谷は新宿の四谷という話になっているようですが、
鶴屋南北の描いた歌舞伎「東海道四谷怪談」の“よつや”は、
新宿区の四谷ではなく、豊島区の四家町のことなんであります。

わたしたちが暮らしている雑司が谷は、
いまも昔も、人間くさい土地柄なのであります。




スポンサーサイト

都田エリア

2015年07月30日 23:59

新東名高速道路

昨日、地方創生に向けた、交付金の要求原案が明らかになったのだそうです。
国が、2016年度予算で創設する自治体向けの新型交付金の要求金額ですが、
概算要求額は約1,080億円で、同額の負担を各自治体にも求めるため、
国と地方の負担を合わせた同交付金の事業費ベースは2,160億円程度になるようです。

さて、
わたしが育ったのは、静岡県西部の三方原台地の奥座敷と謂われる
浜松市北区都田町というところですが、昨日の静岡新聞紙上に、
「都田エリアに出店続々 新東名効果、来訪増加
 新東名高速道の開通を契機に市外からの来訪者が増え、
 前後して個性的な店のオープンが相次いでいる。」
という記事が載りました。

都田エリア
 <「都田わくわくマップ」を作製した商店主やスタッフ>静岡新聞より

1980年に、浜松テクノポリス構想が発表になって以来、
戦後、入植者たちによって開拓された三方原台地の北部地域は、
時代と社会の要請から、テクノポリス創設のインフラ整備に始まり、
「産・学・住・遊」の調和のとれた町づくりが行われ変貌を遂げました。

わたしが育った頃の風景は、もうありません。
産・学・官の各建物が建ち、真新しい住宅が並んでいます。

そこへ、2012年に新東名高速道路が開通したことで、
サービスエリアとスマートインターチェンジが併設された
「浜松サービスエリア」がオープンし、県外からの来訪者も増えたようです。

徳川家康武田信玄と戦った三方が原の合戦があった古戦場が、
戦後、多くの開拓者の夢を叶えた一大農産地となり、
やがて、最先端技術を結集したテクノポリスに変化して、
いま、観光にも力を入れる商業地域に変容しようとしています。

浜松サービスエリアは、
わたしの実家のすぐ裏手に出来たのですが、確かに車が増えました。

地方創生も結構ですが、只のバラマキにならないように、
地方に移った大学が閉鎖されて、また都心に戻ってしまう
Uターン現象のようなことが起こらないようにお願いしたいものです。

それにしても、
地方創生の予算が2,160億円。
白紙に戻ったとはいえ、一時発表された新国立競技場の総工費が2,520億円。

なにかが違っているような気がしますがねぇ・・・。

骨になって

2015年07月29日 23:59

骨になって

まご娘が、ヨーグルトを食べながら云いました。

「わたしが一番すきなたべものはな~んだ?」

「えっ?・・おせんべい?」

「ブッブー!」

「じゃあ、なあに?」

「ヨーグルトでした」

俄に、ヨーグルト好きになったようです。

「毎日ヨーグルト食べると、むぅむぅのように長生きするよ」

むぅむぅというのは、まご娘の曾ジィさんのことですが、
長年、朝食には牛乳とヨーグルトだけを摂っています。

「えーっ!そんなにながいのぉ?(長生きするの?の意味)」

「あと82年生きてたら、むぅむぅと同じ齢だよ」

「えーーーっ!」

「そのときには、ジィジはもう此の世にはいないからさ、
 先に行ってるから、あとからゆっくり来るといいよ」

「じゃあ、いっしょに骨で過ごそうね」

「・・・・・  」

しかし、
“いっしょに骨で過ごそうね” って言う5才って、どうよ? 


スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」

2015年07月28日 23:59

スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」

ONE PIECE(ワンピース)』って、ご存知ですか?

上下がつながった女の子の洋服のことじゃありません 

ONE PIECE(ワンピース)』は、漫画家・尾田栄一郎氏の作品で、
週刊少年ジャンプ集英社)に、1997年から連載されている大ヒット漫画です。

海賊になった少年たちの冒険を描いたピカレスクロマンだそうですが、
ピカレスクロマンといえば、大阪・新歌舞伎座で8月8日初日の、
『新・水滸伝』も、ピカレスクロマンの大活劇です。

脚本は、
スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』も、『新・水滸伝』も、
劇作家の横内謙介さん。

スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』は、
10月7日(水)初日~11月25日(水)千穐楽 新橋演舞場です。

ところで、
スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』ですが・・、
ダレがどのキャラクターを演ると思いますか?

きょう、製作発表と配役の発表がありました。

「ワンピース」



わたしのお好み焼き

2015年07月27日 23:59

お好み焼き

暑中お見舞い申し上げます。

この暑さで、食欲がない方も多いことと思います。

毎日、朝食に、
味噌汁と焼シャケと焼タラコとタマゴ料理とお漬物では飽きるからと、
きょうは、お好み焼きを作ってみました。

フライパンで作るお好み焼きです。

ところで、数か月前に、
くっつかないフライパンというのを大小3点セットで買いまして、
日常的に使っておりますが、これがくっつくんですワ。

油を引かなくてもくっつかないというふれこみだったのですが、
また、特段荒い使い方をしているワケでもありませんのに、
くっついちゃうんですワ。

まぁ、それはいいとして・・、
まずタマゴを割ってフライパンの上で潰して広げます。
そこに豚バラ肉を敷きます。その上に粗く刻んだキャベツを盛ります。
その上から天かすを振りかけます。紅ショウガを散らします。
そこに山芋入りの溶いた小麦粉をかけます。
フライパンに蓋をして、弱火で焼き蒸らすこと約10分。
蓋をとって、お好み焼きをひっくり返してまた10分。
片面にソースを塗って、青のりを振りかけて(お好みでカツオ節も)
出来上がり!

朝からお好み焼き

我が家には、尾道風お好み焼きを作る親戚もありますが、
これは東京風でも大阪風でも広島風でもありません。
きょうの、わたしの“お好み”なんであります。

きょうの朝食は、お好み焼きと心太とトマトでありました。
おかげさまで、まご娘も朝からガッツリ食べてくれました。


それにしても、フライパンくっついちゃうんですけど・・。


「新・水滸伝」

2015年07月26日 23:59

「新水滸伝」

きょうは・・・、暑かった!

イヤ、ほんとうに暑い一日でした。 
身体が、茹だっております。

さて、
そんな暑いなか公演をつづけておりました歌舞伎座「七月大歌舞伎」興行も、
あす千穐楽を迎えます。

人間の愛欲と強欲の業を描いた「怪談牡丹燈籠」(夜の部)も、あすで終わります。

そして、次に息子が出演いたしますのは、
政治家たちや役人たちの腐った政治や不正がはびこる中、
世の中からはみ出した荒くれ者や変わり者たちが、
“梁山泊”に結集し、国を救うために大暴れするという、
ピカレスク・ロマン大作「新・水滸伝」であります。

息子は、
ひと月間、大阪にお邪魔いたしますが、
大阪に滞在するのは、ことしはこれで2度目です。
ことしは、残りの月は東京での公演のみです。

大阪・新歌舞伎座公演「新・水滸伝」
8月8日(土)初日・8月30日(日)千穐楽



蕎麦

2015年07月25日 23:59

和邑

食が細いまご娘が、
和邑さんへ行こうか?」と云うと、「やったー!」と云って喜びます。

和邑」は、お蕎麦屋さんです。
お店は、雑司が谷の鬼子母神堂の裏手に在ります。

和邑」のお蕎麦は、手打ち打ち立てのお蕎麦で、
その日のお蕎麦が無くなった時点で閉店してしまいます。

ですから、何日か前に予約を入れて、
無理を云って、その日のお蕎麦を取り置きしてもらいます。

というワケで、
きょうは、蕎麦好きの友人二人を誘って「和邑」の蕎麦を堪能しました。
モチロン、まご娘もいっしょです。

和邑」は、古いお店じゃありません。
和邑」が開店したのは19年前のことでした。

その開店当時に、
ご主人と奥さんに聴いた「和邑」開店までの話です。

この地域には、
いまでは伝説となった、「翁」という蕎麦屋が南長崎に在りました。
伝説の蕎麦打ち職人高橋邦弘さんのお店でした。
その「翁」は、店をたたんで山梨の長坂に移ってしまいました。

長坂に、わたちたちの親戚が住んでいるので、
度々「翁」のお蕎麦をいただいたことがありますが、
高橋邦弘さんは、長坂の「翁」をお弟子に継がせて、
ご自身は、広島にお店を移されました。

その高橋邦弘さんが師事したのが、「一茶庵」の片倉康雄氏でした。
その片倉康雄氏が創業した「一茶庵」で、
脱サラして修行をされたのが「和邑」のご主人です。

蕎麦

「食は すべてそのもとをあきらかにし 
 調理をあやまたず そこのうことなければ 
 味わいすぐれ からだを養い 
 病をもいやし よく人をつくる 」

これは、片倉康雄師の座右の銘です。

フラガール

2015年07月24日 23:59

フラガール

先日、かみさんが依頼を受けたフラのイベントで、
まご娘と、ケイキ(こども)のフラダンスを観る機会がありました。

そのときの曲が、
映画「フラガール」の主題歌「フラガール ~虹を~

そのあとで、息子が映画のDVDを観せましたところ、
まご娘が、この曲を踊りたいと云いだしまして、
かみさんが、振りを伝えたところ、ほぼ初見で踊りました。

大地に光を・・・太陽にキスを・・・

雨上がりの 虹を追い駆けた・・・


歌詞にある言葉を思いながら踊りなさいというかみさんの指示のとおり、
光を・・・太陽にキスを・・・虹を追いかけて・・・踊っております。

5才のフラガール

爺バカついでに、
まご娘が作った、古着を切ってデザインした洋服を披露します。

セロテープでつなぎ留めていますので、着るとチクチクするそうですが、
遠目で見ればなかなかのデザインであります。

自信があるらしく、この格好でお散歩しました。


フラダンサーになるもよし、服飾デザイナーを目指すもよし、
やりたいことをやれる環境だけは、用意してあげたいと思っています。

ドレス

成年後見人

2015年07月23日 23:59

不本意にも、人間障がいをもつことがあります。

先天的な障がいの場合も、後天的な障がいの場合も含めて、
人は、障がいとつき合うことになる可能性があるわけです。

例えば、病気や高齢による障がいなどによって、
意思の表明や疎通や、判断能力に問題が生じてしまった方、
或いは、その可能性があるという方がいらっしゃるわけです。

他人事ではありません。
誰にでも、病気や事故、認知症のリスクなどの可能性がありますからね。

あさがお

では、
そんな障がいを負った人の権利は、どのように守ったらよいのでしょう。
特に、高齢化がすすむ社会では憂慮される問題でしょう。

判断能力の不十分な方々が、
不動産や預貯金などの財産を管理したり、身の周りの介護などのサービスや
施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、
自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。
また、自分に不利益な契約であっても判断ができずに契約を結んでしまい、
悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、
支援するのが成年後見制度です。

もし、貴方が不幸にしてそんな状態になってしまったとしたら、
貴方の意思を反映し、権利を行使してくださる方はいらっしゃいますか?

そんなニーズに応えてくれるのが、成年後見人という立場の人ですが、
制度を利用している人の約半数が親族に後見人を依頼しているようです。

しかし、
遺産分割協議など、後見人自身が当事者になる場合に問題が生じる場合もあり、
親族などを後見人にする以外に、第三者後見人に依頼することも可能です。

現在、第三者後見人に依頼している人の実態を数でいうと、
司法書士弁護士社会福祉士の順なのだそうです。


ところが、
成年後見人を務めていた弁護士が、認知症を患っている高齢者など、
複数の女性の財産を着服していたとして、逮捕されたというニュースがありました。

他にも、同様の事案がこのところ頻発しているのだそうです。

法律家だから犯罪行為を行わないという保障はありません。
法律家だって人間である限り、三毒煩悩に支配されているはずです。
だからこそ、一般人よりもつよい倫理感が求められているのでしょう。

さて、将来貴方がご自信の判断力に自信がもてなくなることが心配だとして、
後見人は、どなたに頼みたいですか?

貴方のお連れ合いですか?お子さんですか?お友達ですか?
それとも、第三者後見人ですか?

そして、その方で本当に大丈夫ですか?


こんな国

2015年07月22日 23:59

今朝、浜松の実家の弟から、
近所のNさんの小父さんが亡くなったという連絡がありました。

小父さんは、父より3~4歳年下だそうですから、82・3歳でしょう。
胆のうガンだったのだそうです。

Nさんの家は、元々地元の浜北に在りましたが、
三方原台地を開拓してみかん園を作りました。
みかん園と共に、養鶏場を営んで卵を採っていました。

わたしの妹より一つ年下の女の子が長女で、
わたしの弟と同じ年の男の子が長男で、
その下に双子の男の子たちがいました。

わたしの両親と共に、
同じ時代を同じように苦労をしてみかん産業を興した小父さんの一人です。
いよいよ、父の周りも寂しくなります。


さて、
今朝は、テレビのニュースを見ていて気分がひどく落ち込みました。
猛暑日になるかもしれないからではありません。

大阪で、道路幅いっぱいにコンクリートブロックやレンガを並べ、
通りかかったミニバイクの男性を転倒させて重傷を負わせたとして、
中学2年生の男子ら少年6人が摘発されたのだそうですが、
少年らがブロックを道路に置いた理由は、警察に対する嫌がらせだそうです。

また、
20代の娘さんを自殺で亡くした両親が、
娘さんの自殺の理由は上司によるセクハラなどが原因だとして、
会社などを相手に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたというニュース。
会社は、レストランチェーン「サイゼリヤ」、上司というのは妻子のいる副店長。
契約社員だった娘さんに対し、セクハラやパワハラ行為を繰り返していたといいます。

そして、
日本の家電製品メーカーとして、数々の製品を世に送り出して、
この国の家電業界をリードしてきた企業の一つである東芝が、
総額1,518億円の利益水増しをしていた不適切会計問題で、
歴代の3人の社長が辞任するのだそうです。

ニュースでは、不適切会計と表現していますが、実態は粉飾決算でしょ?
経営陣だけでなく、それを知っていたであろう社員たちや、
監査法人の責任も大きいと思われます。

それから、
新国立競技場の問題。

なにが問題かって、
誰と誰の責任でこんな問題が起こったのか判らないことでしょう。
関係者の誰もが自分の責任は認めない“集団的自衛体質”です。

そして、なんといっても、
安倍政権が、今国会での成立を目指している「安全保障関連法案」。


わたしの父や、亡くなったNさんの小父さんが、
戦後の困難な時代に苦労をしながら目指していたのは、
少なくとも、こんな国ではなかったはずです。

合掌

無償の愛

2015年07月21日 23:59

みどり

「だっこしてぇ~」  「いっしょにあそぼ~」、

「ほっといて!」  「じぶんでできるっていってるでしょ

毎日、5歳のまご娘に振り回されております。


子育ては、或る意味修行であります。
間合い、タイミング、強弱、キャッチボール・・・奥深いものです。

ところで、まご娘と暮らしていると、
世話を焼くことを生きがいにしているのではないかと思うときがあります。
まご娘は生きがいですが、まご娘の世話を生きがいにはしたくありません。

共依存という人間関係があります。

元々は、
アルコール依存症を患っている人の夫婦関係に顕著な傾向を指すのだそうです。
アルコール依存症の人は、その家族や伴侶に大いに迷惑をかけますが、
伴侶が相手の尻拭いや支援に自らの存在価値を過大に感じてしまうことがあります。
そんな関係を指すようです。

共依存関係は、夫婦でも恋人でも兄妹でも親子でも起こるようです。
友人同士でも起こることがあるでしょう。

共依存関係は、
その人のためだと思いながら、実は自分の存在意義や価値を見出すための
手段にしてしまっているのが特徴のようです。

しかし、
一旦、共依存関係が壊れてしまいますと、
奉仕した側の奉仕された側に対する感情や態度が一変することがあります。
可愛さ余って憎さ百倍というやつでしょうか?

ですから、自問自答します。
わたしは、この子からなにか見返りを求めていないか?
この子のためだと思いながら、自分の都合や思いを押し付けていないか?

・・・幸いにして、それはありません。

日々、愛することの幸せを感じております。
愛することができればそれだけで幸せなのですから、見返りは要りません。
愛されていなかったら哀しいですが、愛されることを欲していません。

しかし、
愛してほしい、愛してほしかったという人もいます。
愛してあげたのだから、愛してほしいという見返りを期待しているのです。

そんな愛情は、長続きしません。
愛情という理由で、相手を支配したいだけなのです。

わたしは、わたしの家族や友人たちを愛しています。
そして、愛することができた幸せを感じています。


海の日に想う

2015年07月20日 19:00

肉が好きか、魚が好きか。
犬がスキか、猫がスキか。

あえて、二つに一つ好みを選ばせると、
面白いようにハッキリ分かれることがあります。

ところで、
海が好きか山が好きかを訊くと、
やはり、ハッキリ両者に分かれます。
所謂、海派と山派であります。

わたしは、どちらかと云えば山派でしょうが、
かみさんは、ハッキリした海派です。

ところが、かみさんの姉は海が苦手です。
海には行きませんし、モチロン海水浴もしません。
海の幸で口にするのは、鰻くらいです。


さて、きのうのブログには、
わたしの父方の祖母や母方の祖父を登場させましたので、きょうは、
かみさんのご先祖さまのことを、少しだけ書こうと思います。

かみさんのご先祖さまといっても、
かみさんの母方の祖母の家の話であります。

祖母は、
富山市の富山湾に面した漁村で生まれました。

生家は、多くの漁船を保有する船主だったのだそうです。
その漁船は、外国にまで出かけて漁をしていたようです。

しかし、
その漁船団が嵐に遭い、難破してしまいました。
船や積荷だけでなく、乗っていた漁師たちも亡くなってしまいました。

その損害を取り戻そうと、
魚が捕れなくて相場が上がる嵐の日を狙って船を出しました。
しかし、また難破して多くの漁師を死なせてしまったのだそうです。

仕舞いには、漁船が二隻になり、
祖母の祖父も船に乗り込んで漁に出て、やはり難破して亡くなってしまいました。

船主も亡くなり、村の男衆の多くを死なせてしまったのですから、
祖母の一家は、その土地にはいられずに東京に出てきたのだそうです。

姉が海が苦手なのは、そんな話を母から聴いて育ったせいでしょうか?
じゃあ、かみさんが海好きなのは何故なんでしょ?

母の話を聴いていなかったからか、
それとも、漁師の血が流れているからでしょうか?

海は、多くの人の命を奪ってきました。
多くのものをさらってゆきました。

しかし、
わたしたち人間は、むかしから海に多くの恵を与えられて生きてきました。

ですから、
海を畏れるとともに、海に感謝しようではありませんか。

きょうは、海の日です。

海




最新記事