FC2ブログ

「ありがとうの夕陽」発売開始!

2014年03月31日 19:08

ありがとうの夕陽

もう、何十年前になるでしょうか?

わたしが、母校の演劇科を出た年のことだったと記憶しますから、
1981年の秋だったと思います。

母校の後輩たちからの依頼で、
学園祭参加公演の演出を担当したことがあります。

上演作品は、バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」でした。

ロンドンの下町の花売り娘が、ひょんなことから言語学者と出逢って、
発声や発音といった言語を矯正されるうちに、言語だけでなく、
ホンモノの“レディ”として成長してゆくという物語です。

そして「ピグマリオン」は、
映画や舞台の「マイ・フェア・レディ」の原作として有名です。


当時25歳だったわたしが、どんな演出をしたのか、
それは、穴があったら入りたいというか、
あまり思い出したくはないのでありますが、
セリフの意味や、状況の捉え方に拘って、
戯曲の読み方にフォーカスして演出していた印象があります。

ですから、
演出というよりは、演技指導に近かったかもしれません。


あれから30年以上の時が経ちました。

あのときのメンバーも、それぞれの経緯で現在に至ります。

モチロン、いまでも俳優をつづけている者が何人かおりますが、
結婚し、子育てをしながら、または親を介護しながら俳優をつづけ、
その子育てや介護も卒業して現在に至る者もおります。

一方で、俳優ではないけれど、
或る劇場の“演劇コーディネーター”に就任した者、
或るテーマパークのエンターテインメント部門のプロデューサー、
銀座のクラブの経営者(ママ)、日本舞踊家、銅版画作家、声優、エトセトラ。

三者三様、それぞれの生き方で、それぞれの人生を送っています。


さて、
そんな、「ピグマリオン仲間」が企画した公演が7月にあります。
ピグマリオン」の公演では、主人公の花売り娘イライザを演じた、
女優のマイコ(堀江真理子)が、企画し脚本を書きました。

マーリエ企画製作公演
「ありがとうの夕陽 ~葉山・森戸海岸『マハロ食堂』~」
公演日:7月2日~7日、劇場:ウッディシアター中目黒


わたしたちの結婚を縁に、日本舞踊の家元である、かみさんの姉に師事し、
師範名取の免状を授かった女優、イズミ(青田いずみ)も出演します。
そして、マイコの盟友でもあるマロミ(MAROMI)は、チラシをデザインし、
ピグマリオン」には無関係だった、うちのかみさんが、
今回は、フラの振り付けと指導で関わります。

劇場は、中目黒に在る「ウッディーシアター中目黒」ですが、そこのオーナーは、
俳優で、わたしの後輩で、マイコやマロミと同期のC。
劇場には、やはり後輩のMが勤めています。

さて、「ありがとうの夕陽」は、本日発売開始!
では、わたしはなにをするのかといえば、・・・観るんです! 


30数年前の花売り娘たちは、どんなレディになったでしょうか?
スポンサーサイト





最新記事