名人伝

2013年11月30日 23:59

たまにはブラッシュアップをしなければと思い、
久しぶりに、コーチングのワークショップに参加しました。

思えば、1999年か2000年頃だったと思いますが、
日経ウーマンという雑誌に、その頃は聞き慣れない
コーチ業”の女性を紹介した記事が載っていまして、
それを読んだかみさんから、
「コレ、あなたに合ってるかも」と云って雑誌を渡されたのでした。

それが、
コーチ”と“コーチング”という言葉を認識した最初のキッカケでした。

その当時は、まだ演劇制作者として現場に立っておりましたので、
コーチやコーチングと自分とのマッチングは想像していなかったのですが、
制作団体を辞めることを決めたときに、その後のビジョンとして考えたのは、
それまでの仕事を辞めることは、何かを失うことではなく積み重ねなのだ、
自分自身のスキルアップのキッカケにすればいいのだ、ということでした。
そして、その手段として最初に食指が動いたのが、コーチングだったのです。

ですから、俳優と演劇制作者としての経験と積み重ねがなかったら、
たぶんコーチ業を選択しようとは思わなかったでしょうし、
わたしには、出来なかったと思います。

そして、コーチングの勉強を始めてから・・つまりはコーチになってから、
早くも13年目に入りました。

自分でも、マダマダ・ダメダメのマダメコーチだと思うのですが、
お陰さまで、信用を寄せてくださる奇特な方たちもいらっしゃいます。

それでも、自分で自身の顔が見えないので鏡を見るように、
わたしのセルフイメージを検証するために、
そして、策士策に溺れぬように、
ときどきのブラッシュアップはドキドキですが、勇気を出しました。

それでも参加した甲斐がありました。
10時から17時まで、みっちりコーチングのプールで泳いだ感じです。

気持ちのよい緊張がつづき、あたまが疲れてボーッとしていましたが、
ワークショップが終わってから駆けつけた後輩のライヴで、
彼女の歌を聴いておりましたら、なんとも云えない心の弛緩を味わいました。

コーチングでも歌でも、スキルが大切、策も大事ではありますが、
中島敦の名人伝に例えられるように、
スキルや策を弄しているうちはまだまだなのでありましょう。

スポンサーサイト

独り歩き

2013年11月29日 23:59

あまりにも拙速だと思うのです。

特定秘密保護法案が、
衆議院を通過して参議院で審議されています。

衆議院では、与党の自民党公明党に加えて、
造反者を出しながらもみんなの党日本維新の会は修正合意しました。

民主党は対案を提出。

共産党生活の党社民党などは法案に反対の立場です。

朝日新聞毎日新聞東京新聞は積極的に反対の立場から報道し、
讀賣新聞産経新聞日本経済新聞は、概ね賛成の立場でしょう。

「国民の知る権利」と「国家の安全保障」という究極の二律背反です。
それだけ、論点が多い国家の大問題だと、わたしは思います。
その“論点整理”はされているのでしょうか?

ところで、“特定”と云いながら、
どれだけの数の秘密が対象になるのか、想定されているのでしょう?
“どんな場合”という想定だけでも、無数の可能性があります。

そもそも、秘密というものは、
“これは秘密にしとこう”と決めてから秘密になることは少なくて、
秘密にせざるを得ない事態が起こってから、慌てて“秘密にしとこうね”
ということになるのであって、はじめから“特定”なんて出来ないでしょ?

百歩譲って、国家には“秘密をもつ必要がある場合がある”としましょう。
しかし、余程の事を決めておかなければ、独り歩きしてしまいませんかね?

閣議の議事録さえ取っていなかった国家が、
30年後に情報公開なんか出来るのでしょうか?

やっぱり、どう考えても拙速だなぁ・・・。

想像力

2013年11月28日 16:45

3歳の子を保育園に車で迎えに行ったその帰り道。

駅前の路上に車を停めて、宝くじを買おうと車から下り、
売場に向かって歩いていたら、突然男に体当たりされ、
腹部を刺されて一度は悲鳴を上げるも、心肺停止状態に。

その後、搬送先の病院で亡くなられました。

刺殺事件が起こったのは、16時35分頃。
ちょうど昨日の今頃のことです。
JR総武線本八幡駅前の雑踏でのことでした。

きょうになって、
容疑者が、八丈島で確保され容疑を認めたのだそうで、
使用されたとみられる凶器の包丁も発見されたようです。

容疑者は、
以前被害者と交際していた、元・交際相手と報道されています。

容疑者は、
復縁を求めた行動が、行き過ぎたストーカー行為のせいで
被害者が警察に相談したことから、警察から忠告を受けます。

それが、今回の凶行の動機だったのか、キッカケになったのか、
いずれにしても影響したであろうと、思われます。


事件から一日で容疑者が確保され容疑を認めたということは、
早期に事件が解決されたと云えますが、言い方を変えれば、
それだけ単純な事件と背景だったという感想を持ちます。

しかし、
事件の解決は単純で早期だったとしても、
何故人がこのような事件を起こしてしまうのかを解決するのは、
容易なことではないように思います。


それにしても、
被害者は、もう一人のストーカー被害にも遭っていたのだそうで、
そちらにも警察の忠告がされていたようです。

こういう事件がつづけば、
警察の対策マニュアルも考え直す必要論が出てくるでしょうし、
そもそも、
警察の生活安全課にストーカー対策を担う能力があるかどうか、
専門性の高い部署を設置するべきだという指摘もされるでしょう。

でもその前に、ストーカー被害に遭っていながら、
路上で刺されるような状況が生じてしまうという、
セキュリティー感覚は改める必要があるでしょう。

子どもが「わたしも行く」とでも云ったのでしょうか?

路上に車を停めて、宝くじ売場に宝くじを買いに行くのに、
わざわざチャイルド・シートのシートベルトをはずして、
3歳の子どもを車から降ろして売場に向かっています。
危機感を露ほども感じていなかったと思われます。

容疑者の心理など、全く想像していなかったのでしょうね。

残念なことです。

2013年酉の市

2013年11月27日 23:59

酉の市

きょうは三の酉ですから、酉の市でした。
今夜の0時で、ことしの酉の市も終わります。

ことしは、地元・雑司が谷の大鳥神社にお参りしました。
実は、二の酉(11月15日)に、かみさんと孫娘を連れてお参りし、
熊手御守を求めてしまいました。

きょうは、みきちゃんと孫娘を連れてお参りしました。

三の酉まである年は、火事が多いと謂われています。
乾燥して、暖房も多用する季節です。
どうか、火の用心召されませ。

酉の市が終わると、いよいよ師走です。

大鳥神社

微妙

2013年11月26日 23:59

きょうは、11月26日。「いい風呂の日」なんですって!

いまは自宅で風呂に入っておりますが、
若いころには、もっぱら銭湯に通っておりました。

銭湯には銭湯の流儀や作法があります。
ああいった所で、“公衆”というものを学ぶ若者や子どもがいたものです。

さて、
最近増えた外国人や外国人観光客のマナーが、よく話題になります。
かけ湯をしないで浴槽に入ろうとして注意され、注意した人を殴ったとか、
立ってシャワーを使って周りの人たちに迷惑をかけたとか、
ひどいのになると、シャンプーしたまま浴槽に入っていたとか、
浴槽のお湯で髪を洗ったとか、浴槽に入りながら歯を磨いていたなど、
・・・わたしも自宅の浴槽に浸かりながら歯を磨いておりますが。
数限りなくあります。

しかし、さすがに日本人はシャンプーしたまま浴槽には入らないでしょうが、
これらのマナー違反は、外国人に限ったことではないように思います。

ところで、
マナー違反は、銭湯や浴場だけではありません。
違反とまでは云えないけれど、マナーには違反しているというような、
微妙な違反が多くなっているような気がします。

「消防署の方から来ました」と云って消化器を売る商売。
「adidas」ではなく「abidas」とか「agidas」とか。
こんなのは古典的ですが、微妙に法律をかわしています。

しかし、
法律に触れるか触れないかではないのですが、
食品のごまかし事案などは連日です。

また、
先日まで品川で行われていた「シルク」と銘打った公演も、
シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演ではないようでしたしね。

ちょっと前に、くじ引きに大当たりを入れてなかったというので、
逮捕された露天商がいましたが、
くじに数万円使った大人がいて、指摘を受けバレたのだそうです。
わたしが子どものときには、
子ども心にも、大当たりは出ないものだと思っておりましたが、
時代は変わりました。

判ったうえで、購入する分にはいいようにも思いますが、
どこかで、ハッキリさせようという動きなのでしょう。


きょうも、息子ネタ

2013年11月25日 23:33

舞台仕込み

連日、息子ネタで恐縮です。

息子をダシにしてブログを書いてばかりいますと、
息子たちから、叱られます。

もっと、自身のことを書けというワケです。

まぁ、ネタは息子たちであったとしても、
自身のことを書いているつもりなんでありますが。

きょうは、昨日も書いたように、
明治座の千穐楽でありました。

お陰さまで、なんとか無事に千穐楽を迎えたようです。
みなさま、本当にありがとうございました。

連日、大勢のお客様のご声援を、力にしたようであります。


ところで、
息子Kが、「連獅子」を初めて踊らせていただいたのは、
2001年の元旦でありました。
つまり、21世紀の初日だったのです。

あのときにも、サプライズだと思ったのでしたが、
このひと月、
東京の本興行で「連獅子」を踊らせていただけたのは、
夢のようであります。

子どものときには、
あまりにも怖くて、正視できなかった仔獅子でしたが、
今回、やっと全ての演技を、直視できるようになりました。

それでも、
仔獅子が、崖を駆け上がり、親獅子と対面する場面は、
いまだに、ちゃんと観ることができません。

曇ってしまうからです。

「吉例顔見世興行」東西合同大歌舞伎

2013年11月24日 23:59

吉例顔見世興行 京都南座

11月の明治座公演「十一月花形歌舞伎」も、
お陰さまで、盛況・話題のうちに明日千穐楽を迎えます。

息子Kも、ことしで30歳、歌舞伎の初舞台から20年目という節目の年に、
10月、初めての自主公演を催させていただいたことと、
11月、明治座公演で右近さんの親獅子で「連獅子」を踊らせていただき、
また、「権三と助十」では、助八という初役を勉強させていただきました。

明治座で掛けて頂いたご声援を耳に残したままの状態で、
千穐楽の翌々日には京都に移動いたします。

11月30日(土)には、
京都四條南座公演「吉例顔見世興行」の初日の幕が開くからです。


ことし9月の台風18号により、
甚大な被害に遭われた府内各地も、復旧に至ったと聞きました。

秋の観光シーズンを前に、
府民の皆さま、関係各位の懸命の復旧作業とご努力があったのだろうと想像されます。

12月の南座の顔見世興行は、京都の師走の風物詩です。
今回は、関西の歌舞伎俳優陣とタッグを組んで行われる、
澤瀉屋一門の襲名披露興行でもあります。

冬の京都と歌舞伎を楽しみに、いらっしゃいませんか?

観劇バスツアー

2013年11月23日 21:50

観劇バスツアー

きょうの明治座「十一月花形歌舞伎」夜の部に、
静岡県牧之原市から、大型バス3台が到着しました。

息子Kを応援してくださる牧之原市民のみなさん約170人が、
バスを連ねて明治座公演のご観劇に来てくださったのです。

本当に有り難いことです。

観劇ツアー

みきちゃんのご両親も、久しぶりに孫娘とご対面。
開演前の短い時間ではありましたが、甘えておりました。

ポスター前で

朝8時に牧之原市を出発して、
両国の江戸東京博物館を見学し、明治座16時15分開演の部をご覧になって、
20時30分に終演後、東名高速道路を走って牧之原市に到着するのは、
たぶん24時を過ぎることでしょう。

道中、ご観劇の余韻に浸りながら、
お疲れを癒していただけたらと思います。

ありがとうございました。

オペラの夜

2013年11月22日 23:59

近所のお医者さんであるKさんが、
オペラのアリアを歌うというので聴きに行ってきました。

Kさんは、近所の居酒屋の常連で、
同じく常連の連中が、ほぼ全員聴きに来ておりました。

Kさんは、中学3年のときに、オペラを観に行って魅了され、
歌のレッスンを始められたのだそうです。

以来、声楽家の道を目指していたのだそうですが、
ご家庭の事情もあって、声楽家の道を諦めて医師になったと云います。


催しは、閑静な住宅地のなかに在るサロンで行われました。
Kさんの患者で、師でもあるソプラノ歌手のYさんのリサイタルでした。

第一部は、「カヴァレリア・ルスティカーナ
イタリアのシチリア島を舞台にした、不倫の三角関係の悲劇です。

第二部は、カンツォーネ「カタリ・カタリ」、

トゥーランドット』より、「氷のような姫君の心も」

ジャンニ・スキッキ』より、「私のお父さん」

トスカ』より、「星は光りぬ」

マノン・レスコー』より、「一人寂しく捨てられて」

深刻な歌がつづきましたが、
明るいKさんとYさんのご性格で、和やかな催しになりました。

一つ奇遇だったのは、
パンフレットに記されたYさんのプロフィールに、
師事された先生の名前が列挙されておりましたが、
そのうちの3名の声楽家たちを知っていたのでした。

彼らとは、むかしわたしの演出で、
道化師』というオペラを上演したことがあったのでした。

Kさんは、彼らのお弟子だったワケです。

ジャンニ・スキッキ』の「私のお父さん」の旋律が耳に残ったまま、
会場をあとにして、みんなと飲みに行きました。

「気骨の判決」

2013年11月21日 18:17

気骨の判決ちらし

昭和17年の衆議院議員選挙、
当時の東條英機内閣は「翼賛政治体制協議会」という組織を作らせ、
この「翼賛政治体制協議会」が、候補者の推薦を行う形式で立候補が行われ、
地域によっては、推薦候補者に投票しないと非国民と呼ばれ、
なかには配給を止めると脅迫され、投票を調査されたりしたのだそうです。

結果、「翼賛政治体制協議会」が推薦した立候補者の8割以上が当選し、
政権(軍部)の方針通りの議会運営が可能になったのでした。

三権分立の「行政」と「立法」が、いわば一体となってしまった時代でした。

そんな戦争末期の昭和20年三月。
この「翼賛選挙」を無効だとする判決が言い渡されました。
三権の残る一つ、「司法」の最高機関である大審院での判決でした。

きょうは、
様々な圧力を受けながら、気骨あるその判決を言い渡した、
大審院判事・吉田久氏の物語を、劇団俳優座公演で観ました。


さて、
特定秘密保護法案をめぐる修正協議が行われています。

与党単独でも成立可能な状況でありながら、
みんなの党維新の会といった野党との修正合意という名の政治取引によって、
強引に成立させたという批判をかわそうという意図がみてとれます。

しかし、
「誰が」「何を」「秘密と」「特定するのか」、
「誰が」「秘密を」「管理するのか」、
「どのような場合」「違反とされ」「訴えられるのか」、
「秘密は」「いつ公開されるのか」、
与党とみんなの党維新の会の修正協議自体が、
“秘密裏に行われている”ワケですから、解らないことだらけです。

それでも法案は、
26日に衆議院を通過する見通しで、この国会での成立が確実な情勢です。


そして、
福島第一原発事故が起こる以前には、
公衆被曝限度年間1ミリシーベルトという基準だったのに、
事故後に、公衆被曝限度年間20ミリシーベルトに引き上げられたり、
それでも「原発事故子ども・被災者支援法」では、
“一定の基準以上の地域”として、対象を「個人」ではなく「地域」とし、
その基準も数値化せず曖昧にしたままです。


また、
先日も、昨年12月の衆議院選挙をめぐり、
有権者1人あたりの「一票の価値」が不均衡な状態を指す「一票の格差」問題。
その選挙の無効を求めた訴訟の判決で、
最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允)は、“違憲状態”との判断は示したものの、
「違憲である」とはせず、「選挙無効」の請求は退けられました。


このように、
現代でも、不合理で理不尽なことがまかり通っています。
「気骨」どころか、「骨抜き」ばかりが目立ちます。



気骨の判決―東條英機と闘った裁判官―(新潮新書)気骨の判決―東條英機と闘った裁判官―(新潮新書)
(2013/03/01)
清永聡

商品詳細を見る


ゆるキャラ

2013年11月20日 23:17

ゆるキャラ」の「ゆる」というのは「許せる」の「ゆる」で、
「許容できるキャラクター」という意味だから、
それを縮めて「ゆるキャラ」と云うのかと思っていましたら、
「ゆるいキャラクター」という意味だったのだそうですね。

すみません。

その「ゆるキャラ」の、
「ゆるキャラグランプリ2013」が行われるのだそうです。

2011年は、熊本県の「くまモン
2012年は、愛媛県今治市の「バリィさん」が、グランプリを獲得したのだそうです。
そして、ことしの投票は既に締め切られましたが、
途中経過を見ると、我が故郷の「ゆるキャラ」が1位だったようです。
しかし、投票に組織票が動いたとか、大手広告代理店がついているのだとか、
ヤラセ疑惑が浮上して、話題になっているようであります。

そういえば最近、
ある「ゆるキャラ」が、ラジオを通じて不適当な発言をした騒動がありました。
また、
ある「ゆるキャラ」を、市が公認するのしないのという問題も公になりました。

このように、近頃なにかと話題に上る「ゆるキャラ」なんでありますが、
ご関係者や、好ましく思っていらっしゃる皆さまにはご不快でしょうが、
主観で申し上げて、わたしは所謂「ゆるキャラ」とそのブームがキライです。

キライと云っても、目の前に「ゆるキャラ」がいて、手を振ってくれたら、
無視したり、体当たりしたりはしません。
「はいはい、どうもどうも、ごくろうさんね」くらいは云います。

わたしが「ゆるキャラ」をキライな理由ですが、
地域興しや、復興、産品PRの方法論と、美学の問題かと思います。

そして、
キャラクターというものは、文化とか経済競争の中でサバイバルして
生き残った猛者として存在して欲しいという気持ちもあります。

アンパンマンドラえもんキティちゃんのように、
トトロゲゲゲの鬼太郎座敷童子がそうであるように。

まぁ、どうせグランプリを決めるなら、
被災地の「ゆるキャラ」が獲得して欲しいですね。

それなら「許せるキャラクター」です。

難転猿

2013年11月19日 21:49

難転猿

妹が主宰する「あつまり処わのや」から、
ボランティアの皆さんが作った「難転猿」を20体、購入しました。

猿の顔に似たフウセンカズラの実と着物などに使われていた布で、
9匹の子猿を作って、南天の小枝にあしらってあります。

南天は、難を転ずるという意味、9匹の子猿は、苦が去るという意味で、
「難を転じて苦は去る」という思いをこめています。

妹は「難転猿」を東北に持参して、出逢った人たちに渡しています。
また「難転猿」を販売して、被災地の支援金に充てています。

以前にも、まとめて購入したのですが、一体500円です。
ボランティアとは云え、その手間のかかる仕事の対価としては
安すぎると、かみさんは云います。わたしも、そう思います。


さて、日本ユニセフ協会への寄付金の用途が話題になっているそうです。
寄付した金額から協会の経費が引かれて、
全額寄付されていないことに対して議論があるようですが、
いまに始まったことではなく、協会発足当初から解っていたことです。

わたしも、
むかし黒柳徹子さんのお仕事を手伝った関係で知ったことでしたが、
ユニセフ親善大使黒柳徹子さんの口座へ寄付金を振り込めば、
そのお金は、全額寄付に使われます。

そもそも、ユニセフ日本ユニセフ協会の違いさえ、
ご存知ないかたが多いのかもしれませんね。


話題と云えば、
他にも、先日亡くなられた、やなせたかしさんが、
晩年、キャラクターデザインを無償で引き受けていらしたことが話題です。
多くの自治体や組織が、タダで甘えたことに対する指摘です。
アンパンマンの生みの親であるやなせたかしさんらしいエピソードでもあります。


こうして、ボランティアとか無償の奉仕とか寄付金のことを考えてみると、
いろいろなことを想像してしまいます。
矛盾も違和感もあるでしょうが、目の前で困っている人がいたら助けたい、
そんな気持ちや動機を、どうすくっていけるのか、自問自答が続きます。

そして、いつでも援ける側に立っているイメージだけでは、
本質が見えないということも、解ってきました。



最新記事