FC2ブログ

目白の目白

2014年12月04日 23:59

長年、目白とか、目白台という地名の由来は、
目白不動尊が在るからだと思っていましたが、
地名の方が先だったようです。

その目白不動尊を祀っている金乗院(こんじょういん)というお寺が、
我が家の近くの坂を下った豊島区高田2丁目に在ります。
その不動尊が、なぜ目白不動尊というのかと言えば、
中国の五行思想に端を発した五色不動からきているのだそうです。

東京には、
目白不動目黒不動目赤不動目青不動目黄不動
といった五色不動尊が祀られています。

ヒヨドリ

さて、きょう雨が降り出す前に、
わたしの部屋から見える、お隣の庭の白樺の木に、
メジロ(目白)が四羽止まっていました。

写真を撮っておこうと、カメラを探すうちに、
何処かへ飛んでいってしまいました。

また戻ってくるかもしれないと、構えていましたが、
それからは戻ってきませんでした。

しかし、
代わりに、ヒヨドリが飛んできました。

その上を、オナガも群れで飛んでいます。

わたしのデジタルカメラとわたしの腕では、
飛ぶ鳥を写すことはできませんでしたが、
お隣の屋根の上に止まったヒヨドリを写しました。

わたしに、鳥を観察する趣味はありませんが、
みかんを半分に切って高いところに置けば、
ヒヨドリが食べにくるだろうな、と思いました。
この時季、みかんや柿を餌にする習性があるからです。

しかし、
みかん農家出身者としては、やりたくはありません。

カラスもスズメもハトもよく見かけますが、
この辺りには、さまざまな野鳥が棲んでいます。


ところで、
鳥を見ていると、鳥になってみたいと思うものです。

いま起こっていることや、
いまの暮らしを、鳥瞰してみたいと思うからです。


スポンサーサイト





最新記事