FC2ブログ

かりん組

2014年03月24日 18:00

園庭

3年前の4月1日から、
孫娘は保育園に通い始めました。

あの頃、みきちゃんのはなしでは、
朝、預けるときは泣かないのに、
迎えに行って顔を見せたとたんに泣きだしていたそうです。

保育園では、それなりに気を遣っていたのか、
家に帰ってから、甘えん坊さんになるということでした。

あのとき、
まだ生後10カ月だった孫娘ですが、世の中にデビューしたワケです。

離乳食とミルク

その、世の中はといえば、
あの年の3月11日を境に、この国の状況は一変してしまいました。
子育てをする環境も変わりました。

あの頃、
司法書士であるみきちゃんは、こどもを預けて復職しようとしていましたが、
後に、自ら司法書士事務所を設立し、起業しました。
息子Kは、東京公演もですが、地方での公演もつづいておりましたし、
大きなお役をいただく機会も増えてきておりました。

若い夫婦は、共に仕事に一所懸命取り組みながら、
最愛の娘を預けるという、初めての経験をしていたのでした。

世の中の大きな不安と、自分たちの生活の不安のなか、
きょうまで、なんとかやれたのも、保育園に預かっていただけたからです。

待機児童の状況や、昨今の痛ましい事件のことを思うにつけ、
こどもが保育園に受け容れていただけたのは、有り難いことと思います。
保育園の皆さんの、日々のお働きには、本当に感謝しています。

おかげで、孫娘もこの3年間よく通ってくれました。
這い這いしていた「さくらんぼ組」から、「もも組」「うめ組」を経て、
孫娘は、「かりん組さん」です。

かりん組さんになると、上履きを履きます。 

保育園

スポンサーサイト





最新記事