プチローズ

2013年08月31日 23:59

界隈

此処は、むかし玉の井、いま東向島。

密集した住宅街のなかの細い路地は、時代のラビリンス。

永井荷風先生が、
向こうから傘をステッキ代わりに歩いてくるような気がします。

永井荷風は、
1879年、明治の始めに東京で生まれ、それなりの家庭で育ち、
それなりの教育も受け、留学もして、それなりのところに就職をし、
その後、大学の先生にもなりました。

それなのに、銀座、浅草、吉原、深川、玉の井を遊び回って、
その歓楽街を舞台にした小説を書きはじめました。

ときは自然主義文学の時代、
生活のなかで起こる出来事を観察し、ありのままに書こうとする文学ですが、
それは本来、出来事を美化することを否定していたはずなのですが、
結局は、市井の人々の暮らしの中にある美しさや健気さを描くことになります。

自然主義文学もやがて、
ありのままを描くと云って、ろくに仕事もしない、金もない、甲斐性もない、
酒と博打と女の飲む打つ買うの自堕落な暮らしぶりが、描かれるようになります。

永井荷風先生の場合、此処玉の井を舞台にした、
小説家・大江匡と娼婦・お雪の耽美的な物語「濹東綺譚」が有名です。

いまでも、
お雪のような女性を探しに此処を訪れる男性が、多いのかもしれませんねぇ。

プチローズ

さて、商店街を抜けたところに在る小さな灯りを見つけて、
扉を開けて中へ入ると、そこはライヴ・ハウス。

店の名まえは「プチローズ」
わたしのともだち、ローズのシャンソンを聴きに来ました。

カウンターに、荷風先生が腰かけているかと思いましたが、
先生は、雑司が谷のお墓で眠っていらっしゃいます。

プチローズ入口
スポンサーサイト

「兄帰る」

2013年08月30日 23:59

兄帰る
作・演出 永井愛 二兎社公演「兄帰る」

普段は疎遠になっている親戚や旧友なんだケド、法事か結婚式なんかで会うと、
急にお互いが共同体の一員だという自覚が生まれたりして、
妙に親しみを感じたり、親しくしたり・・・、

意味の解らない、曖昧な共同体意識とでも謂うのでしょうか?
そんなご経験は、ありませんか?

いつもは、疎遠になっていても平気なのに、急に生まれる共同体意識。
この一見“繋がっている”というような感じの、ナニがいいのでしょうか?


さて、話は変わりますが、
シリアの首都ダマスカス辺りで化学兵器が使用され多くの市民が亡くなったり、
被害に遭ったことに反応して、アメリカとフランスが国連決議を経ないで、
シリアに攻撃を加えるかもしれないという報道が流れています。

イギリスは、先のイラク攻撃の根拠とした大量破壊兵器の存在がウソだったことが
トラウマになっているらしく、議会で反対され攻撃に参加することを中止しました。

武力行使には、国連安全保障理事会の決議が必要なのですが、
常任理事国のロシアと中国が反対するでしょうから、否決は目に見えています。

だから、
アメリカはアメリカの国益と正義のために、単独でも武力行使すると云っています。

さぁ、日本はどのような“正論”をもって、どのような“選択”をするでしょう。

シリアで使われた化学兵器は、ホントに政府側が使ったものなのか、
それはどのように証明され、その事をどう認識するのか・・・

仮に、化学兵器シリア政府の命令なり、意思で使われたとして、
武力攻撃が、許されることなのか・・・

仮に、化学兵器シリア政府の命令なり、意思で使われたとして、
武力攻撃しないことは、許されるのか・・・

アメリカに追随することが“正論”か・・・
アメリカに追随しないことが“正論”か・・・
どちらを“選択”するのか・・・


この、
「兄帰る」の劇作家である永井愛先輩が、この戯曲を書こうとした動機は、
「巨悪を育む“日常の悪徳”に分け入ってみたかった」からなのだそうです。

力のある者に追随するのでもなく、妥協するのでもなく、
利害のみ気にして付き合うのでもなく、勝つのでもなく、負けるのでもなく、
もしも、お互いの“正論”を交わして気まずくなったとしても、
互いに相手が大事だと解るときがくるのを待つだけの信用をする。

そのためには、葛藤しないとダメでしょう。
逡巡しないと、答えは見つけられないでしょう。
それも、本質的に悩まないと、相手は理解してくれないでしょう。

もし、この国が、国際社会から不信がられているとしたら、
この国の意見が通らなかったり、聴いてもらえない状況があるとしたら、
それは、心底悩んでこなかったからでは、ないでしょうか?

日本人の“正論”は、まだそんな段階なんじゃないでしょうか?


かぶくものたち×池袋

2013年08月29日 22:42

かぶくものたち×池袋

拝啓
 
例年にない厳しい暑さと、目まぐるしく変わるお天気に翻弄された夏も終わり、秋の気配が嬉しい時季になりましたが、皆さまには、いかがお過ごしでしょうか。

6月の博多座公演、7月の全国公文協巡業公演、8月の大阪・新歌舞伎座公演と、この夏も熱い舞台がつづきましたが、息子Kも沢山汗をかかせて頂いたようでございます。

遠くの劇場までお運び下さった皆さまには、この場を借りまして私からもお礼を申し上げます。
お暑い中、誠に有り難うございました。

さて本日は、息子Kが10月25日(金)に催します公演につきまして、ご案内をさせて頂きます。

皆さま、息子Kが豊島区雑司が谷で生まれ育ったことはご承知のことと存じます。
地元に在る保育園・幼稚園・小学校を経て中学受験をいたしましたが、雑司が谷鬼子母神を中心に、池袋・目白・護国寺界隈で遊んで育ちました。

また現在でも、この地で子育てをしながら暮らしております。
それ故、この地には、息子Kの多くの友人や知り合いが暮らしております。

小学校6年生のときに歌舞伎俳優になってより、長年歌舞伎座や新橋演舞場などの舞台に立たせて頂いておりますが、この度、地元・豊島区の皆さまのご協力により、豊島公会堂で初めて公演をさせて頂くことに相成りました。

息子自身がそうであったように、歌舞伎の楽しさや面白さを身近に観て頂く、よい機会にしたいと息子は考えているようですので、10月25日(金曜日)平日の昼と夜の公演ではありますが、息子Kの地元で、是非ご高覧賜りますように、お願い申しあげます。 

尚、チケットのお申し込みは、下記メールアドレス宛てに、お名前と、ご住所と、携帯電話番号と、昼公演か夜公演かの別と、チケットの枚数を明記して送信してくださるよう、お願い申しあげます。

催し:「かぶくものたち×池袋」
出演:市川弘太郎、市川喜昇、市川喜猿、市川笑野
劇場:豊島公会堂
日時:10月25日(金)昼の部14時開演(開場13時30分)、夜の部19時開演(開場18時30分)
演目:一部・歌舞伎の見方、二部・「釣女」
料金:前売券・5,000円/当日券・6,000円(全自由席)


三浦:goodjobcoach@yahoo.co.jp

敬具

敦賀の昆布

2013年08月28日 23:59

ワンマン・ライヴ会場

表参道駅の、B-3出口を上がって地上に出たら、
左後方に向かって歩きます。

突きあたりを右折して、すぐ左折。
これを2回繰り返しますと、グラッセリア青山というパティオが在ります。

その中に在る「FUKUI MINAMI AOYAMA 291」で、
友人のHさんのワンマン・ライヴがありました。

Hさんは、拠点を福井県の敦賀に移して活動している女優です。

南青山291

福井県は、地図でみると、オタマジャクシのような形をしていますが、
オタマジャクシの尻尾の付け根のところにあたるのが、敦賀市です。
若狭湾に面し、更に敦賀湾をもつ敦賀は、江戸時代に北前船の寄港地として栄え、
北海道から運ばれて来た昆布の加工産業が盛んな土地なのだそうです。

オタマジャクシの一番東に位置する敦賀市から、
西に向かって美浜町若狭町小浜市おおい町高浜町とつづきます。
嶺南地方と呼ばれるこの地域に、敦賀原発美浜原発大飯原発高浜原発
合わせて13基の原発が存在し、それに加えて敦賀には、
新型転換炉「ふげん」高速増殖炉「もんじゅ」が存在し、所謂、原発銀座と呼ばれています。

海生堂の昆布

そんな原子力の塊が在るために交付される
莫大な交付金は、嶺南地方だけでなく福井県全体も対象です。
市町村や県は、それで食べているとも云えるでしょう。

そんな原発銀座の中心地・敦賀で、
独り活動するHさんの勇気と矜持に、胸を打たれ、頭が下がりました。

ライヴを観たお客ひとり一人にお土産として配られた「海生堂の昆布」
なにも敦賀の名物は、ヨウ素剤の代わりに「昆布」というワケではありません。


道案内

2013年08月27日 19:22

硫黄島

拝啓 

Tクン、ご無沙汰しています。

あれから2年が経ちました。
ことしは、君の三回忌ですね。

早いものです。

一週間後の命日には、
君のお墓に行くつもりです。

誘ったら、何人か君の友だちが同行してくれるそうですよ。
女性ばっかりですワ・・。

しかし、
歌の文句じゃないけれど、
君が、あの墓の下で眠っているとは思っていません。

少し猫背になりながら首をすくめて、
Gパンのポケットに両手をつっこんで、
いまだに、この浮世をブラついているような気がしています。

もし、そうでなかったとしたら、
君は、まだ“あの島”に居るのでしょう。

むかし、熾烈を極めた戦があって、
敵も味方も激戦の末に何万人もの兵士が死んだ、
“あの島”のすり鉢山の上から、
360度見渡せる太平洋の水平線を、静かに見ているような気がします。

2年経つ間には、亡くなった友もいます。
あらたな病を得た友もいます。大きな手術をした友もいます。
まだ、みんな必死の思いで生きております。

生きていればこそ、いろいろな思いをいたします。

いつになるか判りませんが、わたしもいずれ“ヒマ”になりましたら、
君といっしょに、
“あの島”の、すり鉢山に登って、水平線を見たいと思っています。

そのときは、道案内をよろしく頼みます。

人間万事塞翁が馬

2013年08月26日 19:31

高岩寺山門

まぁ、ついでと云ったらなんですけど、
病院に来たついでに、とげぬき地蔵尊高岩寺へお参りしました。

まず、お線香を買って焚きあげます。
その煙を、身体の病んだところに当てると平癒すると謂われています。

本堂に進んで、ご本尊の地蔵菩薩にお参りしました。
地蔵菩薩は秘仏ですから公開されておりませんから
お顔を拝することはできませんが、奥に向かって手を合わせました。

高岩寺

さて、きょうは大腸内視鏡検査をしていただきました。

検査についての感想は省略して結論を云うと、
上行結腸のところに1か所、S状結腸に2か所、ポリープが見つかりました。
3か所からその一部を採取して生検に送り、ポリープが良性か悪性かを見極めます。

2週間ほどで結果が出るそうですから、
その診断待ちですが、いずれにしても除去手術はしたほうがよいそうです。

事故処理

それでは、本日の話題。

とげぬき地蔵尊から駐車場に戻り、料金を払おうとしたときでした。
作業服を着た男性が二人、後ろからわたしに声をかけてきました。

「このお車の持ち主の方でしょうか?」

わたしが返事をすると、
駐車していた自分たちの車で駐車場を出ようとしたときに、
わたしの車に当ててキズをつけてしまったと云うのです。

見ると、前のナンバープレートの横の辺りに、
擦ったようなキズがついていました。

警察に連絡したから、お急ぎでしょうが、
事故処理が終わるまで時間をくださいとのことでした。

駐車場は、フラップ板のロック式コインパーキングですが、
フラップ板に向かって前進駐車していて、バックで出ようとしたところ、
道路に出て誘導していたもう一人が、大型車に気をとられている間に、
バックでわたしの車に擦ってしまったという話でした。

補償に関しては、お二人の会社の担当者から連絡があるので、
それを待ってほしいという説明でした。

二人の男性は、なんども何度もわたしに謝るので、
「もうやってしまったことは仕方がありませんからねぇ・・」
と云うしかありませんでしたが、
彼らのネームプレートには、一昨年の大震災のときに、
世界中に知られることになった会社の名前と、
赤と白の丸で象られた、あのロゴマークが記されておりました。

一昨年の事故は、「仕方がなかった」では済まされませんが、
いずれも人間の営みですから、ミスも事故も起こすのです。

わたしの車のキズ程度でしたら構いませんが、
どんなに気をつけていたとしても、
不可抗力の災害であったとしても、
また、人間のケアレスミスであっても、
決して起こしてはならない事故というものが、あるものです。


それにしても、
ポリープが見つかったことは、幸か不幸か?
事故に遭ったことも、幸か不幸か?
先日の落雷による家電被害と謂い、このところ色々起こります。

まぁ、人間万事塞翁が馬の例えもありますから。

事故のキズ

初めての大腸検査前夜

2013年08月25日 20:51

大腸内視鏡検査

夕方、早い夕食を済ませました。

軽めで、消化のよい物を食べるようにという指示がありましたので、
昨夜、かみさんが作ってくれたビーフシチューを温めて、
スープだけをご飯といっしょにいただきました。

飲酒については、指示がありませんでしたが、
酒を抜くいいチャンスですから、今宵は飲まぬことにいたします。

このあと、
就寝前に液体の下剤を、コップ1杯の水で飲むことになっています。

明日は、起床したら食事は摂れません。
しかし、空腹がガマンできない場合は、お茶、ポカリスエット、
コンソメスープ、アメ玉などで水分を補給しても構わないようです。

でも、
わたしは、旅行中以外に朝食を摂る習慣がありませんから、平気です。

明朝も、コーチング・セッションの予約が入っていますが、
9時少し前にセッションを終え、胃の運動を整え吐き気を抑える薬を飲みます。

そして、
下剤の粉に1.8リットルの水を加えて溶かし、9時半になったら飲みはじめます。
できるだけ短時間ですべて飲むと効果が高まるのだそうですが、
無理なようなら、最初の1時間で1リットルを飲んで、
残りの0.8リットルは、1~2時間かけて飲んでくれという指示です。

ビールなら飲めるかもしれませんが、
まずい・・・(たぶん)水を1.8リットルも飲めるものか、心配です。

こうして腸内をきれいにしたら、
大腸の内視鏡検査は、あすの午後1時30分からです。


さて、
酒も飲まずに夕食を終えたら、夜の長いこと。

かみさんも外出してるし、
観たことなかったケド、「半沢直樹」でも観ましょうかね。


映画になった「ヤマトタケル」

2013年08月24日 17:15

映画 ヤマトタケル

スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の初演を観て、
息子Kは、市川右近さんに憧れ、三代目・猿之助さんに憧れ、
歌舞伎に魅了されて、歌舞伎俳優になりました。

時代は代わり、猿之助の名跡は、三代目から四代目に受け継がれましたが、
息子Kが演じて参りましたヘタルベという、初演時右近さんがお演りだったお役、
息子Kが歌舞伎に魅せられたキッカケとなったお役ですが、
四代目猿之助襲名興行でも、息子Kが演じさせていただきました。

ヘタルベは、
ヤマトタケルを慕って、戦の旅に同行する少年のお役です。
誰よりも純粋にヤマトタケルの心情に同化している少年です。

そのヘタルベのお役も、
息子Kが演じる姿は、もう観ることは無いのではないかと思っていました。

息子Kも三十路になりましたし、
ヤマトタケルも三代目から右近さんへ、そして四代目に代わりました。
もし、また再演があるときには、うってつけの俳優が育っていることでしょう。

そんなことを想像しておりましたら、
なんと、シネマ歌舞伎に「ヤマトタケル」が登場することになったと聞きました。

昨年の6月、新橋演舞場で行われた、
二代目市川猿翁 四代目市川猿之助 九代目市川中車 襲名披露
五代目市川團子 初舞台の「六月大歌舞伎」で上演された、
スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の舞台が、映画となって蘇ります。


それに、なんと云ってもご縁だと思いましたのは、
偶然にも、その映画の宣伝を、息子Kと中学から大学までいっしょだった
親友のHクンが担当してくれているということでした。

お釈迦

2013年08月23日 23:15

お釈迦

昨日は、一昨日の落雷で、
インターフォン・システムがやられたというお話をしました。
インターフォン・システムは、全損扱いで、保険が適用されます。

そして、
同じく、通電したことによるパソコンの点検を依頼していた業者から
返答がありましたが、残念ながらこちらも全損(お釈迦)でした。

したがって、
このパソコンの費用も保険が適用されますが、
どこから、どこまでの範囲が対象になるのか、まだ判りません。

むかし、買ったときの値段が保証されるのか?
いま、パソコンを買い替えた分が保証されるのか、
代理店ではよく解らないので、サービス・センターに直接
問い合わせしてみることに致します。

しかし、
幸いにして、もう一台のパソコンは、
落雷があったときに、少々不具合があったために電源を落としていたので、
事故を免れて、こうして生きております。


さて、話は変わります。
むかし、藤圭子さんのドキュメンタリーを撮った人がいます。
いまはジャーナリストの、田原総一朗さんです。

そのドキュメンタリーは、
現在「田原総一朗の遺言」というDVDに収録されています。

わたしは、このドキュメンタリーを観たときに、
テレビ画面の中の藤圭子は、虚像だったような気がしました。

その“藤圭子”を封印し、
藤圭子”を払拭して自分らしい生き方を模索しつづけて
生きてきたであろう、阿部純子さん。
さぞ、生き難い人生ではなかったかと想像します。

同時代人として、心からご冥福を祈ります。


田原総一朗の遺言 ~藤圭子/ベ平連 小田実~ [DVD]田原総一朗の遺言 ~藤圭子/ベ平連 小田実~ [DVD]
(2012/01/18)
田原総一朗、水道橋博士 他

商品詳細を見る

落雷の被害

2013年08月22日 18:31

インターフォン

ゆうべ、二人で外出先から帰宅して、
わたしはパソコンに向かったあと、風呂場でシャワーを浴びており、
かみさんはテレビドラマを観ようとしていたときのことです。

夜の10時を少し過ぎた頃だったでしょうか?

光ると同時に裂けるような大きな音がして、落ちました。
落雷です。家の向かいに立っている電信柱に落ちました。

風呂場は最上階にあり、窓の向こうに立つ電信柱に落ちた瞬間が見えました。
子供の頃から刷り込まれているせいか、思わずヘソを押さえました。

むかし、わたしが小さかったときにも、
実家の前に立っていた電信柱に落雷があり、
丸太で出来た電柱が折れて飛んだところを見たことがありました。

流石に、いまの電柱は折れたり飛んだりしませんが、
我が家が一瞬停電しました。

しかし、すぐに通電したので、
酔っていた所為もあって、そのときに家中を点検しなかったのですが、
今朝になって、いろいろ被害があったことが判りました。

ブレーカーが作動する間もなく通電したのでしょう。
就寝前に使ったパソコンを、シャットダウンしておけばよかったのですが、
パソコンが1台壊れました。

それから、インターフォンのシステムが壊れました。

寝室の天井のLED電球が一つ切れてしまいました。

いまのところ、それ以外に被害は確認していません。

パソコンは、業者に一応の修理を依頼しましたが、
もうお釈迦かもしれません。

インターフォンは、
親機2台、子機2台をすべて取り換えなくてはなりません。
業者を呼んで見積もりを取りましたら、特典割引を使っても30万円強かかるそうです。

しかし、
所謂、火災保険・地震保険が適応されるようですから、ちょっと安心。


というワケで、
いま我が家をお訪ねくださっても、インターフォンが使えませんので、
「ミウラさーん!」と大きな声で呼んでください。

ご自愛ください。

2013年08月21日 19:15

前回の人間ドックを受けてから1年半ちかく経ちます。

のばし延ばしにしてしまっていたのですが、
きょうは、病院に行って、検査の申し込みをしてきました。
検査を受けるのは、わたしの主治医であるY先生の病院です。

主治医のY先生は、いまは開業医ですが、
以前は、日本で最初に高度救命救急センターを開設した
日本医科大学付属病院高度救命救急センターで医長を務められ、
警察庁長官が、何者かの銃弾を3発被弾した事件があったときに、
救命救急の担当者として、難しい手術を担当されたという強者です。

その後、亀田総合病院に移られ、
そこでも、救命救急センター長だったというご経歴のお医者です。

今回は、オプションで、
大腸の内視鏡検査と、胃の内視鏡検査(胃カメラ)、ついでに
ピロリ菌の検査を予約しました。

ピロリ菌は、以前見つかり、除菌治療をしたことがあるのですが、
その後に海外旅行をしておりますので、再度検査を受けようと思います。

胃カメラは、ほぼ毎年一回検査を受けています。

わたしの噴門は、
穴がポッカリ開いたままの食道裂孔ヘルニア状態です。
いわゆる逆流性食道炎になりやすい体質です。
それで、定期的に検査を受けて経過観察しているワケです。

しかし、
大腸の内視鏡検査を受けるのは、初めてのことです。

少々心配なことがあるからでもありますが、
大腸検査でポリープが見つかって、除去手術を受けた友人が、
検査過程で前立腺ガンを発見され、早期治療を受けたという例があり、
それが、大腸の内視鏡検査を受けようと思った動機です。


きょう、
東京は、また夕方からゲリラ豪雨が降りましたが、
もし晴れていれば、地上から八月の満月が見られただろうと思います。

きょう、大きな手術を受けた友人がいます。

友人とそのご家族に、
そのお月さまを見せてあげたかったなぁと思いましたが、
きっと、雲の上の満月が護ってくれていることでしょう。

みなさんも、ご自愛ください。

イメージ通り

2013年08月20日 21:57

太閤園

案ずるより、産むが易し。

昨日までモヤモヤと覆っていた不安と焦りも、
杞憂に終わりました。

ワークショップ終了後、
参加してくださったみな様からフィードバックを伺って、
やっと落ち着きました。

ライブは、記録には残せても、やり直しはできません。

始まったら最後まで、
フリーハンドで一気に一筆描きするような気合いが必要です。

まぁ、これも無事に終わったからこそ、
言えることではありますが…。

イメージ通り

そこで、
始まる前にイメージしたとおり、
帰りに空港のラウンジで、一杯。

始まる前に、これをビジュアルでイメージしておくと、
大概その通りになります。

帰路


最新記事